スポンサーリンク

ボンネットが閉まらない時の修理費用は!ズレ、飛び石、傷、凹みなど/交換費用や修理費用のまとめ

記事内にプロモーションを含む場合があります
ボンネットの修理費用 車のメンテナンス
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

 

車の顔といっても過言ではないボンネット。

傷やヘコミがあると、車の印象を大きく下げてしまいます。

逆にボンネットが綺麗で艶があると、車が引き締まって見え綺麗に見えます。

そんなボンネットですが、傷がついてしまったりヘコミや飛び石がつきやすい部品でもあります。

今回は、ボンネットに傷などがついた場合の修理費用や、それに伴う時間を詳しく解説させていただきました。

ボンネットの傷などで困っている方は、是非最後までご覧ください。

 

※故障車を最も高く売るならこちらのカーネクスト!

故障車を直しながら乗り続けるほど勿体ない話はありません。
ここ数年で最も高く中古車が売れているこの時期に売ってしまわないと損です!
CMで有名なカーネクストなら故障車でも高い評価が付きやすいです。
査定のみでもOKの、カーネクストで無料査定してみて下さい。

>>20秒で簡単無料チェックしてみる

 

スポンサーリンク

車のボンネットの傷の修理費用とかかる時間は

修理費用は、磨きで直る傷か、それとも塗装を要する傷かによって金額と時間が変わってきます。

まず、磨きで直る傷の場合ですが、ボンネット1枚磨いて5,000円(税別)前後が修理費用です。

時間は30分~1時間で直すことが出来ます。

次に、塗装を要する修理の場合ですが、費用としては、50,000円(税別)~65,000円(税別)になります。

時間は、5日~7日かかります。

磨きで直せる傷か、塗装を要する傷の判断基準ですが、爪がその傷に引っかかるか引っかからないかで判断が出来ます。

爪が引っかからなければ、磨きで修理することが可能です。

爪が引っかかる場合は、塗装が必要となります。

以上の基準で、塗装費用と時間を目安にしてください。

 

車のボンネットのへこみの修理費用とかかる時間は

ボンネットのヘコミを修理する費用は、およそ60,000円(税別)~70,000円(税別)になります。

1枚のボンネットの中に何ヵ所のヘコミがあるかでも金額は変わりますが、ヘコミ1か所5,000円(税別)の修理費用が加算されるのが相場です。

ですので、1か所のヘコミの場合は60,000円(税別)~70,000円(税別)ですが、ヘコミが2か所になると、65,000円(税別)~75,000円(税別)になります。

修理にかかる時間は、およそ5日~7日間かかります。

ヘコミを直したのちに塗装工程が入りますので、その分時間が多くかかります。

 

車のボンネットへの飛び石の修理費用とかかる時間は

ボンネットの飛び石の修理費用は、60,000円(税別)~70,000円(税別)になります。

時間も5日~7日間かかります。

修理工程として、ヘコミを直す修理の仕方と、ほとんど同じ直し方になります。

塗装工程も入りますので、金額、時間共にヘコミを直すのと同じ金額と時間が必要になります。

しかし、補修程度でいい場合、金額を安く済ませる方法もあります。

飛び石のところは、色が欠けて下地や鉄板が見えていると思いますが、その色さえ見えないようにし第一印象をわかりにくくするレベルの補修で良ければ、タッチペンで飛び石がある場所に、色を塗布してあげると、かなりわかりにくくなります。

ですので、タッチペンで簡易的な補修をし、安く尚且つ、時間もかけずに補修をすることは可能です。

これは、飛び石だからわかりにくくできる方法になります。

 

ボンネットが閉まりきらない原因と修理代は

ボンネッが閉まりきらないことが良くあります。

特に、ボンネットを静かに下ろし、手でやさしく閉めようよとしても、キャッチがうまく作動せずに、すぐに浮き上がってしまいます。

ボンネット閉まりきらない原因はいくつか考えられますが、おもに以下の2つが原因のことが多いでしょう。

  1. ボンネットを支えるステーが定位置に収まっていない
  2. ボンネットキャッチの動きが渋くなっている

まず、①ですが、ボンネットを支えるステーがあるクルマの場合、ボンネットを閉める前に、ステーが定位置に収まっているか確認します。

収める場所には、ステーを固定するクリップがあるので、そこにしっかりはまっているか確認しましょう。

②は、長く使用しているクルマの場合に起こりやすい症状です。

ボンネットキャッチは、ボンネットフックを掴む機構になっており、ボンネットが下りてくるとダイヤルのように動いてフックを固定します。

このボンネットキャッチは、グリスが塗られていますが、長く使用しているとグリス切れを起こして動きが渋くなりうまく閉まらなくなります。

これらの原因を修理する場合、ボンネットステーであれば使用者の使用不備なので修理費用は掛かりません。

そして、ボンネットキャッチの修理費用ですが、潤滑剤を吹き付けると回復するので、一般的にこちらも整備工場にお願いしても無料で修理できることが多いでしょう。

ただし、ボンネットキャッチや、ボンネットキャッチを作動させるワイヤーなどに劣化がみられると交換が必要となることもあるでしょう。

交換費用は、ボンネットキャッチであればキャッチ代金と交換費用なので1万円もあれば十分です。

ただし、キャッチが二つあるクルマで両方交換が必要となると、金額は高くなります。

そして、ワイヤーが切れている場合などで交換が必要な場合は、クルマによっても異なりますが、こちらも1万円前後で交換できるでしょう。

 

ボンネットのズレの原因と修理代はいくら?

ボンネットのずれの原因は様々ですが、一番の要因は事故によりきれいに直っていないことでしょう。

一般的なクルマの使用でボンネットがずれることはほとんどないので、ズレが気になるようならフロント部分の修理をしていないか確認します。

ボンネットのずれの種類として、フロントグリルとヘッドライトの隙間の違いと出っ張りの違い、左右フェンダーの隙間の違い、そして高さの違いがあります。

いずれも適正な位置にボンネットが取り付けてあれば起きない症状です。

原因としては、フロント部分を大破させ、修理を行いラジエーターコアサポートやアッパーサポートの取り付け位置が狂っている場合、ボンネットを事故で押している場合は、ボンネットステーの取り付け位置やステーの曲がりが考えられます。

いずれの場合も修理するには、何処に原因があるのか確かめる必要があり、修理不備でズレが起きている場合は、その部分を再修理する必要があります。

料金も修正する部位や方法で異なるため一概には言えませんが、簡単に直る場合なら無料、大変な場合は10万円以上かかるでしょう。

簡単に直る場合は、ボンネットキャッチを調整するだけで修正できるほか、ラジエーターアッパーサポート上にゴム状の調整ゴムがあればそれでも調整できます。

ただし、最近は調整できないクルマも増えており、根本的な骨格部分を修正しなければずれが収まらないこともあります。

 

ボンネットの浮きの修理費用は

ボンネットを閉めているのに浮いてしまう原因は、ボンネットキャッチの高さが適正でないことや、ボンネットステーの曲がりが考えられます。

ボンネットキャッチの高さ調整は、キャッチ部分の取付ボルトを緩めてキャッチ全体を少し下げることで解消できます。

しかし、ステーの曲がりが原因の場合は、ステーの交換もしくは修理が必要となるでしょう。

ステーの曲がりは通常使用では起きることはありませんが、フロント部分を修理している場合でステーまで損傷が及んでいるにも関わらず、修理されていないとボンネット浮きがおきます。

修理費用は、ステー交換が必要な場合はステー代金と、ステーの塗装費用が掛かるので、数万円の出費になるでしょう。

また、ボンネットキャッチの部分の調整で修正が利かない場合は、取り付け部分の寸法が狂っている可能性があります。

こちらも通常使用では起きにくい症状ですが、下回りを強く強打した場合は、下からフロント骨格を突き上げて寸法が狂っているので、修理しなければなりません。

この場合の修理費用は、ロアサポートやコアサポートなどまでひずみが波及していることも考えられ、十数万円の修理費用になることも少なくないでしょう。

 

ボンネットの飛び石の傷の修理費用 オートバックスはいくら?

ボンネットに飛び石があると、醜く見えることもあり修理をしたいと考える方も多いはずです。

しかしボンネットに米粒程度の飛び石があったとしても完璧に修理する場合はボンネット1枚塗装する必要があり、かなりの出費になります。

塗装では、ぼかしと呼ばれる手法で塗装することも多くあります。

しかし、ボンネットは広い面積で目の高さから全体が良く見えるので、ぼかしによる修正はほとんど行いません。

ただし、メタリックやパールなど2コート以上の塗装をする場合は、ベースカラーのみボカシを入れて、クリア塗装をボンネット1枚塗装します。

ボンネット塗装にかかる費用は、大体5万円程度を見込めばよいでしょう。

ただし、ホワイトパールのように3コート塗装は塗料代が高くなるので、場合によっては10万円を超えることもあります。

いずれにしても、傷の大きさなどをオートバックスで見てもらわなければ、正確な修理費用はわからないでしょう。

 

車のボンネットが閉まらない原因と修理費用は

ボンネットが閉まらない原因は大きく分けて3つあります。

 

1.ボンネットのロックが下がってしまっている

なんらかの衝撃などで、ロックする部分がずれてしまい調節が必要になっている状態です。

そして、原因に伴う修理費用ですが、この原因の場合は調節で済みますので、無料もしくは、1,000円(税別)で調節をしてもらえます。

 

2.ボンネットのロックがオープンの状態のままになっている

これは閉めようとしても、オープンの状態なのでロックされずにまたオープンしてしまいます。

修理費用ですが、注油してロックの稼働を滑らかにする必要があります。

修理費用は無料でやってもらえる場合がほとんどです。

 

3.工具などの異物が挟まっている

一度、エンジンルームに工具や、異物が挟まっていないかを確認しましょう。

これも修理費用はかかりません。

 

上記3つのうち、どの修理方法を試しても直らない場合は、ロックする部品の交換が必要になります。
その場合は、10,000円(税別)前後で修理が可能になります。

 

車のボンネットの交換費用の相場はいくら?

ボンネットの交換費用ですが、新品に交換する場合と中古で交換する場合で値段が変わります。

 

新品の場合

  • 部品・35,000円(税別)前後
  • 塗装・40,000円(税別)前後
  • 脱着・4,000円(税別)前後

中古の場合

  • 部品・20,000円(税別)前後
  • 脱着・4,000円(税別)前後

となります。

ただ、中古の場合は美品であれば塗装の必要はありませんが、傷があったり塗装が必要な場合は塗装費用がかかってきます。

以上が、ボンネットの交換費用の相場になります。

 

ボンネットの修理費用が高額なら車を手放す選択肢も

修理費用があまりにも高額になる場合、車を手放すことを検討するのも一つの方法です。

車の走行距離や年式を考慮して、あとどれくらい乗るつもりか、高額な修理費用をかける価値があるかどうかを判断しましょう。

新しい年式の車であれば、ディーラーでの下取りや中古車買取業者の利用を検討すると良いでしょう。

手続きや乗り換えの手間を減らしたい場合はディーラーでの下取りが便利です。

一方、少しでも高額で売りたい場合は、中古車買取業者の利用がおすすめです。

しかし、古い年式や走行距離が多い車は、値段がつかないこともあります。

そんな時は、廃車や故障車の買取業者を利用すると良いでしょう。

廃車・故障車の買取業者は、古い車や走行距離の多い車、さらには事故車や動かない車でも買い取ってくれます。

おすすめの買取業者は【カーネクスト】です。

【カーネクストのメリット】

  • 来店不要
  • 電話1本で査定から契約まで可能!
  • 一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
  • 面倒くさい営業電話も一切なし
  • どんな車も高価買取
  • 20秒で申し込みが完了します。
  • 全国どこでも引取り・手続き無料!

※査定したからと言って絶対に売らないといけないわけではありません。

まずはこちらで査定してディーラーやカーショップ、中古車販売店との値段の比較にお役立てください。

一切料金はかかりませんし簡単に査定が完了します。

20秒で超簡単に無料査定してみる>>

 

ボンネット修理の判断基準を明確にしましょう

ボンネットに傷や、ヘコミ、飛び石がついてしまった場合の直し方、修理金額、時間を解説させていただきました。

さらに、ボンネットが閉まらないトラブルについてもありましたね。

ボンネット修理は安いお買い物ではないので、傷がついたりへこんでしまった場合どこまでを直すかを決めるための判断基準として役立ててください。

 

また一般的に車は10年落ち、もしくは10万キロ以上の走行距離で車の買い替えの目安となります。

こちらを過ぎると車の価値はほぼ0になってしまうケースが多いです。

故障車の買取の相場もありますので、併せて調べてみる時期と言えるでしょう。

車を高く売る交渉術に関してはこちらの記事が参考になりますのでご覧ください。

車を高く売る交渉術とは!高く売る方法やコツ、売る時期を徹底解説!
クルマを売る場合、買取店と下取りに分かれますが、売却先によって買取金額は大きく異なるでしょう。 そのため買取店選びが重要になるほか、できるだけ多くの買取店と買取額の交渉が必要です。 ここでは、クルマを買取に出す交渉方法と、売る時期について解...
タイトルとURLをコピーしました