車高調の持ち込みの取り付け工賃相場はいくら?オートバックスやタイヤ館、ディーラーの比較 まとめ

記事内にプロモーションを含む場合があります
車高調の持ち込み料金とは 車関連
この記事は約5分で読めます。

 

ストリートからサーキット仕様としての設定の他、主に「車高を落とす事を目的としたローダウン仕様」に於いても人気が高いとされてる車高調。

ただ組み付けとなれば専門的な知識や工具、あと作業場などが必須となり、一般的な素人にある作業環境ではなかなか難しい部分もあるでしょう。

となれば「専門業者による組み付け依頼」が最も王道とも言え、万全な作業体制はもちろんの事、安全面に絡む保証に於いても信頼が持てる環境と言えます。

今回はそんな「車高調の持ち込みの取り付けに対しての可否」から「それぞれの店舗(専門業者)による持ち込み工費」までを調査し、「持ち込み可能な店舗を探すコツ」なるものも余す事なく紹介していきます!

 

そもそも車高調を持ち込みで取り付けてくれる?

 

そもそもから「持ち込み自体をNG」としている事や、また「特別な条件(セール期間などでは作業不可となる場合)」を設けてる場合を除き、基本的には多くの店舗で「持ち込みによる取り付けは可能」となっています。

ただしその場合、「作業や製品に対するアフター補償」等は基本として対象外になる場合が多く、費用に於いても「購入店舗工費の約1.5~2倍」を相場として見なくてはなりません。

軽自動車などを例とした場合、店舗購入の取り付け工賃(約20,000円)との比較では「平均でも35,000円程」の割高となってしまいます。

 

・軽自動車、コンパクト:30,000~40,000円

・セダン、スポーツ:37,500~50,000円

・ミニバン、1BOX :45,000~60,000円

 

 

車高調の持ち込み工賃 タイヤ館の場合

 

主にタイヤ販売に特化しているタイヤ館の場合、残念ながら「車種毎に異なる手間のかかり具合」といった理由からも、工賃に関する費用内容の詳細については原則として公開しておりません。

つまり見積もりとしての目安にもなる基本工費を軸としながらも、結局は「実車を確認しての見積もり~作業」といったプロセスになるようですね。

先の項目(費用の目安となる内容)にも記述している通り、「軽自動車やコンパクトカーであれば40,000円、3ナンバー以上では50,000円、ミニバンや1BOXタイプなどでは60,000円まで」を見ておけば概ねカバーはできると考えられます。

 

車高調の持ち込み工賃 オートバックスの場合

 

カー用品店としては大手であり、「そのもの」に特化しない事で古くからの需要と人気を誇るとも言われるオートバックス。

先述したタイヤ館に続き、「車種毎の仕様」や「手間のかかり具合」といった関係上から明確とされる価格設定は無いとするも、店舗購入に限る基本価格(税込21,600円~)から「約1.2~1.5倍増し」が目安と考えましょう。

こちらに於いても先述したタイヤ館の例に続き「軽自動車・コンパクトカー/普通乗用車(3ナンバーサイズを含む)での平均工賃が40,000~55,000円程」であり、「ミニバンor1BOXタイプでは約50,000~60,000円程」となっております。、

「基本的には持ち込みも可能」と言えど、「取り付けを行う車種」や「車高調のメーカー・形式」は事前に伝えておくと良いでしょう。

 

車高調の持ち込み工賃 ディーラーの場合

 

ディーラーに於いては安全上始め、作業や品質保証の観点からも「オプションにて組み付け」となる以外、基本的としては「持ち込みによるパーツの取り付けは拒否されてしまう」と考えましょう。

ただディーラー中にも「社外パーツを用いたメンテナンス」などを積極的に行う所もあり、その場合は車高調の持ち込みを含む「社外パーツによるメンテナンス費用として工賃は必ず割高」となる場合が殆ど。

仮に車高調の持ち込みを受け付けて貰えるとしても、「何処よりも取り付け工費が割高」となってしまう事は十分に留意しておかなくてはなりません。

 

車高調の乗り心地ランキングをこちらの記事にまとめてみました^^

車高調の乗り心地ランキングトップ5!メーカーの一覧や乗り心地良くするには/まとめ
走りを重視したチューニングを初め、カスタムドレスアップとしてスタイル重視のカーユーザーからも多くの支持を得ている「車高調(車高調整式サスペンション)」。 店頭販売やネットショップ等、車高調自体への関心がなくともカーショップに出入りする事があ...

 

車高調の持ち込みオッケーなお店を探す方法とは

 

ネット環境が充実している現在、「検索機能を備えた専門ページ」からの「持ち込みによる取り付けの可否検索」は比較的容易であり、またそれらに関した専門的な情報も豊富であると言えます。

基本的には「ディーラー以外」であれば、カー用品店やチューニングショップ等の殆どで「持ち込みによる取り付け」を受け付けて貰えると見て良いですが、取り付けを検討する段階に於いては「まずはネット検索」から始めると良いでしょう。

またネットによる目星を付けたショップへの事前確認(持ち込みの可否確認)の他に、電話での直接の問い合わせ(詳細確認)」も有効な方法と言えます。

 

ダウンサスの持ち込み料金に関してはこちらの記事を参考にされてくださいね!

ダウンサスの寿命はどれくらい?取り付け工賃やデメリットとは!
車高が低い車ってカッコいいなって思いませんか? 車のイベントに行ってみると、車高が低い車が駐車場にたくさんあります。 街中でもよく見かけます。 何故みんな車高を低くするのでしょうか?理由は2つです。 1.かっこいい 2.もっと速く走りたい。...

 

まとめ

 

店舗購入での取り付けは「販売店としての信用を売る」他、「ユーザーにとっての安心」からポピュラーである上、最も理想的な手段と考えられます。

ただ予算の関係上、「工夫を凝らしている実状」と言った観点では両者(店舗購入時or持ち込み)の取り付け方法は表裏一体とも言えますが、「自分自身にとっての最善となる組み付け・設定」である事が何よりも重要。

今回の記事内容のみならず、「そもそもから持ち込みによる取り付けを拒否」している事の他に「店舗毎での変動する内容」等も自分自身で直接問い合わせ、そうして得られる「納得」こそが快適なカーライフを生むと筆者は信じています!

タイトルとURLをコピーしました