最新話ネタバレ

TIEMPO【最新23話】あらすじネタバレと感想!楽にいこうよ

2019年2月14日発売の週刊ヤングジャンプ 2019 No.11号に掲載

TIEMPO【第23話】序盤戦を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

スポンサーリンク

TIEMPO前回のあらすじ

春日高校と西浦高校の試合前のアップ中

キャプテンと千住。朝美と夏目。

至る所で試合前のバトル勃発。

TIEMPO【最新22話】あらすじネタバレと感想!プレーで語り合う2019年2月7日発売の週刊ヤングジャンプ 2019 No.10号に掲載 TIEMPO【第22話】フットボリスタならを読んだのであ...

TIEMPO【23話】のネタバレ

試合前。マネージャーからユニフォームを手渡される柚樹と朝美。

その番号は16番。

柚樹:「中学の時と同じ番号だ・・・」

感傷に浸る柚樹にキャプテンは、

キャプテン:「予め言っておきますが、それを着る機会はないと思います。今日の試合で君たちを使う予定は基本的にありません。」

その言葉に噛みつく朝美。

朝美「だったらなんでAチームに上げた」

キャプテン「一番近くで感じてもらいたいんです。僕らの熱と覚悟を。他の試合だったらわざわざこんなことはしません。今日の試合は特別なものになりそうですから」

朝美「そこまで言うなら徹底的に叩き潰せ。わざわざ俺が出る必要もねーって思わせてみろよ。ふざけた試合しやがったらメガネカチ割ってでも出てやる」

朝美からの激励を背にキャプテンはピッチに向かう。

春日高校(4-2-3-1)

GK:①則松

DF:⑤宇野(SB)⑬金井(CB)④會沢(CB)③峰尾

MF:⑦家城、⑥藤ヶ谷

MF:⑪太刀川、⑧間瀬、⑨伊藤

FW:⑮野田

試合前の両校キャプテンによる握手。

竜胆:「彼がお前の言っていた元チームメートか」

千住:「挨拶してみて第一印象は?」

竜胆:「別に何も感じないな。お前にとっては旧友との再会で意味のある試合なんだろうが、俺にとっては調整試合にすぎない」

竜胆:「いつも通りプレーしていつも通り勝つだけだ

ピーッ。

試合開始のホイッスル。

いきなり前から奪いにきた西浦高校。

戦術の柱のハイプレス。

相手に時間の余裕を与えずにゴールの近くでボールを奪って一気にシュートに持ち込む。

極端なまでに攻撃的なスタイル。

春日高校のパスカットをする西浦高校。

千住:「まずは3分で先制点を貰おうか」

カウンターを素早くタックルで阻止する家城。

家城から大きく前線にパス。

TIEMPO【23話】の感想

いよいよ試合が始まりました。

キャプテン・・・要。要と呼ばれてましたが下の名前だったんですね。

柚樹と同じボランチの家城のプレーが光った序盤戦。今後も楽しみです。

TIEMPO次号予告

家城:「あがるぞ」

序盤、主導権を握るのは。

次回のTIEMPOを掲載の週間ヤングジャンプ発売日は2月21日(木)です!

まとめ

TIEMPO【第23話】序盤戦のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

TIEMPO最新話を無料で読みたい場合は、U-NEXTに登録したら無料でもらえる600ポイントを使って今すぐヤングジャンプNo.11を購入するといいですよ。

U-NEXTでヤングジャンプ No.11号を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク