スポンサーリンク

cvt交換費用や修理費用はいくら?ホンダや日産、軽自動車では?ディーラーと民間整備工場どっちがお得か徹底解説?

記事内にプロモーションを含む場合があります
CVTの修理費用や期間 CVT
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

 

CVTというトランスミッションが最近の車の主流にもなってきています。

そんなCVTにお乗りの方、もしこのCVTが故障した場合どれくらいの修理費用がかかるのか、気になりますよね。

また修理するならどこが良いのか?そんな疑問も浮かぶと思います。

このようなCVTの修理に関する悩みや疑問についてまとめましたので、CVT搭載車にお乗りの方必見です!

 

故障車を最も高く売るならこちらのカーネクスト!

 

故障車を直しながら乗り続けるほど勿体ない話はありません。
ここ数年で最も高く中古車が売れているこの時期に売ってしまわないと損です!
カーネクストで無料査定してみて下さい。
分かってもらえるはずですよ^^

 

どんな車でも値段が付きます
無料出張引き取りで来店不要
廃車手続きも無料で代行

 

>>20秒で簡単無料チェックしてみる

 

CVTの修理費用を決める基準とは

 

CVTタイプのトランスミッションも故障が起きることがあります。

異音が発生したり、あるいは変速がおかしくなったり、もしくは走ることすらもままならなくなったりです。

そのような時にCVTの修理をすることにはなりますが、基本的にCVTの修理としては丸ごと交換するといった方法が一般的です。

言い換えると、CVTを分解して一部の部品のみを交換したり、調整を行うことによる修理というのは比較的に少ないでしょう。

なのでCVTの修理費用としては、CVTそのものの部品代金、そして交換工賃、またその交換に必要なその他の部品代金(CVTフルードなど)が必要となるパターンが多くなります。

主な部分を占めるのがCVTの部品代ですが、このCVTそのものを「新品」で交換するか、はたまた「リビルト品」や「中古品」で交換するのかでも金額に差が生まれます。

まだまだその車に乗り続けたい場合は「新品」で交換し、逆に数年以内に乗り換えを検討していたり、修理費用をなるべく安く抑えたいといった場合は「リビルト品」や「中古品」を選ぶといったイメージが良いでしょう。

ちなみに「リビルト品」とは、過去に異常があり交換した部品を分解し、問題なく使用できる部品をきれいに清掃したりメンテナンスして再利用できるよう組み上げられた部品のことを指します。

なのでリビルト品でも問題なく使用できますし、見た目には新品とあまり変わらないので、新品交換では高価だと感じるのであればリビルト品での交換もおすすめです。

逆に一部の部品だけ交換するといった修理内容もあります。

例えば「バルブボディー」という部品の交換。

これはどのような故障の時の修理かというと、変速ができないときなどにこのバルブボディーという部品を交換します。

そもそもCVTの変速の方法は、バルブボディーという部品がコンピューターからの指示を受けて変速操作を行うため、変速できない不具合の際はこのバルブボディーのみを交換することもあります。

他にはオイル漏れの修理といったパターン。

CVTフルードを貯めているオイルパンという部分からオイル漏れが起きている場合は、このオイルパンを外し、パッキンのみを交換するといった修理方法になります。

なので修理費用は上記の修理に比べると安価で済むでしょう。

 

CVTが壊れたら買い替え時?
こちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

CVTが故障したら修理か買い替えかどっち?CVT故障車を高く売る方法とは!
CVTが故障した場合修理代が高く、そのまま修理するか乗り換えるか迷われる方も多いはず。 というのもCVTが故障した場合は一部の部品だけ取り替えるのではなく、CVTを丸ごと交換するケースが多いため、修理代が高くなる傾向にあります。 それでもそ...

 

CVTの修理期間はどれくらい?

 

CVTの修理期間は車種によっても差はありますが、短いものであれば数時間で交換は可能です。

そこからCVTフルードを充填し、試運転し確認作業を行ったとしても約半日で作業が完了することもあります。

念の為車を1泊2日くらいで預ければ、交換から確認作業までを行えるでしょう。

 

CVTから異音がしたら?
こちらの記事で詳しくまとめています。

cvt異音の原因と対処法!ウィーン、カラカラ、ゴー、キュルキュルなど/まとめ
CVTという無段階変速のトランスミッションが搭載された車もかなり増えています。 無段階変速なのでエンジンの音の変化も少なく、その分よりミッションそのものの音が気になることもあるかもしれません。 突然車の前方やミッションのあたりから異音がする...

 

CVTの交換費用の相場はいくら?

 

こちらもメーカーや車種にもよりますが、丸ごと交換の作業でトータル30万~40万円の修理代金をイメージしておくと良いでしょう。

上記の金額はリビルト品交換した際の金額です。

内訳としては、CVT本体が20~30万円、そして工賃が5万円前後といったイメージです。

またオイルパンからのオイル漏れ修理であれば、1~2万円ほどで修理が可能です。

内訳としてはほとんどが工賃とCVTフルード代で、パッキンなどの部品代はさほどかかりません。

このように故障の仕方や故障原因によって、金額にも大きな違いが生まれますので、しっかりと故障の原因の追求をしてもらうようにしましょう!

 

CVTの故障の前兆に関してはこちらの記事で詳しくまとめています。
ぜひチェックしてみて下さいね。

CVT故障の前兆とは?症状や原因、費用についても詳しく解説します!
CVTタイプのオートマチックトランスミッションが搭載された車種も多くなってきましたが、そのCVTが故障しやすいのか?といった疑問や、故障しやすいイメージを持たれている方もいるかもしれません。 変な音がするといった軽微な故障から、前に進まない...

 

ホンダcvtの交換費用は

ホンダのCVT(無段変速機)の交換費用は以下です。

 

ディーラーでの修理費用

軽自動車やコンパクトカークラスは作業工賃約5万円~7万円、CVT本体(リビルト品)約20万円~30万円ほどです。

ミドルクラスの車では作業工賃約6万円~10万円、CVT本体(リビルト品)は約25万円~35万円程度です。

一般整備工場での修理費用

作業工賃はディーラーの八割ほどになります。

CVT本体(リビルト品)の販売価格はディーラーとほぼ同じです。

修理期間

ディーラーでの修理期間はおおよそ4日前後

一般整備工場では3日前後が目安

 

CVTの修理は車体からの脱着作業が多く、作業工賃が高額になることが多いです。

また、ディーラーと一般整備工場での修理費用や期間には差がありますが、車の年式や状態によっても異なります。

具体的な費用や期間を知りたい場合は、お近くのディーラーや整備工場に直接お問い合わせしてみてくださいね。

 

セレナのcvt交換費用はいくら

セレナのCVTの交換費用は、一般的には約30万円から50万円程度かかる場合が多いです。

ただし、車の状態や整備工場によっても費用は異なります。

正確な金額を知りたい場合は、近くの整備工場やディーラーに直接お問い合わせしてみてください。

 

ジュークのcvt交換費用はいくら

 

日産 ジュークのcvt交換費用は30万~40万円以上になることが多いです。

こちらの整備工場ではジュークのCVT交換の費用は、故障診断が3,000円、CVTの取り換えが350,000円、ショートパーツが10,000円となっていました。

https://www.goo-net.com/pit/shop/0205080/blog/323879

具体的な費用は故障の状況やディーラー、整備工場により異なります。

正確な見積もりは近くのディーラーや整備工場に問い合わせることをお勧めします。

 

軽自動車のcvt交換費用

軽自動車の無段変速機(CVT)交換にかかる費用は、車種や整備店によって変わります。

一般的な費用の目安はこちらになります。

交換費用の平均値

軽自動車のCVT交換の平均的な費用は約15万円から30万円程度です。

この価格は、部品費、工賃、消費税込みの金額です。

部品費
約10万円から20万円

工賃
約5万円から10万円

費用が違う理由について

交換費用には以下のような要因が影響します。

車種
特定の車種の部品が高価である場合、費用が上がる。

整備店
正規ディーラーや専門店では、一般の整備工場よりも高い場合がある。

地域
都心部では、地方に比べて費用が高くなることがある。

費用を抑える方法

費用を抑えるためには、以下の方法があります。

1.見積もりを比較

複数の整備店から見積もりを取り、比較する。

2.部品の持ち込み

自分で部品を購入し、整備店に持ち込む。

 

軽自動車のCVT交換費用は、車種や整備店により異なりますが、平均的には15万円から30万円程度です。

費用を抑えるためには、見積もりの比較や部品の持ち込みを検討してみてください。

 

nboxのcvt交換費用

ホンダの人気軽自動車「N-BOX」における無段変速機(CVT)の交換費用は以下です。

交換費用の平均値

N-BOXのCVT交換の一般的な費用は、約20万円から40万円程度とされています。

この範囲には、部品費、工賃、消費税が含まれます。

部品費

約15万円から30万円

工賃

約5万円から10万円

 

ディーラーと整備工場どっちがお得?

 

修理を行う際、ディーラーと整備工場のどちらに任せるのが良いのか?

これは本当に良い整備士に出会えるかにも左右されるところかと思います。

というのも、ディーラーと整備工場とでは、CVT修理に関して金額の差はあまり大きくどちらがお得というような差はないと考えます。

なので実際に修理に関して腕のあるエンジニアに修理をしてもらえるのか、またその修理後のバックアップに対してどれだけの安心感が持てるかの違いで選ぶのが良いでしょう。

例えば作業後の保証の有無であったり、車を預けなければならない時間の短さであったりと、様々な観点から総合的に選ぶのがおすすめです。

人手不足な整備工場だと4~5日預けて、実際に作業に取り掛かっているのは1日だけということも起こり得ます。

そういったことが不安であれば、しっかりと作業時間や納期も確認しましょう。

 

CVT故障車を高く売却する方法やコツは

 

CVTの故障は長年使い続けた経年劣化が多いです。

今後は他の箇所の故障も多くなっていくでしょう。

当然修理代もかかってしまい、維持費も高くなっていきます。

そうなると買い換えた方が結局安上がりな場合が多く、このタイミングで買い替えを検討される方も多いです。

そこで多く利用されるのが車の一括査定です。

 

当サイトからも一括査定サイトの利用がめちゃくちゃ多いです。

数ある一括査定サイトで最もおすすめのサイトは?と聞かれるとやはり【カーネクスト】でしょう。

正直、販売から10年以上経っている車や10万キロ以上走っている車、また今回のように故障している車は値段がつかないことが多いです。

でも車って実は再利用できるパーツも多いし、最悪、鉄やアルミなど資源として再利用できるんですね。

またカーネクストは海外に独自の販売網を持っているので、日本で値段が付かなくても需要のある海外に輸出することで高値が付くケースがあります。

通常の「廃車にして終わり」ではなくあの手この手でその車に価値を見出す努力をする、そしてその多数のルートがあるという点で当サイトではカーネクストをおすすめしています。

また当サイトで一番利用されているサイトもこのカーネクストです。

 

  • 車の一括査定にありがちな面倒くさい電話攻撃もありません。
  • 故障や事故で動かない車でもレッカー代無料です。
  • もし廃車になっても廃車手続きは無料で代行しています。
  • 自動車税の還付手続きも無料で代行しています。
  • どんな車も0円以上買取保証が付いてます。
  • 20秒で申し込みが完了します。
  • もちろん査定は無料なので一切損はありません。

 

査定したからと言って絶対に売らないといけないわけではありません。

まずはこちらで査定してディーラーやカーショップ、中古車販売店との値段の比較にお役立てください。

一切料金はかかりませんし簡単に査定が完了します。

 

20秒で超簡単に無料査定してみる>>

 

 

「cvt交換費用」に関連するよくある質問

CVTフルード交換費用はいくらですか?

CVTフルードの交換費用は、車種や整備店により異なりますが、一般的には8,000円から20,000円程度です。

軽自動車だと6,000円から8,000円程度です。

見積もりの比較やキャンペーン利用で、費用を抑えることが可能です。

CVTの寿命はどれくらいですか?

CVTの寿命は、使用状況やメンテナンスの頻度によって異なりますが、一般的には約10年または10万キロメートルとされています。

寿命に影響を与える要因

1.運転の仕方

急発進や急停車が多いと、CVTに負荷がかかり寿命が縮まる可能性があります。

2.メンテナンス

定期的なオイル(フルード)交換や点検を行うことで、寿命を延ばすことができます。

3.車種や製造年

車種や製造年によって、使用されているCVTの種類や品質が異なり、寿命に影響します。

CVTの寿命は一般的に10年または10万キロメートルとされていますが、20万キロ走れる場合もあります。

適切なメンテナンスが重要になります。

 

CVTが壊れる前兆は?

CVT(無段変速機)が故障する前に、いくつかの前兆が現れることがあります。

これらの症状に注意して、早期に対処することで大きな故障を防ぐことができます。

1. 異音
アクセルを踏んだときや走行中に異常な音(キーンとした音やガリガリとした音)がする場合があります。

2. 振動やショック
起動時や変速時に車が異常に振動したり、ショックを感じることがあります。

3. 変速の遅れ
アクセルを踏んでも、すぐには加速せず、変速が遅れることがあります。

4. 燃費の悪化
CVTの不具合により、燃費が著しく悪化することがあります。

5. 警告灯の点灯
トランスミッションに関連する警告灯が点灯することがあります。

6. 異臭
CVTフルードが焼けるなどして、異常な臭いがする場合があります。

上記の前兆が現れた場合は、早めにディーラーや整備工場に相談することをお勧めします。

初期段階での対応によって、大きな故障を防ぎ修理費用を抑えることができます。

 

CVTの故障の前兆となる音は?

CVTが故障する前に、特定の異音が現れることがあります。

以下の音がなったら故障の前兆かもしれません。

1. ホイーンとした高音
アクセルを踏んだ際や走行中に、ホイーンという高い音がすることがあります。
これは、ベルトやプーリーの摩耗によるもので、CVTの故障の兆候とされています。

2. ガリガリ・ガサガサとした異音
CVT内部の部品が摩耗や損傷を受けている場合、ガリガリやガサガサといった異音が発生することがあります。

3. クラッチの滑り音
加速時にエンジンの回転数が上がるのに対して、車速が上がらない場合はクラッチが滑っている可能性があります。
これは、CVTフルードの劣化や不足が原因で起こることがあります。

4. 異常な振動音
CVTの故障によ、異常な振動が発生しそれに伴う低い音がすることがあります。

 

これらの異音が現れた場合は、CVTの故障の可能性があります。
早めに整備店に相談して適切な対処や修理をしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

CVT搭載車種も増え、その分故障の仕方も様々となっている状況です。

異音が発生したりオイル漏れが起こったり、あるいは変速の異常が起きたりと様々です。

自身の車にいつどのような不具合が発生するかは分かりませんので、いざ修理が必要となった場合のイメージは持っておいて損はないでしょう!

タイトルとURLをコピーしました