最新話ネタバレ

約束のネバーランド【115話】あらすじネタバレと感想!2人は敵?!クリスは助からない?

2018年12月10日発売の週間少年ジャンプ2号に掲載

約束のネバーランド【第115話】ジンとハヤトを読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

これからネタバレを紹介していきますが、実は約束のネバーランドなどの漫画を無料で読む方法もあります。

約束のネバーランド最新刊を無料で読みたい場合は、U-NEXTに登録したら無料もらえる600ポイントを使って今すぐ購入するといいですよ。

U-NEXTで約束のネバーランド最新刊を読む


約束のネバーランド前回のあらすじ

”ライオンのあご”に向かうエマ達年長者と年少者総勢55人。

敵に警戒しながらも目的地に向かう中で、年少の子ども達が手際よく食料を調達をする様子を見て、思った以上に成長している姿に驚きと感動を覚えるエマ達年長者。

そんな中、あと2、3日で辿り着くというところで、鬼の気配を感じて向かうと、そこには鬼に囲まれた見知らぬ人間2人が襲われそうになっているところだった。


約束のネバーランド【115話】のネタバレ

レイが、2人が何者なのか、なぜここにいるのか考えている隙に、エマが「助けなきゃ」とすかさず矢を取り出して構えたので、レイとドンもそれにならった。

鬼は、人間の一人が構えていた銛(もり)を破壊し、人間に襲い掛かった。その時、矢が鬼の急所を仕留め、4匹の鬼はあっという間に倒れた。

背が低く頭に布を鉢巻のように巻いている少年と、髪を上の方で束ね、布で鼻と口を覆っている少年の2人が居た。

2人が驚いていると、レイは頭に布を巻いている少年の後頭部に銃口を向けて言った。

「動くな。何者だ。ここで何してる」

エマとドンももう1人に向けて銃を構えていた。

レイが、周りに他の仲間の気配もなく、ラートリー家の罠でもない、だとしたら敵か味方か・・・と考えている間に、レイに銃口を向けられている少年は急にレイの方に向き直りしゃがんだ。

「ありがとうございましたァ!!」

急に土下座をしたのだ。

「こわかった~~~!!もう本当に死ぬかと思った、食われるかと思った~~!!本当にありがとう、ありがとうございます!!」

少年がエマに泣きつくと、もう1人の少年が

「オイ、馬鹿野郎、離れろ!!命の恩人に失礼だろうが!!」

と言った次の瞬間、2人が何かに気付いた。

2人「人間!!?」

レイ&ドン「遅エよ!!いまさら!?」

レイとドンが2人にツッコむ。

2人「すみません!!これはまたご無礼を!!」

レイ&ドン「バッ・・・!声がデカイ!!シー!敵に気づかれる」

エマが2人に何者か、何をしているのかと尋ねると、布で顔を覆っている少年が言った。

「俺はジン、こっちはハヤト。詳しくは言えないのですが・・・俺達はある人の下で任務を・・・それで・・・」

ジンが話していると、ハヤトがエマの首の数字の印に気づいて叫んだ。

「あ~~~~~っ!!ジン!!この人達だよ、ヤベェマジだ!!GF(グレイスフィールド)の脱走者!!」

「俺達はあなた方を探していたんです。W・ミネルヴァの命令で!!」

 

場所は変わってエマ達の仲間が待っている場。

ハヤト『やっべー!!マジ脱走者だ、超カッケー』

ジン『俺なんて傷の手当てしてもらったーヤベー!!!』

ハヤト「ありがとうございます!!自力で出てくるとかマジ皆さんリスペクトっす!!」

エマ達は、2人のボスはミネルヴァで、たった半年でいくつもの農園を潰し、何百もの食用児を救い出し束ね上げ、一大集落を築いていることを聞く。

ハヤト「俺達もボスに救われた。全員(みんな)救われたんです・・・!」

ハヤトの胸の印を見て、アダムの印と似ていることに気づく年少者。

2人は放送が届いたかどうかをエマ達に尋ねた。放送の後にシェルターが襲われたことを知ったミネルヴァは、心を痛めエマ達の力になりたい、また力を借りたいと、2人に偵察を頼んだのだという。

オリバーが放送を聞いたことと、今その場所に向かっていることを伝えると、

ジン「是非我々に案内させてください。我々のアジトへ!!アジトには食料も休む場所も薬や医療設備もあります。ケガ人の治療にも万全です」

何個も農園を潰しているのに鬼やラートリー家にそのアジトはバレていないのかというギルダの質問に、ジンは強い味方が守りを固めているし、今まで敵の襲撃を受けたことはなくまさに楽園だと言った。

ハヤト「何より、あの人がいれば、ボスがいれば俺達は無敵なんです」

子ども達は嬉しさをにじませ、エマも少し安堵の表情を浮かべた。

エマは、電話の主が本当にミネルヴァだったこと、ミネルヴァが生きて無事だったこと、この世界にまだ味方がいたことを心強く思い、もうじき会えることに心を弾ませた。

しかしレイはまだ何か疑っている表情をしており、ドンもそれを汲み取った。

レイ「なぁジン。アジトはここからどのくらいだ」

ドン「えーと何だっけ”キリンの首”?からは近いのか?」

ハヤト「?”ライオンのあご”ですよ?」

”ライオンのあご”は中間地点で、アジトは更に2日ほど歩いた先にあり、正確な場所は一部の仲間しか知らないというジンに、レイは彼らも食用児で放送のことも”ライオンのあご”のことも知っていることを確認し、2人の話は嘘じゃないと判断した。

レイ「疑って悪かった。是非案内を頼みたい」

ジン「お任せを」

エマ「よろしくお願いします」

ジン「ではルートの説明を。ここから直接アジトへ向かえば3日で到着します」

エマはシェルター襲撃時に深手を負って今も動けないクリスを励まそうとクリスの傍に寄った時、クリスの異変に気づきクリスの名を叫んだ。

サンディ「大変だ!クリスの容態が急変してる!!呼吸が浅い・・・!脈も!!それに酷い高熱だ!」

年長者達はムジカの薬はすでに塗っており、感染症を起こしているなら一刻も早く処置をそなければならないが、抗生物質はもう使い切ったと口々に言った。

ザック「まずい・・・このままではクリスは助からない・・・薬がある所まで今のクスリじゃ体がもたない。明日の朝までもつかどうかも・・・」

レイ「打つ手なし・・・だと?」

エマが絶望の表情でクリスの前に座っていると、ハヤトが言った。

「まだ手はあります。諦めちゃダメです」

教えて、どんな手でもいいとエマ達年長者はハヤトに詰め寄った。

「農園です。この近くに1つ農園がある。そこでクリスを救う薬を盗むのです。さぁ手引きします。農園へ潜入しましょう」


約束のネバーランド【115話】の感想

とりあえず2人が味方で良かったですが、ミネルヴァはなぜ弱そうな2人を偵察に出したのでしょうか?謎です。謎と言えば、ハヤトの胸にあった、アダムの胸の印と似た刻印も気になります。

ミネルヴァは本当に味方なのか、まだまだ分からないですね~。

とにかく、次回は農園に潜入しなければならなくなりました。薬を盗むだけでなく、エマあたりがその農園の子ども達も助けたいとか言い出しそうですね・・・。


約束のネバーランド次号予告

いざ、決死の潜入作戦・・・!!

次回の約束のネバーランドを掲載の週間少年マガジン発売日は12月17日(月)です!

まとめ

約束のネバーランド【第115話】ジンとハヤトのネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

約束のネバーランド最新刊を無料で読みたい場合は、U-NEXTに登録したら無料もらえる600ポイントを使って今すぐ購入するといいですよ。

U-NEXTで約束のネバーランド最新刊を読む

漫画が無料で読めるオススメサービス
  • U-NEXT

    U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス。 31日間無料トライアルで600ポイントプレゼント。 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題。 漫画をはじめとした電子書籍も充実でスマホアプリも使いやすいです。 漫画購入費用のポイントバックが40%と他サービスに比べて破格。 漫画などの電子書籍と合わせてアニメなどの動画も見放題で楽しみたい人にはオススメのサービスです。
  • music.jp

    music.jpは動画や電子書籍に加えて音楽配信が充実。 30日間無料お試しで合計2462ポインポイントをプレゼント。 無料トライアル終了後は合計で4922円分のポイントを毎月プレゼント。 KADOKAWA作品の電子書籍を取り扱っている動画配信サービスはmusic.jpだけ!
  • FODプレミアム

    FODプレミアムはフジテレビが提供する動画配信サービス。 フジテレビのドラマの多くが見放題となっているので、ドラマを楽しみながら、原作漫画を電子書籍を楽しみたい人にはうってつけ。