外車の車検は高い?費用の相場はいくら?ディーラーとオートバックスを徹底比較!

記事内にプロモーションを含む場合があります
外車の車検は高い? 車検
この記事は約5分で読めます。

 

そろそろ車検の時期だな、いくらかかるのかな?

または、外車を買いたいけど車検費用はいくらかかるんだろう?と気になるところですよね。

外車は車検費用が高いとよく聞きますが、その通りです。では何故費用が高いと言われているのか?

外車だから法定費用が特別にプラスされるわけではありません。

パーツ交換費用や車検基本費用がかさんでしまい、高くなってしまうのです。

愛車を長く乗るためにはきちんと整備した方が良いです。

しかし、少しでも出費を抑えたいという方へ、正規ディーラーさんとオートバックスさんの車検費用の違いをお話しさせて下さい。

 

車の売却をお考えならこちら!

当サイトで人気の一括査定サイトのランキングトップ5をまとめています。
愛車を少しでも高く売却したい方はこちらの記事をご覧ください。

車の一括査定ランキング!最もおすすめする一括査定サイト5選とは!
一括査定サイトが多くありますが、どのサイトを選べばよいか悩む方も多いでしょう。 一括査定サイトは、サイト内をよく見れば特徴やサービスが書かれています。 自分が気になる買取店が参画していることも重要ですが、サービスの内容も異なるのでよく確認す...

 

外車の車検は高いって本当?

 

外車に乗っている皆さんは、何処に車検をお願いしていますか?

正規ディーラーさんなのか、オートバックスさんなどのカー用品店なのか、お願いする工場によって値段が変わります。

何故なら正規ディーラーさんではメーカー専属のため、メーカー専用の診断機やSST(特殊工具)や、純正パーツを使用します。

メカニックはメーカーの研修を受けているので技術と知識に特化しています。

その為、工賃(技術料)が高くなるのです。

メーカーのプロフェッショナルメカニックが点検しているので、安心と安全も確保でき、何か起きたときでも保証があります。

 

外車の車検の費用相場はいくら?

 

車検にかかる費用は法定費用と車検基本費用とパーツ交換費用があります。

法定費用とは、車検に必ずかかる費用のことで3つあります。

1つ目は自動車重量税、2つ目は自賠責保険料、3つ目は印紙代です。

1つ目の重量税は500㎏ごとに区分され、重量によって料金が変わります。

最近ではコンパクトカーが人気なので、各外車メーカーが軽い車を作り、昔と違い重量税を抑えられるようになりました。

2つ目の自賠責保険は、大体2年の保険に入ります。

外車の区分はなく車種(自家用車、軽自動車、タクシー、レンタカー、オートバイなど)によって料金が設定されています。

3つ目の印紙代は、国に払う車検手数料です。

指定工場では車種問わず1200円です。

認証工場では5ナンバーや3ナンバーなどによって料金がかわります。

車検基本費用とは車検に必要な点検と、整備費用になります。

パーツ交換費用とは、パーツ代金と交換に付随するパーツ代金、それと工賃です。

費用の相場でいうと、1t未満で8万円位、1.5t未満で10万円位、2t未満で12万円位です。

車検基本費用とパーツ交換費用は整備工場により料金が変わります。

 

外車の車検代の安い所は?

 

車検費用を安く抑えるのであれば正規ディーラー店です。

目先の安さだけではオートバックスさんにかないません。

しかし、車の不具合が酷くなり、うちでは直せないから正規ディーラーさんで修理してもらって下さいと言われてからだと、修理代が跳ね上がってしまうことがあります。

正規ディーラーさんでは、車種ごとに壊れやすい箇所の把握をしていて、走行距離と使用年数でも見積もりを作ってくれます。

しっかり診てもらえるうえに、最低限整備しないといけない項目も教えてくれるので、長い目で見れば正規ディーラーさんが安いです。

 

外車車検のオートバックスの費用とメリットデメリットは

 

外車の車検はしてくれないところもありますが、オートバックスさんでは並行輸入車や一部の高級外車以外の外車の車検に対応してくれます。

店舗によっては対応していないので、お問い合わせして下さい。

料金は車検基本費用にプラス1万から2万円以内です。

オートバックスさんのメリットは安いことです。

デメリットは正規ディーラーと比べて整備品質が下がるのと、純正パーツを使わないことがあるのでパーツ不良で故障の再発や2次的不具合が発生する可能性があります。

不具合内容によって整備が完結できないこともあり、その場合はオートバックスさんから正規ディーラーさんへ整備依頼することもありますが、そうなると入庫期間が延びてしまいます。

 

外車車検をディーラーの費用とメリットデメリットは

 

正規ディーラーの費用は、車検基本費用とパーツ交換費用で少し高くなります。

メリットはメーカーの研修を受けているプロフェッショナルメカニックがいるので、安心と安全を確保できることです。

使用するパーツも純正のパーツを使い、保証もあります。

デメリットは、定期交換部品(走行距離や使用年数に応じた交換パーツ)や予防整備の為の見積もりで費用が高くなることです。

 

外車の車検は何年?

 

外車も国産車と同じです。

新車時で初回検査は3年、3年が過ぎたら継続検査で2年ごとになります。

レンタカーや貨物自動車登録にしても国産車と同じで、初回検査2年、継続検査1年になります。

タクシー登録も国産車と同じです。

初回検査、継続検査共に1年ごとです。

 

外車と国産車の車検費用の比較とは

 

外車も国産車も日本で走っていれば法定費用は同じです。

比較して変わるところは基本車検費用とパーツ交換費用が国産車と比べて高くなります。

基本車検費用では、外車特有の知識と技術だけでなく、メーカー専用の診断機やSSTを使用するからです。

パーツ交換費用では輸入するコストがあるうえに、純正パーツというブランドで費用が高くなります。

 

車検は通ればいいだけじゃない!

 

車の1年点検は健康診断、車検は人間ドックだと考えてみてください。

健康診断や人間ドックを受ける時に専門の人に診てもらったほうが安心しますよね。

車でも同じことです。

定期点検で整備する必要があるところを診てもらって直す。

信頼できる自動車メーカーのメカニックさんに診てもらう。

自分の車に愛があり、大切にしてきちんとメンテナンスするからこそ愛車です。

タイトルとURLをコピーしました