スポンサーリンク

車の燃費向上する運転のコツとは!ハイブリッド車の燃費向上も運転次第!

記事内にプロモーションを含む場合があります
燃費向上する運転のコツ 豆知識
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

 

ガソリン価格が高騰する昨今、燃費への関心が非常に高まっています。

クルマは燃料を燃やして走行するので、燃料を多く出さなければ燃費はよくなることはわかるでしょう。

また、燃費を用品で何とかして改善したいと考える方も多くいます。

ここでは、クルマの燃費をよくする運転方法から、燃費向上が見込める用品について解説します。

 

車の売却をお考えならこちら!

当サイトで人気の一括査定サイトのランキングトップ5をまとめています。
愛車を少しでも高く売却したい方はこちらの記事をご覧ください。

車買取業者おすすめ7選を徹底比較!車を売るならどこがいい?
車を売る時って、どの業者にするか迷いますよね。 たくさんの買取業者があって、どこを選べばいいのか悩んでしまうのは仕方がありません。 今回は買取業者が多すぎて悩んでいる方のために、おすすめの車買取業者を7社ピックアップして比較してみました。 ...

 

スポンサーリンク

車の燃費向上する運転のコツとは!

 

クルマの燃費を向上させる運転は、易しい運転に心がけることです。

急発進、急ブレーキは燃費悪化の一番の原因ですが、急の付く運転と普段思っていなくてもスピードの上昇や減速が激しい運転をしていることがあります。

このような運転は、よく言えばメリハリがある運転ですが、実際は燃費を悪化させています。

そこで、できるだけゆっくり加速し、停車するときも惰性で走行して停車寸前にブレーキを踏むような運転が低燃費走行に有効です。

また、高速道路を走行すると燃費が良くなることは知られていますが、これは定速走行しているからです。

一定のスピードで走行するということは、アクセル操作が激しくないので燃料消費が抑えられます。

よって燃費が良くなるということです。

 

ハイブリッド車の燃費向上する運転方法とは

 

ハイブリッド車のカタログ燃費が良いことが購入の決め手になり、実際にハイブリッド車を所有する方も多いでしょう。

しかし、購入したハイブリッド車がカタログ燃費に程遠いことがあります。

これはハイブリッド車とガソリン車とでは、運転方法が異なることが理由です。

ハイブリッド車の燃費が良いといわれる理由は、モーターで走行する時間が長いので、ガソリン消費が抑えられるからです。

そこで、エンジンの始動時間を短くしてモーターでの走行時間を長くする運転がポイントです。

まず、発進の際にはガソリン車ではふんわり加速が良いといわれていますがハイブリッド車では、発進時にモーターのアシストがあるので、少し力強く加速させます。

というのも、発進時に一番パワーを消費するので、モーターだけで発進させるとバッテリー残量があっという間に減ってしまうためです。

そこで、ガソリンエンジンも始動させて発進のエネルギーを補うことで、バッテリー消費が抑えられ、停車中にエンジンが始動して発電に回す回数が減ります。

ただし、スピードが一定に達したらアクセルペダルを放し、エンジンを停止してモーターのみの走行に切り替えます。

そして、もっとも重要なのがハイブリッド車に装備される回生ブレーキを上手に活用することです。

回生ブレーキとは、本来捨てるはずのブレーキが発生する熱エネルギーを充電に回すシステムです。

まず、信号が赤に変わるような瞬間や、前方が停止していることがわかったら、ブレーキを早めに踏んで回生ブレーキを効かして回生量を増やしてあげることです。

このような方法をとれば、ハイブリッド車のガソリンエンジンの始動時間を短くできるので、ガソリン消費量を抑えられるでしょう。

 

ガソリン添加剤は燃費向上に効果ある?

 

ガソリン添加剤には様々な商品が販売されており、効果に違いはあるものの、すべてが洗浄効果を上げることが目的です。

ガソリンにも洗浄効果がある添加剤が含まれているので、添加剤に過剰な期待は無意味といえますが、市販のガソリン添加剤はガソリンに含まれている清浄効果をさらに高めて、エンジン内部をクリーンに保ちますから、入れることはエンジンに少なからずメリットがあります。

エンジン内部は、ガソリンの燃焼によりカーボンなどの汚れが堆積しますが、この汚れを落としていればエンジン内部は綺麗な状態を保てます。

よって、スムーズにエンジンが回ることから燃費は悪くなりません。

ガソリン添加剤は、エンジン性能を上げて燃費向上させる商品ではなく、できるだけエンジンに汚れを付着させずに新品の状態を保つことで、燃費性能低下を招かないようにする商品ということを忘れないようにしましょう。

 

ガソリン添加剤に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗ガソリン添加剤は効果ある?入れるタイミングや最強おすすめランキングは!

 

燃費向上はエンジンオイルでも変わる?

 

エンジンオイルには、オイルの硬さに種類があります。

そして最近のクルマは低燃費車が多いので、低粘度オイルが指定されています。

この低粘度オイルは、サラサラで水のようなオイルなので、エンジン内部に抵抗がないことから低燃費車に使用されます。

しかし、この低粘度オイルが燃費向上につながるからと、ほかの従来の粘度を指定するクルマに使用すると、エンジンを壊してしまうので使用できません。

ただ、エンジンオイルの粘度だけでなく、含まれる添加剤の種類により、エンジン内部の抵抗を抑えてスムーズなエンジン回転にする高価なオイルもあります。

しかし、安いオイルと高価なオイルで燃費性能だけを比べても、価格以上の燃費性能は得られません。

ただし、エンジン保護やエンジンのレスポンスなどの点では、高価なエンジンは勝るので、エンジンオイルを燃費性能だけで選ぶのはナンセンスです。

 

燃費が向上するおすすめのグッズは

 

世の中には昔から、燃費向上やパワーアップが期待できるといったオカルトグッズが多く販売されてきました。

特にシールを貼るだけや、磁石を燃料ホースやエアクリーナーに取り付けるような商品は、非科学的であり燃費向上はありえません。

燃費向上が期待できるグッズは、空気の流れを味方につけるパーツやエコタイヤなどが燃費向上に期待が持てます。

トヨタがオプションで販売するGRスポーツサイドバイザーは、空力を研究して開発されており、操縦安定性の向上が見込めることから燃費も向上するでしょう。

このほかにも、自動車メーカーが風洞実験を行い開発した商品は、空気を味方にして燃費を向上させていますから、アフターパーツの安い燃費向上グッズを数多く取り付けるより効果的です。

もちろん、オカルトな低燃費グッズで燃費向上した意見も聞かれます。

これは、サクラもありますが、自分が低燃費グッズを取り付けたという暗示から運転が変わり、低燃費に結び付いていることもあるので、一概にすべてが低燃費に結び付かないとも言えないでしょう。

 

クルマの燃費はガソリンを消費させない運転を心がけること

 

低燃費走行は、発進や停車を優しく行い、巡行時はできるだけ定速走行を心がけることです。

アクセル操作一つで燃費に大きく影響するので、必要ないアクセル操作を控えるだけで燃費は改善します。

燃費を少しでも良くしたいと考えるなら、アベレージ速度を落として優しい運転を心がけるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました