マフラー修理の溶接の料金はいくら?どこでできる?応急処置の方法や折れたまま走行したらどうなる?

記事内にプロモーションを含む場合があります
車のマフラーが折れた 車のメンテナンス
この記事は約12分で読めます。

 

皆さん、車のマフラーが折れるって聞いたことありますか?

実はマフラーが折れたり取れたり外れたりすることはよくある話なんです。

マフラーにトラブルがあると爆音がするだけでなく排気ガスのよる人体への影響や整備不良での交通違反にもなります。

この記事では車のマフラーが折れた時の対処法やマフラー交換の工賃や費用についてご紹介しています。

また、マフラーステー溶接の費用や軽自動車のマフラー交換の費用、マフラーボルト外し工賃についてもご紹介していますので参考になれば幸いです。

 

故障車を最も高く売るならこちらのカーネクスト!

 

故障車を直しながら乗り続けるほど勿体ない話はありません。
ここ数年で最も高く中古車が売れているこの時期に売ってしまわないと損です!
カーネクストで無料査定してみて下さい。
分かってもらえるはずですよ^^

 

どんな車でも値段が付きます
無料出張引き取りで来店不要
廃車手続きも無料で代行

 

>>20秒で簡単無料チェックしてみる

 

車のマフラーが折れる(折れた)原因とは!

 

積雪地帯や沿岸部で使用されている車は融雪剤や塩害の影響で下回りが非常に錆びている個体が多いです。

下回りの腐食と聞いて多くの人は床が抜けるだったり、走行中にフレームが折れるとか物々しい事を想像するかと思いますが、実際はもっと身近な所でマフラーが折れる、排気ガスが本来の箇所以外から排出される等、トラブルとしては地味です。

ですがマフラーが折れて爆音になる事や排気漏れは車検が通らないだけじゃなく、場合によっては整備不良車として警察に止められる事もあります。

 

車のマフラーが破損した時の対処法

 

マフラーが破損した時に出来る対処というのは正直なところ、あまりありません。

例えばプラプラと道路に引きずるようであれば針金で縛るとか、ちょっとの排気漏れならアルミテープで補修するとか、本当に個人で出来る対処方法はその場しのぎの対応となり根本的な解決には到りません。

 

車のマフラーの交換修理はどこでできる?

 

ではマフラーの修理はどのように行うのかを説明します。

部分的な錆による排気ガス漏れがある場合は重症ではありません。

補修の仕方としては溶接修理を行い、その上にマフラー用の耐熱コーキング剤を使用する事で直す事が出来ます。

場合によっては耐熱のコーキング剤のみで対応が可能だったりもします。
もちろん排気ガス漏れが無ければこのまま車検を通すことが出来て、整備不良にもなりません。

ただし錆によってコーキング剤が剥がれる事もあるので注意が必要です。

マフラーが折れている場合の修理方法は2つあり、1つは折れた箇所を接合する為のパイプを使用して溶接する方法です。

折れている箇所にマフラーのパイプより一回り小さいパイプを差し込んで、接続した上で周りを溶接、コーキング剤で余計な排気漏れを食い止めて直す方法です。

比較的安価に直せますが修理としても強度を保証出来るような作業ではありませんし、このような補修を行えるお店も限られます。

ほとんどのディーラーやショップでは行わない作業です。

多くの場合は町工場で行うマニアックな修理方法です。

二つ目の修理方法はマフラーそのものを交換するわかりやすい直し方です。

マフラーが新品に変わるわけなので、溶接より長持ちしますし安心して乗り続ける事が出来ます。

その分、部品代が加わるので高額になるケースが多いです。

このような直し方は多くのお店が対応しており、ディーラーや量販店、また当然ですが町工場でも行えます。

ちなみにガソリンスタンドではマフラーの交換は行わないケースが多く、基本的には依頼しても外注作業になる場合がほとんどです。

交換の際に取り付けてあるネジが錆びてるとガスバーナーで熱を加えて取り外しますがガソリンを取り扱ってる場所ではご法度の作業になるからです。

 

マフラーが折れたら溶接できる?

 

マフラーは溶接出来ますが、錆びてしまったマフラーは溶接できません。

なので、新しいパイプを用意して切ったりつなげたりと手間や工賃がかかります。

中古のマフラーを探して新しく付け替えた方が安い場合が多いです。

 

マフラーの錆に関してはこちらの記事が参考になります。
ぜひご覧になってください。

マフラーの錆止めは必要?錆止め料金はいくら?車の下回りの錆止めはオートバックスが料金安いって本当?
みなさんは、ご自身の愛車の錆が気になったことはありませんか? 目で見える範囲は錆びていなくても、下回りは錆びてきているということもあります。 車の下回りが錆びてしまうと、なにも対策をしないままでは錆が徐々に侵食していき、ひどい場合は下回りに...

 

マフラー折れたまま走行するとどうなる?

 

マフラーが折れた状態ということは、排気音がかなり大きくなっているはずです。また、折れた場所によっては爆音となり、運転もままならない状況になるでしょう。

まず、マフラーが折れた状態では、マフラーが保安基準を満たした状態ではないので、そのまま走行すると、整備不良として反則金が課せられます。

マフラーは、エンジンが排出する排気ガスを浄化させるのと同時に、エンジンの爆発音を消音しています。

また、マフラーの径の太さと長さはメーカーによりち密に計算されており、それにより適正にエンジンパワーを発揮できるようになっています。

そこでマフラーが折れると、排気音がうるさくなるだけでなく、パワーダウンも招く可能性があります。

このほか、マフラーが折れた場所によっては、排気ガスが車内に入ってきて一酸化炭素中毒を起こす可能性があり、とても危険です。

 

車のマフラーの穴の修理費用はどれくらい?

 

マフラーは、長期間使用しているとサビて穴が開く場合があります。穴の大きさは様々ですが、一般的に修理する場合で整備工場に頼むと、5,000円前後の溶接費用が取られます。

また、穴がそれほど大きくない場合は、マフラーパテという商品が売られており、それを使用すると穴を埋めることが可能です。

このほか、マフラーの穴を埋めるアルミテープも販売しており、それを使用すれば、DIYでの穴埋めが可能です。

これらのDIY商品は、量や質により様々で数百円から購入出来るものから2,000円程度までの商品があるので、補修する亀裂や穴の大きさで選ぶとよいでしょう。

このほか、マフラーに穴が開いて修理が不可となると交換が必要です。

マフラーと一口に言っても、車種によって値段が異なるほか、マフラーはフロントパイプ、センターパイプ、そしてリアマフラーの3種類があるので、交換が必要なパーツによっても価格が異なります。

ただ、コンパクトカーでも5万円以上のパーツ代がかかり、車格が上がると10万円以上するマフラーもあります。

そして、マフラーを交換する場合の工賃ですが、これも交換する部位により費用は異なりますが、概ね5,000円から10,000円程度でしょう。

もしマフラー本体や修理代が10万円以上すると言われた場合、その車の走行距離が10万キロ以上で10年落ちであれば車の買い替えの目安と言えるでしょう。

 

軽自動車マフラーの値段の相場はいくら?

 

軽自動車のマフラーは、純正新品パーツでおおよそ3万円前後からでしょう。

かなり良い金額なのでOEM生産の安いマフラーも存在し、そういった商品であれば、15,000円程度から用意があります。

また軽自動車マフラーにも、社外マフラーが多く用意されているので、純正と一味違ったマフラーを取り付けたいなら、穴が開いたのを機に社外マフラーを取り付けるのもよいでしょう。

純正と音量が変わらず、エンジントルクが増して走行をしやすくした味付けのマフラーも多いのが魅力です。

価格は純正マフラーより少し高めの5万円前後~といった商品が多いですが、取り付けた後の満足感はかなり大きいと言えます。

 

マフラー修理の溶接料金はどれくらい?

 

マフラー修理で溶接をする場合、穴が開いている場所や亀裂がある場所で工賃は異なります。

クルマをリフトで上げて、そのまま下から溶接できる場合のほんの指先程度の穴であれば、5,000円以下で修理してもらえます。

しかし、穴がそれより大きくなると、溶接する端から穴が広がり、修理費用は7,000円を超える場合も少なくありません。

また、クルマからマフラーを外す必要があると、脱着工賃として5,000円程度の費用が掛かるほか、取り外すボルトがサビている場合は、ボルトの新品を用意する必要があるので、さらに費用が増えてきます。

 

マフラーステー溶接の費用はいくら?

 

マフラー溶接の費用は、マフラーを外す必要があるかないかで価格が変わります。

マフラーを外す必要がなく、リフトアップした状態で溶接できる場合は、2,000~5,000円ほどでしょう。

マフラーを外して溶接する必要がある場合は、5,000~10,000円ほどかかるでしょう。

ディーラーは溶接機を置いていないところもあり、マフラー溶接を行っていないところが多く、マフラー交換となることも多くあります。

民間の整備工場であれば、溶接機を置いている所も多く、マフラー溶接を引き受けてくれるでしょう。

マフラー溶接を依頼しても、場合によっては受け付けてもらえないこともあるので、先ずは溶接可能かどうか確認してもらいましょう。

 

軽自動車のマフラー交換の費用はいくら?

 

軽自動車のマフラー交換費用は、マフラー本体の価格により大きく変わります。

 

マフラー本体を新品で交換

・マフラー本体約2万~5万円、

・工賃が5,000~10,000円

ほどかかります。

 

マフラーを中古部品に交換

・マフラー本体約1万円~3万円、

・工賃は5,000~10,000円

ほどかかります。

 

マフラー交換工賃は変わりませんが、マフラー本体価格が新品と中古で変わります。

また、純正部品と社外部品とで価格が少し異なったり、性能や排気音も変わってきます。

長く車に乗る予定で、性能や音は気にしないのであれば、純正部品の新品マフラーで交換するのが良いでしょう。

性能や音を気にする方であれば、社外新品マフラーを選択しましょう。

少しでも安く済ませたい方は、中古マフラーに交換しましょう。

 

マフラーボルト外し工賃はいくら?

 

マフラーボルトの取り外し工賃は、ディーラーと民間工場で変わります。

錆などもなく簡単に外れる場合の工賃は、1,000~3,000円ほどでしょう。

しかし、マフラーボルトが錆び付いてしまい、外れない場合はボルトを折るか切断し、残ったボルトをドリルなどで取り外すといった作業が必要となります。

その場合は、5,000円~10,000円ほどかかってくるでしょう。

また、場合によっては、溶接機が必要なケースがあります。

ディーラーは溶接機を置いていない場合があり、作業を断られることもあります。

その場合は、溶接機のある民間の整備工場に依頼すると良いでしょう。

 

【マフラーボルト外し工賃目安】

簡単に外れる場合 1,000~3,000円

ボルト外し困難の場合 5,000円~10,000円

 

マフラー溶接はどこでできる?

 

マフラーの溶接は、溶接機がある整備工場であればディーラーや街の整備工場問わず溶接してもらえます。

このほか、マフラーを自分で取り外しているなら、鉄工所のように溶接を専門に行う場所でも溶接は可能でしょう。

ただし、溶接のクオリティを求めるなら、自動車修理工場やディーラーより、自動車鈑金修理工場がお勧めです。

自動車鈑金修理工場では、薄板も溶接できる溶接機を備えているほか、普段からクルマの溶接作業をしているので、キレイに耐久性がある溶接が可能です。

 

車のマフラーの交換の工賃や修理費用は?

 

マフラーの交換工賃はおおよそ5,000~8,000円程ですが、ネジが錆びていたり取り外しにくい状況では追加で金額が発生する場合もあります。

溶接修理の場合は3,000円~5,000円ほどになります。

最もお金がかかってしまうのがマフラーの部品代で、車種やマフラーの形状で大きく違います。

安い場所だと4,000円で高い箇所だと30,000円と、かなり開きがあります。

察しが良い方は、安い箇所と高い箇所があるってどういうこと!?と思われたと思いますが、マフラーはエンジンから車体後方まで一部の外車を除きほとんどが分割されているんです。

多ければ3分割以上なんてことも。

部品代が高くなりやすい場所は排気ガスを浄化する三限触媒が取り付けられている箇所で、車の車体中央部より前方に取り付けられています。

錆による影響、たかがマフラーと言え、本当に侮れませんよね。

 

そこで2つアドバイスがあります。

 

1つはマフラーが折れてしまってからでは個人で対応するのが難しい為、予防として日頃からマフラー対応の耐熱塗装を行う事をオススメします。

塗装を行う事で直接の塩害を受けなくなり、錆が発生しにくくなります。

もちろんマフラーだけでなく、下回り全体を防錆塗装するのも良いですね。

大切なのは錆が発生する前に行う事で、錆びてからでは効果は半減です。

2つ目はガソリンスタンドや洗車場などで下回り洗浄を行う事。

付着した融雪剤や塩水が落ちて長持ちします。

無理な方は家庭用の水道で流すのもありです。

日頃から簡単な対策をしておく事で余計なトラブルを防ぐ事ができて、出費も抑えられる有効な方法なので気になる方は是非やってみて下さいね。

 

マフラーが折れた車を高く売る方法は

 

マフラーが折れるなどの車の故障は長年使い続けた経年劣化が多いです。

今後はマフラーだけでなく他の箇所の故障も多くなっていくでしょう。

当然修理代もかかってしまい、維持費も高くなっていきます。

そうなると買い換えた方が結局安上がりな場合が多く、このタイミングで買い替えを検討される方も多いです。

そこで車の一括査定を利用される方が非常に多いです。

一括査定を利用するとディーラーや中古車屋を何件もハシゴして査定してもらう手間も省けます。

査定も1分程度で済んでしまうので少しでも高く車を売りたい方にはぴったりのサービスです。

もちろん無料で利用できて、絶対に売らないといけないということもありません。

ご自身の今の車の価値を知るのにもいいでしょう。

私もエンジンが故障して走るとやばい配車寸前の車に値段を付けてもらった経験があります。

実際の画像がこちらです。

 

ユーカーパック

 

この時に頼んだ車の一括査定はユーカーパックです。

 

>>ユーカーパックで簡単無料査定を試してみる

 

ユーカーパックは車の一括査定でよく聞く面倒くさい電話の営業攻撃もいっさいなく本当に良かったです。

こちらから問い合わせたオペレーターの方も逆に買い取り業者に交渉までしてもらい大変お世話になりました。

実際に引き取りに来てくれた画像に写っている業者のドライバーさんもユーカーパックが1番買い取り値段がいい(秘密の話)と言っていました。

見積りだけでもできるので是非ユーカーパックを利用してみて下さいね。

 

>>面倒くさい電話の営業のないユーカーパックで簡単無料査定をする

 

※もはや廃車同様の車の高価買取にはこちらの【カーネクスト】が1番人気です。

故障車、事故車、車検切れ、放置車両などどんな車でも高価買取りしてくれます。

さらに各種の手続きやレッカー引取も完全無料で全国対応しています。

車の無料一括査定は正直、ユーカーパックかカーネクストのどちらかで十分です。

 

>>マフラーが折れた車の高価買取はこちらのカーネクストから

 

タイトルとURLをコピーしました