スポンサーリンク

車ミッションの故障音は?ミッションから異音やうなり音がする原因や対処法を徹底解説!

記事内にプロモーションを含む場合があります
ミッション故障時の音 車のメンテナンス
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

 

速度に合わせて適切なギアを選択してくれるオートマチックトランスミッション。

速度に合わせて適切なギアを自分で選択するマニュアルトランスミッション。

車を走らせる上で、トランスミッションはなくてはならないもので、もしトラブルが起きたときは走行不能などになってしまうこともあります。

トラブルが起きる前の、前兆などを把握しておけば致命的な故障を避けることができるかもしれません。

今回は車のトランスミッションが故障した時の音や異音がする原因や対処法、修理費用などについて触れていきたいと思うので是非参考にしてみてください。

 

 

車のミッションが故障した時の音の特徴は

 

ここでは、オートマチックトランスミッションが故障した時に発する異音について触れていきます。

走行距離を多く走った車に多いのが、走行中に「ウィーン」とうなる現象です。

オートマチックトランスミッションの内部にはベアリングが使用されているのですが、ミッションオイルの劣化などによる潤滑不良などでベアリングがうなり音を発することがあります。

次は、「ゴゴゴ」「ガガッ」といった滑って駆動力がうまく伝わっていないような現象です。

CVT車に多く見られます。

CVTは内部に金属ベルトを使用し、エンジンからタイヤへ動力を伝えています。

この金属ベルトが滑ってしまうことがあり、滑りが異音となって現れます。

滑ってしまう原因としては、ミッションオイルの劣化などです。

CVTはその特性上、オイルが汚れやすく劣化も早いです。

これは、オイルをきちんと決められたサイクルで交換することで防げますので、自分の車の交換サイクルを確認しておくことをおすすめします。

次に変速時の異音です。

オートマチックトランスミッションは速度を上げていくと、ギアを上げます。

この、ギアを上げる時に「ガリッ」という音がする場合はAT本体の劣化が考えられます。

内部のクラッチやブレーキなどが劣化し、本来の性能が発揮できず、スムーズな変速ができていない可能性が考えられます。

こうなってしまうとミッションオイルを変えたり、添加剤などを使用しても改善されるケースは稀です。

トランスミッション本体を交換しなければならないため、かなり高額な修理になってしまいます。

 

車のミッションから異音がする原因は

 

異音がする原因は主にミッション本体の劣化かミッションオイルの劣化です。

オートマチックトランスミッションはかなり繊細なので、定期的にミッションオイルは交換するようにしてください。

車種ごとに交換サイクルが決まっていますので、取り扱い説明書などを確認してディーラーや整備工場などで交換することをおすすめします。

 

また一般的に車は10年落ち、もしくは10万キロ以上の走行距離で車の買い替えの目安となります。

こちらを過ぎると車の価値はほぼ0になってしまうケースが多いです。

故障車の買取の相場もありますので、併せて調べてみる時期と言えるでしょう。

車を高く売る交渉術に関してはこちらの記事が参考になりますのでご覧ください。

車を高く売る交渉術とは!高く売る方法やコツ、売る時期を徹底解説!
クルマを売る場合、買取店と下取りに分かれますが、売却先によって買取金額は大きく異なるでしょう。 そのため買取店選びが重要になるほか、できるだけ多くの買取店と買取額の交渉が必要です。 ここでは、クルマを買取に出す交渉方法と、売る時期について解...

 

車のミッションから異音がした時の対処法は

 

車のトランスミッションから異音がした際にやるべきことは、ミッションオイルの交換です。

しつこいようですが、ミッションオイルはかなり重要な役割を果たしています。

故障の原因もダントツでオイルのトラブルが多いのが現状です。

まずはミッションオイルを交換して、様子を見てください。

直ったのであればそのまま使用を続けても大丈夫です。

もし、直らないのであれば、整備工場などで点検してもらってください。

 

車のミッションが故障したまま走るとどうなる?

 

トランスミッションが故障したまま走ってしまうと、最悪の場合走らなくなることが考えられます。

交差点の真ん中などで、走行不能になってしまったらかなり焦りますし、周りの交通も妨げてしまい良いことは何一つありません。

もし、故障の前兆が出た場合はなるべく早く点検するようにしてください。

 

車のミッションからうなり音がする原因

 

車のミッションからうなり音がする場合には以下の原因が考えられます。

トランスミッションフルードの不足や劣化

トランスミッションフルードが不足しているか劣化しているとギアが正しく潤滑されず、うなり音が発生することがあります。

フルードのレベルと状態を確認し必要に応じて補充または交換します。

ギアやベアリングの損傷

ミッション内のギアやベアリングが摩耗や損傷しているとうなり音が発生することがあります。

ミッションを分解して損傷部品を確認し必要に応じて交換します。

トルクコンバータの問題

トルクコンバータの不具合も、うなり音の原因となることがあります。

トルクコンバータの状態を診断し問題があれば修理または交換します。

マウント部品の緩みや劣化

エンジンやトランスミッションを支えるマウント部品が緩んでいるか劣化していると、振動や音が発生します。

マウント部品を確認し、緩みや劣化があれば修理または交換します。

 

これらの原因と解決策を確認して、適切な対処を行いましょう。

車のミッションからのうなり音を解消することができます。

 

トランスミッションの故障車に乗り続けるとどうなる?

トランスミッションの故障がある状態で車に乗り続けるとどうなるでしょうか?

以下で詳しくまとめてみました。

故障の悪化

トランスミッションの小さな故障や異音を放置すると、時間とともに故障が悪化します。

それにより重大なダメージを引き起こす可能性があります。

修理費用が高くなっていく

故障が悪化すると、修理に必要な部品や作業時間が増えます。

結果的に修理費用が高額になることがあります。

走行性能の低下

トランスミッションの故障により、アクセルの反応が鈍くなります。

さらに変速もスムーズにいかなくなります。

これにより、運転中の安定性や快適性が低下します。

事故のリスクが高まる

重大なトランスミッションの故障は、車が急に動かなくなるなど、予期せぬ状況を引き起こす可能性があります。

これにより、交通事故のリスクが急激に増します。

車両の寿命が短くなる

トランスミッションなどの主要な部品が故障すると、車全体の寿命が短くなる可能性があります。

 

以上の理由から、トランスミッションの故障を感じた場合は、早めに専門の整備士に診てもらってください。

適切な修理やメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

オートマミッション故障の症状7つ

オートマチックトランスミッション(AT)の故障の症状には、以下のようなものがあります。

異音や振動

ギアを変える際や走行中に異常な音(うなり音、キーキーという音など)や振動が感じられる場合があります。

変速に不具合が生じる

ギアの変更がスムーズでない、または予期せぬギアチェンジが発生することがあります。

ギアが入らない、または逆にギアが抜けることがあります。

アクセルレスポンスが遅れる

アクセルを踏んでも、車がすぐに加速しない場合があります。

トランスミッションフルードが漏れる

車底部に赤い液体が漏れている場合、これはトランスミッションフルードの漏れの可能性があります。

トランスミッションフルードが劣化する

フルードが焦げたような臭いを放つ、または色が黒く濁っている場合、フルードの劣化が進んでいる可能性があります。

警告灯の点灯する

トランスミッションに関連する警告灯(例: チェックエンジンライト)が点灯することがあります。

燃費が悪くなる

トランスミッションの故障により、エンジンが過負荷となり、燃費が悪化することがあります。

 

上記のの症状が現れた場合は、早めに整備士に診てもらいましょう。

 

ミッションの異音 ガラガラの原因

ミッションから「ガラガラ」という異音がする場合、どのような原因があるのでしょうか?。

以下に、主な原因をいくつか挙げてみました。

ギアの摩耗や損傷

ギアが摩耗したり、歯が欠けたりすると、ガラガラという異音が発生することがあります。

ベアリングの故障

トランスミッション内のベアリングが劣化や損傷していると、ガラガラという音がすることがあります。

チェーンの伸びている

トランスミッション内のチェーンが伸びてしまい、遊びが生じるとガラガラという音が発生することがあります。

トランスミッションフルードの不足

フルードが不足していると、部品同士の摩擦が増え、異音が発生することがあります。

異物の混入の可能性

トランスミッション内に異物が混入していると、ギアやチェーンが正常に動かなくなり、ガラガラという音がすることがあります。

クラッチの故障

クラッチディスクやプレッシャープレートの故障も、ガラガラという異音の原因となることがあります。

これらの原因を特定し、適切な修理やメンテナンスを行うことで、異音を解消することができます。

異音が発生した場合は、専門の整備士に診てもらうことをお勧めします。

 

ミッションの異音 カタカタの原因

ミッションから「カタカタ」という異音がする場合、以下のような原因が考えられます。

ギアの摩耗や損傷

ギアの歯が摩耗したり、欠けたりしていると、カタカタという音が発生することがあります。

ベアリングの故障

トランスミッション内のベアリングが劣化や損傷していると、カタカタという音がすることがあります。

クラッチ関連の故障

クラッチディスクやリリースベアリングの故障が、カタカタという異音の原因となることがあります。

トランスミッションチェーンの伸び

トランスミッションのチェーンが伸びてしまい、遊びが生じてカタカタという音が発生することがあります。

トランスミッションフルードの不足や劣化

フルードが不足していると、部品同士の摩擦が増え、異音が発生することがあります。

異物の混入

トランスミッション内に小石や金属片などの異物が混入していると、カタカタという音がすることがあります。

シンクロナイザーの故障

シンクロナイザーが摩耗していると、ギアを変更する際にカタカタという音がすることがあります。

 

車のミッションの修理費用の相場はいくら?

 

オートマチックトランスミッションは、車の部品の中でもかなり高額で、オートマが壊れた時が乗り換え時と言われる程です。

新品であれば20万から60万ほど。

中古であれば、ものによっては20万以内に収まるかな…といった具合です。

 

故障車を最も高く売るならこちらのカーネクスト!

 

故障車を直しながら乗り続けるほど勿体ない話はありません。
ましてや車のミッションの修理には莫大な費用がかかります。
ここ数年で最も高く中古車が売れているこの時期に売ってしまわないと損です!
カーネクストで無料査定してみて下さい。
分かってもらえるはずですよ^^

 

どんな車でも値段が付きます
無料出張引き取りで来店不要
廃車手続きも無料で代行

 

>>20秒で簡単無料チェックしてみる

 

車のミッションの載せ替え費用はいくら?

 

トランスミッション自体もかなり高額なのですが、工賃もかなり高額です。

トランスミッションは基本、エンジンと連結していて、エンジンから切り離して交換します。

様々な部品を外さなくてはならない上に、重量物であるエンジンを支えながらうまく取り外さなくてはならないため、相当な重労働です。

車種にもよりますが、10万円近くの工賃は覚悟しておくべきでしょう。

 

ミッション故障車を高く売る方法とは!

 

ミッションの修理には大きな費用がかかります。

そうなると買い換えた方が結局安上がりな場合が多く、このタイミングで買い替えを検討される方も多いです。

そこで多く利用されるのが車の一括査定です。

 

当サイトからも一括査定サイトの利用がめちゃくちゃ多いです。

数ある一括査定サイトで最もおすすめのサイトは?と聞かれるとやはり【カーネクスト】でしょう。

正直、販売から10年以上経っている車や10万キロ以上走っている車、また今回のように故障している車は値段がつかないことが多いです。

でも車って実は再利用できるパーツも多いし、最悪、鉄やアルミなど資源として再利用できるんですね。

またカーネクストは海外に独自の販売網を持っているので、日本で値段が付かなくても需要のある海外に輸出することで高値が付くケースがあります。

通常の「廃車にして終わり」ではなくあの手この手でその車に価値を見出す努力をする、そしてその多数のルートがあるという点で当サイトではカーネクストをおすすめしています。

また当サイトで一番利用されているサイトもこのカーネクストです。

 

  • 車の一括査定にありがちな面倒くさい電話攻撃もありません。
  • 故障や事故で動かない車でもレッカー代無料です。
  • もし廃車になっても廃車手続きは無料で代行しています。
  • 自動車税の還付手続きも無料で代行しています。
  • どんな車も0円以上買取保証が付いてます。
  • 20秒で申し込みが完了します。
  • もちろん査定は無料なので一切損はありません。

 

査定したからと言って絶対に売らないといけないわけではありません。

まずはこちらで査定してディーラーやカーショップ、中古車販売店との値段の比較にお役立てください。

一切料金はかかりませんし簡単に査定が完了します。

 

20秒で超簡単に無料査定してみる>>

 

「車ミッションの故障音」によくある質問

 

ミッションが故障する前兆は?

ミッションの故障の前兆には、異音(カタカタやガラガラなど)、ギアの変速不良、トランスミッションフルードの漏れや劣化、アクセルレスポンスの遅れ、警告灯の点灯などがあります。

トランスミッションが故障するとどんな症状が現れますか?

トランスミッションが故障すると、以下のような症状が現れます。

異音
ギアを変える際や走行中に異常な音(カタカタ、ガラガラなど)が聞こえる。

変速の不具合
ギアの変更がスムーズでない、ギアが入らない、または抜ける。

アクセルレスポンスの遅れ
アクセルを踏んでも、車がすぐに加速しない。

トランスミッションフルードの漏れ
車底部に赤い液体が漏れている。

警告灯の点灯
トランスミッションに関連する警告灯が点灯する。

燃費の悪化
故障により、エンジンが過負荷となり、燃費が悪化する。

 

ミッションから異音がする原因は?

ミッションからの異音の原因は、ギアやベアリングの摩耗、トランスミッションフルードの不足、クラッチの故障、異物の混入などです。

トランスミッションの寿命はどのくらいですか?

トランスミッションの寿命は、車のメーカーやモデル、運転習慣、定期的なメンテナンスの有無などにより異なります。

一般的には約150,000~200,000kmとされています。

 

まとめ

 

今回は、車のトランスミッションが故障した時の音や異音がする原因や対処法、修理費用などについて触れてきました。

トランスミッションはきちんとミッションオイルを交換して、車に負荷をかけるような運転を避ければそうそう壊れるものではありませんので安心してください。

自分の車の、ミッションオイル交換時期などをきちんと確認して、故障の予防に努めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました