最新話ネタバレ

かぐや様は告らせたい【最新127話】あらすじネタバレと感想|終幕、二つの告白

2019年2月7日発売の週間ヤングジャンプ10号に掲載

かぐや様は告らせたいの最新話【第127話】『秀知院は後夜祭』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい前回あらすじ

ハートの風船をばらまき、四宮もスタンフォードに来てほしいと言う白銀

ほんの少し悩んだのち、わかりましたと答えるかぐや

怪盗を捕まえたものには褒美が出る話でしたよね?と問うかぐやに対し俺があげられるものならと返す白銀

そういった白銀の口にかぐやは自分の唇を重ねる

かぐや様は告らせたい【最新126話】あらすじネタバレと感想|白銀の願い、かぐやの想い2019年1月31日発売の週間ヤングジャンプ9号に掲載 かぐや様は告らせたいの最新話【第126話】『「二つの告白」後編』を読んだの...

かぐや様は告らせたい【127話】のネタバレ

後夜祭が盛り上がる中、伊井野は一人、巡回中

伊井野:盛り上がってるなぁ

 

 

時間は後夜祭が始まる少し前──

石上:先輩劇良かったです

つばめ:ホントっ? 嬉しい ありがとう

石上:(つばめ先輩に告るならこの後後夜祭…… って思ってたけど……)

つばめは下級生たちに囲まれて楽しそうだ

石上:(…… 流石に他の人を押し退けて先輩を独占する事は出来ないよな……)

その時石上は足元に落ちている何かを発見する

拾い上げるとそれはハートのキーホルダーのようだった

 

 

場面は再び後夜祭へ

女生徒:もしかしてさあの時計台の上に怪盗 居るんじゃない?

女生徒:どゆ事ー?

女生徒:風船があそこに向かうようにキャンプファイヤーの位置とか風の向きとか全部計算してたんじゃない?

女生徒:えー何のために?

女生徒:そりゃ誰かに告る為のシチュ作りでしょ

女生徒:あはは それはすごいロマンチックだけどあり得ないよ〜

女生徒:そんな計算できる人うちの学校でもトップクラスに頭いい人だけだし キャンプファイヤーの位置を変更できる権限持つ人なんて何人いるの?

女生徒:大体時計台への鍵持ってるの先生か生徒会の人たち位で〜〜

焦る早坂

 

 

一方その頃、会長を手伝っていた龍珠桃(りゅうじゅもも)は眠たげだ

校長:おやおや桃クン 随分と眠そうデスネ

龍珠:そういう校長こそ…

龍珠は白銀に手伝わされていた時のことを思い出す

白銀:なぁ龍珠 学校中のハートの風船を集めてこの大きな風船の中に入れたいんだけど手伝ってくれない?

龍珠:はぁ!?

龍珠:いやだよなんで私が……?

白銀:そうかよ恩知らずめ

龍珠:〜〜!!

一方校長も白銀が校長室にやってきた時のことを思い出していた

白銀:校長……確か俺には推薦文を2枚書いてもらう権利がありましたよね

校長:ええハイ

白銀:一枚余ったのでその権利を副会長に譲る事は出来ますか?

校長:…君が良いなら構いませんヨ

白銀:じゃあ四宮の推薦文書いといてくれませんか すぐ必要になるかもしれません

校長:えっすぐ……?

二人はぐったりしていた

 

 

その頃謎を未だ追い続ける藤原&マスメディア部

藤原:ここの筈なんですが

カレン:何にもありませんわ

カレン:まったく時間の無駄で……

カレンが本を押すとスイッチになっており、謎の部屋へと続く道が開かれる

全員:うっそーーーー!!

エリカ:見張り台…?

カレン:戦時の名残ですかね ここからどういう風景が……

双眼鏡で覗いた先にはキスをする白銀とかぐやがいた

当然白銀かぐや派のカレンは絶叫し心底幸せそうだ

 

 

キャンプファイヤーの周りの生徒達は白銀の仕掛けもあり盛り上がっていた

マキ:みーんな燃えちゃえばいいのにねー

柏木:マキちゃん

柏木:一緒にと踊ろ?

マキ:いい……彼氏と踊りなよ

柏木:私はマキちゃんとがいい

マキ:なんでよ

柏木:だって…こういうのは一番好きな人とやるものでしょ

マキ:翼くんよりも好き?

柏木:? 当然でしょ?

マキ:(困るのよね この子だけは 憎めない)

 

その頃見回りをしている伊井野の元に現れたのは石上

石上:よう やってんな

伊井野:石上……何の用?

石上:伊井野に渡したい物があって

石上が取り出したのはハートのキーホルダー

伊井野:えっ!?

当然、動揺する伊井野

石上:弓道場の近くに落ちてた 落し物は風紀委員にだろ?

伊井野:えっ……あ──……

石上:あとこれ撮っといたから

石上は後夜祭で楽しそうにする生徒達の動画を伊井野に見せる

石上:キャンプファイヤー皆すげぇ喜んでるから

石上:お前は見ておくべきだと思って

石上:こんな事他の奴には任せておけばいいのに 一番の功労者がこんなとこで……

伊井野:……ありがと石上

伊井野:皆笑顔だ 嬉しいね石上!

満面の笑顔を見せる伊井野

石上:……だな

かくして波乱続きの文化祭は終わりを迎える

そして

次なる波乱はこの時より始まっていた

ハートのキーホルダーを嬉しそうに眺める伊井野

『文化祭と二つの告白』編完

かぐや様は告らせたい【127話】の感想

前号は白銀とかぐや側のストーリーでしたが、今号は他の生徒会メンバーや生徒たちのエピソードが中心でした。

『文化祭と二つの告白』編はこれで終了とのことですが、最期に石上から落とし物とはいえもらったハートのキーホルダーにまんざらでもなさそうな伊井野…

これはもしかしたら石上と伊井野ルートもあり得るかもしれません。

かぐや様は告らせたい次号予告

石上は未だ、その意味も知らぬまま…。

次号、ひとまず日常へ──。

次回のかぐや様は告らせたい【第128話】掲載の週間少年ヤングジャンプ発売日は2月14日(木)です!

まとめ

かぐや様は告らせたい【第127話】秀知院は後夜祭のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

かぐや様は告らせたい【127話】秀知院は後夜祭を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ週間ヤングジャンプ第10号を購入するといいですよ。

U-NEXTで週間ヤングジャンプ第10号を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク