スポンサーリンク

サイドブレーキワイヤーの交換費用は?サイドブレーキの修理費用や調整の工賃はいくら?ランプが消えない時の修理代とは!

記事内にプロモーションを含む場合があります
車のメンテナンス
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

 

運転中にサイドブレーキランプが消えないと、不安になりますよね。

サイドブレーキは車の安全を保つ重要な機能の一つであり、そのワイヤーや機構が故障した場合、迅速な対応が必要です。

しかし、修理や交換にかかる費用は一体いくらなのでしょうか?

この記事では、サイドブレーキワイヤーの交換費用、サイドブレーキの修理費用や調整工賃について詳しく解説します。

また、サイドブレーキランプが消えない場合の対処法やその修理代についても触れています。

これからのメンテナンスや修理の際に役立つ情報を、ぜひ参考にしてください。

故障車を最も高く売るならこちらのカーネクスト!

故障車を直しながら乗り続けるほど勿体ない話はありません。
ここ数年で最も高く中古車が売れているこの時期に売ってしまわないと損です!
カーネクストで無料査定してみて下さい。
分かってもらえるはずですよ^^

どんな車でも値段が付きます
無料出張引き取りで来店不要
廃車手続きも無料で代行

>>20秒で簡単無料チェックしてみる

 

スポンサーリンク

サイドブレーキワイヤーの交換費用 はいくら?

サイドブレーキワイヤーの交換費用は、一律で決まっているわけではありません。

乗っている車によって値段が変動するのが現状です。

そもそも、サイドブレーキワイヤーを1本しか使用していない車もあれば、左右1本ずつ使用している車もあったりと、それだけでもさまざまな形があります。

基本的に多くの車で取り付けられているのは、左右1本ずつが最も多いです。

そして、交換費用ですが、ワイヤーのみで大体3000円から7000円くらいが相場となっています。

また、工賃ですがこれに関しては1万円しない車もあれば工賃のみで2万越えする場合もあります。

サイドブレーキワイヤーの交換は決して安くはなく、むしろ高額寄りの修理ということが言えます。

 

車のサイドブレーキが故障した時の修理費用とは

サイドブレーキは日頃から定期的にメンテナンスをしていれば発生するリスクをぐっと低下させることができます。

しかし、万が一故障してしまった場合の修理費用はどれくらいなのでしょう。

やはり、車によって工賃や修理・交換費用は変わってきます。

安ければ1万円以下、高いと修理と工賃込みで3万円近くかかってしまう場合もあるので、こういった高額な出費を避けるためにも日頃のメンテナンスが重要になってきます。

 

ブレーキ引きずりの修理費用とは

ブレーキ引きずりとは、ブレーキが常にかかっている状態の事を言います。

修理費用はだいたい1万円~2万円しないくらいが相場です。

この問題を解決するためには、オーバーホールが必要となります。

 

サイドブレーキランプが消えない場合の修理代は

サイドブレーキのランプが消えない場合の原因はいくつかあります。

大きく分けて2つ考えられますが、よくあるのがサイドブレーキを引いたまま戻し忘れて走行していることです。

この場合、警告の意味でランプが点灯しますが、サイドブレーキを戻せばランプの点灯は消えるので問題ありません。

もうひとつが、ブレーキフルードの量が少なくなっている場合です。

これは進行具合によっては運転に危険が及ぶ可能性もあるので、しっかり確認し点検することが大切です。

そして修理金額ですが、点灯している原因によって修理金額が変わり、修理してもらう場所によっても金額に差があるので一概に幾らと言い切ることはできません。

工賃だけでなく、部品を取り寄せて交換しなければいけない場合もありますので、気になる方はディーラーなどに連絡して確認するといいでしょう。

 

サイドブレーキ調整の工賃はいくら?

サイドブレーキ調整の工賃は、業者により異なります。

作業工賃は、例えば1時間当たり7,000円といったようにそれぞれの業者で決められています。

乗用車とトラックで作業時間が異なり、およそ20分~1時間ほどで調整作業は完了します。

ディーラーと民間の工場では工賃が異なり、ディーラーに依頼するとおよそ4,000~10,000円ほどかかり、民間の工場だと2,000円~8,000円が相場でしょう。

 

車のサイドブレーキの仕組みとは

車のサイドブレーキの仕組みは、大きく分けて3種類有ります。

  1. 「ドラムブレーキのワイヤー式」
  2. 「ディスクブレーキのワイヤー式」
  3. 「ディスクブレーキの電動式」

今回紹介するのは、軽自動車を中心に多くの国産車に採用されている、「ドラムブレーキのワイヤー式」です。

サイドブレーキの説明をするために、まずはサイドブレーキを含めたドラムブレーキの仕組みを簡単に紹介します。

ドラムブレーキを構成する主な部品は、

ドラム」「ライニング」「ホイールシリンダ」「サイドブレーキワイヤー」です。

ドラムは深めのフライパンの様な形状で、タイヤと一緒に回転します。

ライニングという部品は半円形になっており、ドラム内の円周に沿う様に2枚内蔵されています。

ブレーキペダルを踏むとライニングが外側へ向かって動き、ドラムの回転を内側から押し付けて抑えるブレーキの役割りをします。

そしてホイールシリンダですが、先ほど、ブレーキを踏むとライニングが外側へ向かって動くと説明しましたが、ライニングを外側へ動かす役目を担うのがホイールシリンダです。ホイールシリンダは、ブレーキを踏むと作動します。

それでは、本題のサイドブレーキの説明に移ります。

サイドブレーキを効かせるには、当然サイドブレーキレバーを引きますが、サイドブレーキレバーはサイドブレーキワイヤーを介して、ライニングまで繋がっている構造なので、サイドブレーキを引くとライニングを動かすことになります。

ライニングがドラムに押し当てられるからサイドブレーキが効く、という仕組みです。

以上の説明から非常に簡潔にまとめると、

通常のブレーキを踏むと、ホイールシリンダがライニングを動かすからブレーキが効く。

サイドブレーキを引くと、サイドブレーキワイヤーがライニングを動かすからブレーキが効く、という仕組みです。

 

車のサイドブレーキが戻らない原因とは?

様々なケースが有りますが、整備士として働く中で戻らない原因として最も多いのは、サイドブレーキワイヤーへの外傷による、サイドブレーキワイヤーの折れ曲がりによるものです。

ワイヤーに何らかの外傷が加わって折れ曲がると、ワイヤーを引っ張った時と同じ作用が働くので、先ほどの説明のようにライニングが動かされて、サイドブレーキが効いた状態になります。

よくあるケースを紹介しますと、跳ね上げ式コインパーキングの跳ね上げ板にワイヤーが押されて圧縮され、自動車のボディとサンドされるパターンで、特に、荷物を積めば積むほど車高も下がりますから、その危険性は高くなっていきます。

板が降りていないのに誤って発進した場合にも同じ様に損傷するでしょう。

他にも、走行中に落下物や段差等、何かに引っ掛ける場合もありますね。

また、サイドブレーキワイヤーは錆びたり腐食しないように被覆を巻いてありますが、外傷が加わった時に被覆が剥けますと、その部分からワイヤーの錆や腐食に繋がる恐れも有ります。

 

そのまま走り続けるとどうなる?

サイドブレーキがある程度効いた状態で無理やり走る訳ですので、ドラムブレーキに摩擦熱が発生して異常高温になり、まずドラムに焼きが入ります。

焼きが入るとブレーキの効きが著しく悪くなり、同時にライニングにも熱が伝わって使えなくなり。

そしてホイールシリンダにも熱が伝わって、構成部品の内のゴム部品がダメになり、ブレーキを踏んでもブレーキが効かなくなります。

熱がハブベアリングという車輪の回転を支える部品まで及んだ場合には、走行中にゴロゴロ音が大きくなりますが最悪の場合、車輪がロックする恐れもありますし、高温になったベアリングから火が出て、車両火災に繋がる恐れもありますので非常に危険です。

サイドブレーキを引いた時に違和感を感じたり、いつも通りに走行中、聞き慣れない音が鳴り続けているなどする場合は、結果的に何もなければ良い訳ですから、整備工場に相談の上で点検してもらいましょう。

ブレーキは自動車にとって一番重要な要素です。走れないならまだ良いですが、走ったものの止まれないとなると恐ろしい想像しかできませんね。

 

サイドブレーキを引いたまま走るとどうなるのか?
こちらの記事で詳しく解説していますので参考にされて下さい。

サイドブレーキを引きすぎて戻らない時の対処法!戻らない原因や解除方法とは
サイドブレーキは、駐車中に車が勝手に動いてしまうことを防止するために使用します。 しかし、車を走行させるときにサイドブレーキの解除を忘れてしまうこともあるかと思います。 今回は、サイドブレーキをかけたまま走行してしまうとどうなるのか。 そし...

 

修理費用はいくら?

段階的に高くなっていきます。

故障初期段階であればワイヤー交換だけで済む場合がありますので、片側で部品と工賃で1万円~2万円、左右両方だと2万円~3万円。

ドラムに焼きが入っている場合はドラムとライニングも同時交換。

ライニングの交換は左右同時が基本ですし、ホイールシリンダも換えておきたいところです。

となると部品代工賃込みで、6万円近く~8万円辺り。

ハブベアリングまで損傷が見られる場合は、一気に部品代が上がりますので、12万円~15万円程度でしょう。

もし仮に車の走行距離が10万キロを超えていて年式も10年落ち以上であれば、見積もりが10万円を超える修理代がかかる場合は車の買い替えの目安になります。

治すより買い換えた方が結局安くすむ場合が多いからです。

 

サイドブレーキが故障したら売却も視野に入れよう!

サイドブレーキの異変や故障、不具合は長年使い続けた経年劣化が多いです。
今後は他の箇所の故障も多くなっていくでしょう。

当然修理代もかかってしまい、維持費も高くなっていきます。

そうなると買い換えた方が結局安上がりな場合が多く、このタイミングで買い替えを検討される方も多いです。

そこで多く利用されるのが車の一括査定です。

当サイトからも一括査定サイトの利用がめちゃくちゃ多いです。

数ある一括査定サイトで最もおすすめのサイトは?と聞かれるとやはり【カーネクスト】でしょう。

正直、販売から10年以上経っている車や10万キロ以上走っている車、また今回のように故障している車は値段がつかないことが多いです。

でも車って実は再利用できるパーツも多いし、最悪、鉄やアルミなど資源として再利用できるんですね。
またカーネクストは海外に独自の販売網を持っているので、日本で値段が付かなくても需要のある海外に輸出することで高値が付くケースがあります。

通常の「廃車にして終わり」ではなくあの手この手でその車に価値を見出す努力をする、そしてその多数のルートがあるという点で当サイトではカーネクストをおすすめしています。

また実際に当サイトで一番利用されているサイトもこのカーネクストです。

  • 車の一括査定にありがちな面倒くさい電話攻撃もありません。
  • 故障や事故で動かない車でもレッカー代無料です。
  • もし廃車になっても廃車手続きは無料で代行しています。
  • 自動車税の還付手続きも無料で代行しています。
  • どんな車も0円以上買取保証が付いてます。
  • 20秒で申し込みが完了します。
  • もちろん査定は無料なので一切損はありません。

※査定したからと言って絶対に売らないといけないわけではありません。

まずはこちらで査定してディーラーやカーショップ、中古車販売店との値段の比較にお役立てください。

一切料金はかかりませんし簡単に査定が完了します。

20秒で超簡単に無料査定してみる>>

 

まとめ

まとめ

サイドブレーキの仕組みと故障事例を簡単に紹介させていただきました。

一般的には停車時しか使う事のないサイドブレーキですが、故障すると色々な走行中の不具合にも繋がりますので、いつもと違うと感じたり、走行中に今まで聞いた事がない音がしている場合には、最寄りの整備工場に早めの相談を。

法定点検や車検時に、メカニックの方に不安の旨を一言添えておくと、より安心感が増すでしょう。

タイトルとURLをコピーしました