最新話ネタバレ

コウノドリ【285話】ネタバレと感想!マコの本当の望み、シンイチの出した答えとは!?

2019年5月16日発売の週刊モーニング第24コウノドリ【第285話】が掲載されました。

コウノドリ【第285話】のネタバレと感想をお伝えします。

*ネタバレ注意です!

この記事では文字だけでネタバレしています。

ネタバレを読むより先に絵付きで漫画を楽しみというあなたにはU-NEXTで今すぐモーニング第24号を無料で読む方法がおすすめです。

▼31日間無料キャンペーン中▼

無料期間中に解約すればお金はかかりません

コウノドリ前回までのあらすじ

協力医の出した答えはペルソナに医療ミスはなく小野田さんの死因は不明とのことだった。

今回裁判を起こしても勝てないと告げる仲川に、納得のいかないシンイチは負けてもいいから訴えてほしいと要求する。しかし仲川自身も、かつて母の死の医療ミスの可能性を父が弁護士に訴え、否定された過去を持っていた。

仲川は「奥様が望んでおられるのは、ご主人が前向きに進んでほしいということでは亡いか」とシンイチに言い、弁護士として医療ミスのない病院を訴えることはできないと告げるのだった。

コウノドリ【284話】ネタバレと感想!協力医の結論は?仲川の過去とシンイチのこれから2019年5月9日発売の週刊モーニング第23号にコウノドリの【第284話】が掲載されました。 コウノドリの【第284話】のネタバレ...

コウノドリ【285話】のネタバレ

これからのこと

シンイチの父は、四十九日をとっくにすぎているのに散らかった部屋や店を閉めたままでいるシンイチを心配し、「もう店を引き払って実家に戻ってきたらどうだ」と声をかけるの。

一方で、この一見から手をひいた仲川はそのことについて富田と話をしていた。

確かにこのまま続けたら小野田さんの負担が大きいからと納得する富田に、確かにそれもあるが今回のケースではペルソナに過失がなく「訴えること自体無理だよね」と仲川。

しかしそれでシンイチは納得するのかと言う富田に、過失の有無に関係なく別な弁護士に頼んで訴えることはできるとして、「そのときは変な弁護士に引っかからなきゃいいけど」と仲川は心配するのだった。

優しかったマコの望み

マコさんの遺影の前でシンイチは花を全部からしてしまったことを謝り「もうこの店閉めるよ…」と報告する。

義母に彼女の死因はわからなかったと謝るシンイチだったが、返ってきたのは 死因は知りたいし受け入れるには長い時間が必要だけれど、ちょっとずつ私たちも前に進まなきゃというものだった。

そんな義母に、ペルソナに医療ミスがあったのは確かなはず、もっといい弁護士を見つけて絶対マコの恨みを晴らしますから!と主張するシンイチだが、もう十分と言われてしまう。

「マコは誰かを恨むような子じゃなかったから、きっと今のシンイチさんを1番心配していると思う」とマコの写真を持ち涙ぐむ義母の言葉に、シンイチは衝撃を受けるのだった。

もう少しだけここで…

NICUの前にたたずむサクラに今橋が「気になるベビー(赤ちゃん)がいるんですか?」と声をかける。

「ただここにいる子たちの顔が見たくなって」というサクラの言葉に「わかりますよ。私たちは毎日命にかかわる場所で働いていますからね」と今橋。

「私だって小さな命を救えなかった時は自分の無力さを感じますし、命をなくしたご遺族と医師に溝ができてしまうのは仕方ありませんが…それが深まってしまったときは、医療から離れたいと思うこともあります」

今橋はそんなとき、少し離れたこの場所から必死に生きているベビー達を見るのだという。そうすることでもう少しだけここ(周産期医療)で頑張ってみようと思えるのだ。

サクラの背中をポンと叩いて去っていく今橋。サクラは再びNICU内の赤ちゃんをじっと見つめるのだった。

シンイチの答え

シンイチはある花屋の前で、マコが好きだったムスカリを見つけてふと足を止める。

そんな時「かわいいムスカリ~」と手をのばす女性が一瞬マコに見え、シンイチは驚く。その女性は入院中マコの隣のベッドにいた岡田さんだった。

並んでベンチに座り、岡田さんはムスカリを庭で育て始めたのだと話し始める。そのきっかけは、マコに育てるのが楽だと言われたこと、彼女が1番好きな花だと言っていたからだという。

「お店やめちゃうんですか?」という岡田さんの質問に戸惑うシンイチだったが、岡田さんは何度もお店の前を通ってもずっと休みだったことを気にしていた。

入院中「動けないのが1番辛いよね」と言う岡田さんにマコは「お店に出られないのが1番辛いな~」と言っていたのだと彼女は話す。

「お店のカウンターに座ってね、季節ごとに変わる花を眺める通行人を見るのも好きだし、疲れた~って配達から帰ってくる旦那を待ってるの大好きなの。子どもが生まれてね…旦那と3人でそんな平凡な毎日を過ごすのが私の夢なんだ」

そうマコが言っていたという岡田さんの言葉にシンイチはこらえきれず泣き出してしまう。慌てて謝る岡田さんにシンイチは「ありがとうございます」と言うのだった。

それから、シンイチは再びお店に立っていた。

「お前が本当にいたかったのはここだったんだよな」とマコの写真をカウンターに飾り、「花はまだ少ないけど…オレ頑張ってみるよ」というのだった。

コウノドリの最新話や最新刊が無料で読めますよ!

以上、コウノドリ【第285話】のネタバレを紹介しましたが、やっぱり今回の辛い思いを抱えながらも前を向いて歩き出すシンイチなど、絵を見ながら読みたくなったのではないでしょうか?

U-NEXTを使えば無料登録と同時に600Pがもらえるので、コウノドリ最新話が掲載されているモーニング第24号や コウノドリ 最新刊を今すぐ無料で読むことができます。

今回のコウノドリを読みたいと思ったらぜひ試してみてください。

▼31日間無料キャンペーン中▼

31日間の無料期間中に解約すればお金は一切かからないので気楽に試すことができますよ。

見放題のアニメや映画もたくさんあるので無料期間中にたっぷり楽しんでくださいね。

コウノドリ【第285話】の感想

前回の話で医療ミスがなかったと確定し、仲川も手をひいたことで、やり場のない思いに苦しんでいたシンイチ。

別の弁護士を探しあくまで戦うのか、花屋をやめてしまうのか、と読んでいて心配になってしまうすさんだ様子のシンイチでしたが、岡田さんから聞いたマコの言葉で再び前に進むことができるようになりました。

再びお店に立ち、ヒゲも剃って穏やかな表情を浮かべているシンイチは、病院への恨みをつのらせていた頃やマコの写真の前で座っていた頃とはまったく違っていて、晴れやかな表情が印象的です。

お店に光がさしている絵もとても綺麗で、前を向きだしたシンイチの気持ちが現れているように感じますね。

次回でシリーズ【医療安全管理】は完結のようですが、あとはお産から離れることに気持ちが向いていたサクラがどうするかが描かれるのではないでしょうか。

今回も今橋から励まされながらも、NICUの赤ちゃんを切ない表情でじっと見つめるサクラがいました。

サクラはどんな答えを出すのか、次回もまた待ち遠しいです!

コウノドリ次号予告

次号、シリーズ完結!

次回コウノドリ掲載のモーニング第25号は5月23日発売日予定です。

まとめ

コウノドリ最新話【第285話】のネタバレと感想をお届けしました。

文字でネタバレをお伝えしてきたのですが、やっぱり実際にセリフや説明だけでは伝わりきらない表情の変化のわかる絵と一緒にコウノドリを楽しみたくなったのではないでしょうか?

今回、マコが亡くなってからずっとすさんだ様子で描かれていたシンイチが、マコの言葉を聞くことで再び前を向いて歩き出します・・・ぜひ穏やかな表情で再びお店に立つシンイチの姿を見て欲しいです!

以前は漫画が読みたくなったら漫画村などの無料サイトに探しにいけばよかったのですが、今は国が乗り出して規制を強化しているのでなかなか無料サイトで読むのは難しいです。

 

ですが、最近は電子書籍サービスのサービス内容が充実してきているので、無料サイトに頼らなくても実質無料で漫画が読めるようになってきました。

 

上で紹介したU-NEXTはそんな電子書籍サービスの中でも品揃えがよくて使いやすいサービスなので一度無料で使ってみてはどうでしょうか?

▼31日間無料キャンペーン中▼

31日間の無料期間中に解約すればお金は一切かかりません