最新話ネタバレ

青楼オペラ【ベツコミ2月号・最新43話】あらすじネタバレと感想!ついに惣右助の姉、朝明野が身請けを…!茜の両親殺しの犯人捜しは振り出しに…?!

2019年1月12日発売のベツコミ2月号に掲載

青楼オペラの最新話【第43話】を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

青楼オペラ前回のあらすじ

ついに一線を越えた惣右助と茜。

2人にとっ最初で最後のお泊りの朝を迎えたけれど・・・?!

 

青楼オペラ【ベツコミ1月号・番外編】あらすじネタバレと感想!惣右助&茜。2人がうたたねこに?!2018年12月13日発売のベツコミ1月号に掲載 青楼オペラの最新話【番外編】を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早く...

青楼オペラ【第43話】のネタバレ

初めて二人で過ごした夜が明けます。

先にそっと起き出す茜

隣には惣右助がまだ寝てます。

茜は寝ている惣右助の頬を優しくなでます。

 

…惣右助が、ハッと目を覚ました時には、茜の姿はもうありませんでした。

「…くそ」

最後まで夢みてェなこと……

部屋に置いていかれた惣右助は悔しそうに言います。

 

曙楼に戻ってきた茜。

ちょうど利一に出くわします。

「今宵はずっと朝明野さんの部屋にいらしたのでは…」

顔を赤らめる茜をみて、利一は茜が若旦那と逢瀬していたことを勘づいた様子。

逃げ去る茜に、利一は何も言いはしません。

茜は思います。

(朝になって湯を使ったら、肌や髪についたあの人の残り香が流れてしまう)

(でもからだが覚えている あの人がつけた傷 愛しくて痛い――)

(忘れないわ 忘れられない……)

 

翌日は、朝明野の身請けの日。

総籬のお職の身請けとあって、盛大にも催されます。

 

そんな中、朝明野は茜に耳打ちします。

「まさかおまえが 間夫をこさえる日が来るとはね」

間夫と言われて、慌てふためく茜に、朝明野は真面目にいいます。

「あの子を捨てて おまえがこれから行く道は 寒くて淋しいものになるだろうよ」

「けど昨夜のことは行火になる」

懐に抱いて行きなんし

涙目になりながら「はい」と返事する茜。

そこへ内儀さんが、籠が到着したと、朝明野を呼びにきます。

こうして朝明野は、吉原の門の外へと去っていきます。

 

 

朝明野の代わりとして、嬉野姉さんが茜たちの面倒をみてくれることになります。

面倒といっても、茜の突き出しの世話をすればいいだけだという嬉野に

「あ あの…」と言いかける茜。

嬉野は、「あんたもかえ」と言い、

朝明野さんに紫に続いて、茜まで身請けとなると

内儀さんも渋るだろうから、身請け金が高くつくかもしれないが、

近江屋の若旦那なら、女房に金は惜しまないだろうと言います。

そういわれて、茜は困ったように表情で微笑みます

 

人通りを眺めながら、店の外を歩く茜。

気が付くと目が惣右助を探してしまっていることに気づいて、一人顔を赤らめます。

(行火というより 胸の奥で 埋み火が消えずに 熱いままで…)

(風が吹いたら 燃え上がりそう…)

惣右助の香りがするような気持ちになって、振り返ると本当に惣右助が立っていました

「よう」

は動揺を隠そうとしたためか、転びそうになります。

思わず惣右助が抱きしめますが、

「はな…っ」と茜が叫ぶと、惣右助は手を放します。

動揺する二人。

 

そこに真木村先生が、例の中村の件が全て落着になったという報告しにやってきます。

 

後任は三橋様になるということ。

中村も隠すことなく、疑いのかかったすべての不正について認めたけれど、

永倉家当主の暗殺については最後まで否認したというのです。

もし、茜の両親が中村と関係なく、ただの賊に襲われただけということになれば、永倉家の再興は叶わないと言う真木村先生。

青ざめ、うつろな表情の茜と利一

惣右助も焦る表情をみせますが、あることに気づきます。

(そうなりゃ 茜は――…)

…惣右助の胸に、一筋の期待の光が灯るのでした。


青楼オペラ【第43】の感想

ついに朝明野姉さんが、身請けされましたね!!

なんだか凄く寂しくなりますね…!

いつも毅然としていた茜が、惣右助と一夜を過ごしてから、

急にオナゴっぽくなりましたね!!

利一としては、何とも言えない複雑な気持ちでしょうね!

 

それにしても、あの中村が、永倉家当主暗殺に関しては関与してないなんて…。

ならば誰が…?!

茜の両親殺しの真犯人探しは振り出しに戻ってしまって、

これではお家再興が叶わない可能性も出てきてしまいました。

でも茜が武家娘に戻れなくなれば、惣右助としては身請けすれば、茜と添い遂げれるわけです。

惣右助に肩入れするわけじゃないですけど、茜はもう惣右助と添い遂げたらいいんじゃないかと私は思ったりしますが…。

でも、ここまで犯人捜しをしてきて、犯人不明のままで話は終わらないでしょうからね!!

というわけで、ここからは完全に私の予想ですけど、

もしかして、もしかして、真犯人って、許嫁だった誠二郎もしくは誠二郎絡みなんじゃ…??!

実は始めの頃からずっと思っていたのですが、外れてたらひどい失言になりそうな予想ですよね…!

先に謝っておきます。すみません…。

青楼オペラ次号予告

お家再興が叶わなければ、茜は武家娘には戻れない…。

一度は諦めた若旦那惣右助の夢に、一筋の光が…。

次回の青楼オペラを掲載のベツコミ3月号発売日は2月13日(水)です!

まとめ

青楼オペラ【第43話】のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

青楼オペラ【第43話】を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐベツコミ2月号を購入するといいですよ。

U-NEXTでベツコミ2月号を無料で読む