最新話ネタバレ

TIEMPO【最新24話】あらすじネタバレと感想!ボールコントロール

2019年2月21日発売の週刊ヤングジャンプ 2019 No.12号に掲載

TIEMPO【第24話】主導権を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。


TIEMPO前回のあらすじ

対西浦高校

柚樹のユニフォームは中学時代と同じ16番

西浦高校はハイプレスでペースをつかんでいくが、家城の落ち着いたプレーで攻撃に転じる

TIEMPO【最新23話】あらすじネタバレと感想!楽にいこうよ2019年2月14日発売の週刊ヤングジャンプ 2019 No.11号に掲載 TIEMPO【第23話】序盤戦を読んだのであらすじとネ...

TIEMPO【24話】のネタバレ

家城のロングパスから右サイド太刀川へ。

家城:「行けるぞ。太刀川。勝負!!!」

太刀川は右サイドを駆け上がりディフェンスにきた西浦高校を切り返して中へ侵入。

ただ、切り返しにも西浦高校のディフェンダーは反応し辛うじてボールに触る。

ボールが流れてゴール前に転がる。

西浦のCBのカバーが早く西浦高校のボールになると思われたが太刀川のスピードの方が速くそのまま中に侵入

春日高校は2VS1の状況を作り出し、パス。シュートどちらもいける状態まで持ち込んだ。

太刀川が選択したのはシュート。

しかし、それに竜胆が立ちはだかりシュートすらさせてもらえず攻撃失敗。

一連の動きを見たスカウト陣は確信する。

どうやら竜胆のふくらはぎの心配は全くなさそうだな。

今日の竜胆があの調子ってことは・・・番狂わせはなさそうだ。

春日高校のベンチ。

柚樹の隣にきた2年の花巻。

花巻:「今日の西浦から得点を取るのはかなり難しそうだね。あのハイプレスを攻略しないと」

柚樹は花巻と話しをしていたがふとスタメンではないのが気になった。

しかし花巻は一昨日軽く足首を捻り大事をとって休んでいたのだ。

春日高校は徐々にハイプレスになれ早いテンポでパスをまわしていた。

それを見たスカウト陣は、

「あくまでハイプレスをパスでかいくぐるつもりか、無謀としかいえないな。」

相手陣地での攻撃ならともかく自陣内でのパス回しなので一瞬で相手ゴールに近づくのが理解できない。

ただ柚樹はゲームを支配しているのは春日高校というのを理解していた。

ことごとくハイプレスをかわし続けているのは、パススピード、判断スピードも次元が違った。

ポジショナルプレーはチーム全体でボールを握ること。

相手のフィジカルがどれだけすごくてもどれだけ人数をかけてボールを奪いにきてもボールだけは失ってはならない。

このチームで試合にでることはどこよりもハイレベルなボールコントロールを要求される。


TIEMPO【24話】の感想

西浦高校のハイプレスを徐々に制圧し自分たちのペースにしていっています。

ポジショナルプレーで重要なことがボールコントロールというのを目の前にしてベンチ含め気持ちが高まっていってます。

それに気づいた柚樹たちの今後が楽しみです。


TIEMPO次号予告

俺たちが今やってるあのクソ地味な練習の先は

ここに繋がっているのか。

次回のTIEMPOを掲載の週間ヤングジャンプ発売日は2月28日(木)です!

まとめ

TIEMPO【第24話】主導権のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

TIEMPO最新話を無料で読みたい場合は、U-NEXTに登録したら無料でもらえる600ポイントを使って今すぐヤングジャンプNo.12を購入するといいですよ。

U-NEXTでヤングジャンプ No.12号を読む

漫画が無料で読めるオススメサービス
  • U-NEXT

    U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス。 31日間無料トライアルで600ポイントプレゼント。 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題。 漫画をはじめとした電子書籍も充実でスマホアプリも使いやすいです。 漫画購入費用のポイントバックが40%と他サービスに比べて破格。 漫画などの電子書籍と合わせてアニメなどの動画も見放題で楽しみたい人にはオススメのサービスです。
  • music.jp

    music.jpは動画や電子書籍に加えて音楽配信が充実。 30日間無料お試しで合計2462ポインポイントをプレゼント。 無料トライアル終了後は合計で4922円分のポイントを毎月プレゼント。 KADOKAWA作品の電子書籍を取り扱っている動画配信サービスはmusic.jpだけ!
  • FODプレミアム

    FODプレミアムはフジテレビが提供する動画配信サービス。 フジテレビのドラマの多くが見放題となっているので、ドラマを楽しみながら、原作漫画を電子書籍を楽しみたい人にはうってつけ。