最新話ネタバレ

赤髪の白雪姫【月刊LaLa2月号103話】あらすじネタバレと感想!木々とヒサメが婚約…!!木々はゼンと共にウィラントに行けるのか…?!

2018年12月22日発売の月刊LaLa2月号に掲載

赤髪の白雪姫最新話【第103話】を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

これからネタバレを紹介していきますが、実は赤髪の白雪姫などの漫画を無料で読む方法もあります。

赤髪の白雪姫【103話】を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ月刊LaLa2月号を購入するといいですよ。

U-NEXTで月刊LaLa2月号を無料で読む

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫前回のあらすじ

決意を新たにするゼン。

ゼンのウィラント行きが決まり、木々たちは…?

赤髪の白雪姫【103話】のネタバレ

「ヒサメどの おはようございます」

「おはよう」

木々は、ヒサメと朝の挨拶を交わし、

ゼンがウィラントへ行くことに決まったことを告げます。

「木々どの、君も行くんだろ」

「私は…ヒサメどのと、父上に話をせねばなりません」

木々は、縁談中のままの状態で、ウィランドへ行くつもりはない

ヒサメに言います。

木々がさらに何か言いかけようとすると、ヒサメはそれを遮ります。

剣を抜き、ひざまずくヒサメ

木々に求婚します

お受け致します ヒサメどの

そう答える木々に、ヒサメは問います。

「……本当に?

受けたら瞬く間に婚約者になってしまうけど」

木々:「だからです。私とヒサメどのの場合、

そこからだと思うからです。

共に緩やかに進む為に出発は早い方がいいと」

ヒサメ:「ああ」

木々の言葉にヒサメは笑顔になります

ヒサメ:「いいね」

 

一方、ゼンミツヒデ

ゼンはミツヒデに、

ヒサメどのと木々との縁談が進みそうな状況について、

胸中はどうなのかと尋ねます。

「ヒサメどのとの関係も最近は悪くないから

以前のように威嚇していたい気持ちはない…。動揺も」

ゼン:「ほう」

ミツヒデは言います。

「ゼンも木々も始まりだと言って、本当に進んでみせるだろ」

「あの頃からずーと 二人は俺の宝だよ」

ミツヒデは笑顔をみせます。

寂しさと嬉しさで一杯だ

 

 

さて、出発の支度やらで大忙しの様子のゼンとミツヒデと木々。

そんな中、木々は

「私の縁談ですが」

「近々、両家で夜会を開いて婚約のお披露目をします。

二人は呼びませんが

と、何でもなさそうに言います。

ゼンが、なんで呼ばないのかと思わずツッこんでいると、

ヒサメが目通りにやって来たという連絡がきます。

 

ハッとするゼン。

木々、お前はウィラントに来られるのか?

 

ゼンにそう尋ねられて、木々は父たちとの会話を思い返します

 

父:「…そうか、ゼン殿下はウィラント城へ行かれるか」

父の前に座る木々の隣には、ヒサメもいます。

 

木々:「父上、アマキゼどの、私も共に行かせて頂けますか」

父は答えます。

「勿論だ。約束して欲しい将来の事はいくつもあるぞ」

「クラリネス王国に生きる一人として幸福を見落とさない事。」

「当主となった時には婿殿と共に側の者、

セイラン領の者達の心を理解し、支え守る事。」

「父と家の者達に時々顔を見せる事。」

今のお前ならば…

その時自分がいるべき場所もすべき事も自ら気が付けるだろう

それに従いなさい、木々

父の言葉聞いて涙を浮かべる木々

父:「だが、心の準備はいつでもしておくんだぞ

殿下の側を離れる時は必ず来る

木々:「…大丈夫です。その時の心は穏やかだろうと思います」

木々はまっすぐに前を見据えて言います。

ゼン殿下の側にはミツヒデがいます

 

…一人回想し終えた木々は、ゼンに返事をします。

お供します。殿下

 

ヒサメの謁見は、ゼンたちの出立を祝って、

宴席をもちたいので、暇があれば、訪ねに来て欲しいという内容でした。

ゼンは、ヒサメがそのことを言う為に、わざわざ訪れたことに

驚きます。

 

ミツヒデ:「一緒に行けて嬉しいぞ、相棒どの」

木々:「こちらこそ」

ゼン:「頼りにしてるぞ」

 

いよいよ、ゼンはイザナ陛下より、正式に

ウィラント領領主補佐を命じられます。

 

イザナ:「王国を支えゆく若い芽の手本となる事を期待している」

ゼン:「謹んでお受け致します 陛下」

 

場面が変わって、白雪オビ

二人は、王城から書状が届いたという知らせを受けるのですが…。

赤髪の白雪姫【103話】の感想

今月の表紙はカラーです!

ゼンと白雪のツーショットがいい感じですね♪

早く二人が一緒にいられる日がくるといいな

思わずにはいられません…!!

 

さてここにきて、ヒサメの好感度アップが止まりませんね!!

木々とヒサメの何ともいえないやり取り…。

頭がよくて、感情を素直にみせない二人。

そういう意味で、木々とヒサメは似たもの同士かもしれませんね。

素直な笑顔がみれると、なんだかホッとしてしまう二人ですね!!

 

正直、木々とミツヒデが、くっついてほしい気持ちが強かったけど、

木々がヒサメとの関係を深めていくのも、なんだか素直に応援できる

展開になってきた気がします!!

 

それにしても、さすがは木々のお父さん…。

「今のお前ならば…

その時自分がいるべき場所もすべき事も自ら気が付けるだろう。

それに従いなさい、木々」

…なかなか、娘に言えることじゃないですよね!!

 

さて次回は白雪&オビのターンになりますかね?!

続きがとっても楽しみです!!

赤髪の白雪姫次回の予告

一報を受けた白雪とオビの反応は…?

次回の赤髪の白雪姫を掲載の月刊LaLa3月号発売日は1月24日(木)です!

まとめ

赤髪の白雪姫【第103話】のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

赤髪の白雪姫【103話】を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ月刊LaLa2月号を購入するといいですよ。

U-NEXTで月刊LaLa2月号を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク