最新話ネタバレ

きらめきのライオンボーイ【りぼん3月号最新32話】のネタバレと感想

20192月1日発売のりぼん3月号に掲載

きらめきのライオンボーイの最新話【第32話】『いちばんちかくはキミがいい』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

これからネタバレを紹介していきますが、実はきらめきのライオンボーイなどの漫画を無料で読む方法もあります。

きらめきのライオンボーイ【32話】を無料で読みたい場合はU-NEXTに登録した初月に無料ですぐにもらえる600ポイントでりぼん3月号を購入するといいですよ。

U-NEXTできらめきのライオンボーイ32話を無料で読む

スポンサーリンク

きらめきのライオンボーイ前回のあらすじ

素敵な思い出ができた夏休みも終わり、二学期が始まった。

中条君と春日先生が二人きりで話してたところを見て気になるみわに、衝撃の言葉が!?

きらめきのライオンボーイ【りぼん2月号31話】のネタバレと感想2018年12月28日発売のりぼん2月号に掲載 きらめきのライオンボーイの最新話【第31話】『女の子の毎日は、好きなヒトと好きなモノで...

きらめきのライオンボーイ【りぼん3月号32話】のネタバレ

「好き、なんだよね」

「なんか いや、なんかじゃないな。うん、ちゃんと好きだ。ごめん」と話す女の子。

「あんたは私のことなんとも思ってないってわかるけどさ」という言葉に微笑む、猪倉。

「何も言わないのずるい・・・猪倉。あんたは前よりやさしいよ」

 

ここまでどんな風に時間が過ぎたのか、わからない。なにも記憶がない。

そう思うみわ。

「みわ 俺しばらくいなくなる」

中条くんは何を言っていたのかな。きっと。すごく。こわいこと。

 

ねぇ、聞いた?桐敦の話。桐敦どっか行くの?

なんかね、海外行くんだって!休学するんでしょ。

と学校で話題になっている中。

「なんなの?このざわざわは!」と笑心が叫ぶ。

桜太「僕らだって知らないよ!」と話しているとそこへ桐敦が登校してくる。

「みんなたぶんあんたの話してんの!海外とか休学とか何の話?」と桐敦に詰め寄る笑心。

桐敦「ほんとの話」

笑心「うちら聞いてないよ・・・!」と話していると

春日先生「中条君、ちょっといい?お詫びしなきゃいけないことがあって・・」

3分前のこと・・・・・・

松岡先生「春日先生、今校長に聞いたんですけど、中条が母親の看病のために休学して海外行くって本当ですか?」とみんなに聞こえる声で叫んだ。

春日先生「中条君からみんなに伝えるはずが・・・」

佐野「なにしてんだよ、松岡」

松岡先生「春日先生も不安なんじゃないかと思って・・・俺のこと嫌いにならないでください。」

春日「ならないですから、平謝りしてください」と怒る春日先生。

桜太「それより母親って、凌花さん大丈夫なの?」と桐敦を心配すると

桐敦「足、ケガして動けないから俺が行くことにした。大丈夫、電話じゃぴんぴんしてたし

「みんなに話す前に、みわに話してわかってもらってから、話そうと思ってた」という桐敦に

笑心「うん、それで、みわは?」

 

「でもさー、桐敦が行っちゃったら、きりみわどうなんの?」

「遠距離」「すれ違い」「別れ?」なーんて。

「あのふたり、別れたらお互い抜け殻になるんじゃないか。」と噂されていることを聞いたみわ。

抜け殻・・・・。

よろよろしながら歩くみわ。

きっと私はあの後意識を失ってしまったのだ・・中条くんは私に話そうとして、だけど私は・・・

凌空「よし、決めた。俺も行く。ちゃんとソレもって桐にいと一緒にインドネシア行く。

桐にいだけだと心配だし、おいてかれるの嫌だし。」

恵「私と離れていいの?」

「じゃあ、恵も連れてく!」という凌空にバカなの?という恵。

「恵と離れるのやだよ。さみしいでしょ?」

恵「ずっと会えないかもしれないんだよ。」「そうだよすっごく不安なの」

だから私たちはみわちゃんを守るの!」と泣きながら話す凌空に恵が強く言う。

そのころみわは・・・

遠距離・・すれ違い・・・別れ・・

なんだか久しいこの気分・・・中条くんがいないと私、こういう人間でした・・・

なにをやってるんだろう

私だってきっと中条くんの支えになれるはずなのに

私だって

と、考えていて涙が止まらないみわ。

そこへ来た桐敦。

みわに触れようと手を伸ばしたときに

みわ「中条君、行かないで」

桐敦「起きてる」

「中条君は私にもっとわがまま言っていいって言った・・・・はなれたくないよ」と言うみわに、微笑む桐敦。

みわ「なぜ・・・笑顔・・・」と涙を目に溜めて言うみわに

桐敦「好きみたいなこと言われてるようにしか聞こえない。みわ、待ってて。

親の様子見てかえってくるし」

みわ「待ってていいの?」

桐敦「え・・・ほかにどんなつもりで・・・」

みわ「どのくらい?」と聞かれ、「一か月くらい」と答える桐敦。

みわは、かってに10年くらいだと・・・と、言うと

「そんな待つ度胸あるんだ」と驚く桐敦。

なんか・・昨日はショックで無意識に私帰っちゃったみたいで。とシュンとなるみわに、

「なに言ってんの?俺がみわおぶって帰って、みわの親に挨拶したよ」

「?!」

「私、待ちます」というみわに桐敦は顔を引き寄せる。

 

「前よりやさしいよ。でも、まだ初恋の人好きでいるんだね」

と、みわの連絡先を表示して、何かを思う猪倉。

そして次回へと続く

きらめきのライオンボーイ【りぼん3月号最新32話】の感想

ついに桐敦の理由が明らかになりました。

やたら離れるっていうからもうずっといなくなるのかと思ったら、1か月くらいでちょっと安心です。

でも、今になって猪倉が出てくるとは・・・・(笑)

次回以降もますます気になりますね。

きらめきのライオンボーイ次回予告

桐敦が休学し、猪倉に動きがあるのか・・・?

次回のきらめきのライオンボーイ【第33話】掲載のりぼん3月号の発売日は月1日(金)です!

まとめ

きらめきのライオンボーイ【第32話】『いちばん近くはキミがいい』のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

無料で漫画を読めるサービスをまとめてみたので参考に一度ご覧になってみてください。

きらめきのライオンボーイ【32話】を無料で読みたい場合はU-NEXTに登録した初月に無料ですぐにもらえる600ポイントでりぼん3月号を購入するといいですよ。

U-NEXTできらめきのライオンボーイ32話を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク