最新話ネタバレ

コウノドリ最新話【282話】ネタバレと感想!サクラのピンチにやってきたのは!?

2019年4月18日発売の週刊モーニング第20コウノドリの最新話【第282話】『帰還』が掲載されました。

コウノドリの最新話【第282話】『帰還』のネタバレと感想をお伝えします。

*ネタバレ注意です!

この記事では文字だけでネタバレしています。

ネタバレを読むより先に絵付きで漫画を楽しみというあなたにはU-NEXTで今すぐモーニング第20号を無料で読む方法がおすすめです。

▼31日間無料キャンペーン中▼

無料期間中に解約すればお金はかかりません

スポンサーリンク

コウノドリ前回までのあらすじ

証拠保全のため、裁判官や仲川弁護士がペルソナ病院へと来訪した。

順調に進む調査保全だが、カンファレンスは開いたものの病院側はその記録を残しておらず、その点を記録しておくよう仲川は裁判官に求めるのだった。

一方で院長は今回はカルテや記録にやましい部分はなく、「むしろ証拠保全してれてよかった」「君のせいじゃない」とサクラに言うが、サクラの様子がおかしくなってしまう。

サクラは気になる状態の妊婦を他のメンバーに任せ、小野田さんの店の前で泣きそうに顔を歪めるのだった。

コウノドリ【最新話282話】『帰還』のネタバレ

ベイビーのピアノが…?

サクラはベイビーとしてステージに立ち、いつものようにピアノを弾いていた。

しかし、頭に幸せだった小野田さん夫婦の笑顔や救えなかった彼女のことが頭に浮かび、その手が止まってしまう。

ステージを降りてしまったサクラに「まだライブ始まったばっかりっすよ」と声をかけるケンタロウだが、サクラはウィッグを外し「ピアノが弾けないんだ…」と謝るのだった。

サクラの様子がおかしい?

病院で、いつものように小松がサクラに「次の妊婦さん呼ぶよ」と声をかけたが、ぼんやりと考えごとをしているようで返事がない。

ゴローはそんなサクラの最近のことを加瀨や下屋に話し「鴻鳥先生の様子が変だ」と相談していた。

加瀨は「やっぱり裁判所が証拠保全に来たのがこたえたんじゃないか?」と言うが、ゴローは資料にやましい部分はなく証拠保全はかえってこちらに非がないことの証明になると皆が言っているのに…と納得できない様子だ。

しかし下屋は「そういうことじゃないと思う」と言い、サクラはこれまで患者さんや家族との信頼関係を一番大切にしていたこと、裁判所が証拠保全に来たことでそれが崩れてしまったのでは…と言うのだった。

一本の電話

院長室では院長が誰かに電話をかけている。その内容は最近あった証拠保全のことについてだ。

院長はもし裁判になることになってもウチが負けることはないから平気と言いつつ、「鴻鳥先生がペルソナをやめちゃうんじゃないかって心配なんだよね~」と電話の相手に言う。

「彼ほど優秀な産科医を見つけるのは、さすがの私でもちょっと大変だから」と院長は言い、それから「近くに来た時はいつでも顔だしちゃってよ」と電話を切るのだった。

小野田さんと仲川弁護士

かなん法律事務所では、仲川弁護士が証拠保全のことについて小野田さんご主人に説明していた。

死因について病院側はカンファレンスを開いていたが記録を残していなかったようだと仲川が告げると、「やっぱりペルソナは何かを隠しているんですよ」とご主人は断言する。

カルテや書類は現在裁判所にあり、2週間後にコピーが仲川のもとに届く。そして他のドクターの手を借りて資料を見てもらうのだと仲川は説明する。

その医者は信頼できるのかと心配するご主人に、仲川は「同業者である医師のミスを決して許さないという信念を持った方です」と説明し、ペルソナにミスがあれば必ず見つけてくれると話す。

医療ミスがあればどのように追及するか検討、方針を決めたらペルソナ宛てに弁護士がついた旨を伝えて示談や裁判になる。ミスがなかった場合はまたどうするかを一緒に考えましょうと仲川は今後の流れを説明していく。

しかしご主人は「絶対ミスがありますから…じゃなきゃおかしいんだ」と言うのだった。

家に戻ったご主人は、「もうちょっとでお前と赤ちゃんの無念を晴らしてやるから」と仏前で誓うのだった。

四宮先生来訪

院長はある人物の来訪に、「この前電話で話したばっかりなのに、もう来ちゃったわけ?」とわざとらしく言う。

その相手は講習会のため東京に来ていた四宮だった。

ナースステーションでは、明日までの紹介状と生命保険の書類が書けていないと事務方に言われたと、小松がサクラを探していた。

やっぱり変ですね…と話す倉崎たちの後ろから「確かに変だな」と四宮から声がかかり、予想していなかった人物の登場に皆は驚く。

四宮は「サクラは今どこにいるんだ?」と尋ねるのだった。

コウノドリの最新話や最新刊が無料で読めますよ!

以上、コウノドリ【第282話】『帰還』のネタバレを紹介しましたが、やっぱり今回のコウノドリの緊迫感や皆の表情など、絵を見ながら読みたくなったのではないでしょうか?

U-NEXTを使えば無料登録と同時に600Pがもらえるので、きのう何食べた?最新話が掲載されているモーニング第20号や コウノドリ 最新刊を今すぐ無料で読むことができます。

今回のコウノドリを読みたいと思ったらぜひ試してみてください。

▼31日間無料キャンペーン中▼

31日間の無料期間中に解約すればお金は一切かからないので気楽に試すことができますよ。

見放題のアニメや映画もたくさんあるので無料期間中にたっぷり楽しんでくださいね。

コウノドリ最新話【第282話】『帰還』の感想

医師としてだけじゃなく、ベイビーとしてもピアノが弾けなくなってしまうサクラ、その表情もこれまでに見せていたものとはまったく違い、どこかうわの空です。

病院をやめてしまうんじゃないかと院長が心配するのもわかるくらい、サクラの様子がおかしくなってしまい読者としてはハラハラしてしまいます。

しかし、小野田さんのご主人も今はかたくなになってしまっているけれど、小野田さんへの思いから動いているのがわかる分、こちらもその気持ちがわかってしまうため複雑です。

とはいえ、ラストにはサクラのピンチに彼の友人でありライバルだった四宮先生が駆けつけてくれました!

今回は対面するところまではいきませんでしたが、次回はおそらく四宮とサクラが直接話す回ですね。これでサクラの心が少しでも楽になってほしい!次回が待ちきれません。

コウノドリ次号予告

次号、サクラの去就は…?

次回コウノドリ掲載のモーニング第21・22合併号は4月25日発売日予定です。

まとめ

コウノドリ最新話【第282話】『帰還』のネタバレと感想をお届けしました。

文字でネタバレをお伝えしてきたのですが、やっぱり実際にストーリーの緊迫感や表情の変化のわかる絵と一緒にコウノドリを楽しみたくなったのではないでしょうか?

今回サクラが浮かべるのはどれもこれまで見たことがない、切なく苦しみが伝わってくる表情です。特に、カラーでベイビーとしてのサクラが弾けなくなる瞬間の描写から本当にサクラの苦しみや悲しみが伝わってきます・・・ぜひ絵でベイビーとしてのサクラが弾けなくなる瞬間の描写を見て欲しいです!

以前は漫画が読みたくなったら漫画村などの無料サイトに探しにいけばよかったのですが、今は国が乗り出して規制を強化しているのでなかなか無料サイトで読むのは難しいです。

 

ですが、最近は電子書籍サービスのサービス内容が充実してきているので、無料サイトに頼らなくても実質無料で漫画が読めるようになってきました。

 

上で紹介したU-NEXTはそんな電子書籍サービスの中でも品揃えがよくて使いやすいサービスなので一度無料で使ってみてはどうでしょうか?

▼31日間無料キャンペーン中▼

31日間の無料期間中に解約すればお金は一切かかりません

スポンサーリンク
スポンサーリンク