最新話ネタバレ

6月のラブレター【りぼん3月号最新9話】のネタバレと感想

20192月1日発売のりぼん3月号に掲載

6月のラブレターの最新話【第9話】『君と同じ夢をみる』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

これからネタバレを紹介していきますが、実は6月のラブレターなどの漫画を無料で読む方法もあります。

6月のラブレター【9話】を無料で読みたい場合はU-NEXTに登録した初月に無料ですぐにもらえる600ポイントでりぼん3月号を購入するといいですよ。

U-NEXTで6月のラブレター9話を無料で読む

スポンサーリンク

6月のラブレター前回のあらすじ

真昼の記憶と願望の狭間で現実を見失いかけたももこを今の世界に引き戻したのは、

真昼をよく知らない律。

自分を取り戻したももには、それでも真昼を恐れずに友達の夢を叶えようと動き出すが…

6月のラブレター【りぼん2月号8話】のネタバレと感想2018年12月28日発売のりぼん2月号に掲載 6月のラブレターの最新話【第8話】『君なんだ』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感...

6月のラブレター【りぼん3月号最新9話】のネタバレ

「びっくりだよー、真昼に好きな人がいたなんて。しかも相手が九條くんて!」

「なんで教えてくれなかったのー?絶対応援するのにーっ」

と、ももこが勢いよく真昼に言う。

真昼「いや、響は・・・」

ももこ「それにしても九條くんて小学生のころから大人っぽくてかっこよかったんだねー。あれは真昼も好きになっちゃうのわかるよー」

真昼は顔を赤らめながら「響はそうゆうのじゃないし!!」と叫ぶ。

「病院が一緒だったから話してただけで、確かにクラスの男子よりは大人だし、ちょっとかっこいいし、たまにやさしいところもあるけど。でも好きとかじゃなくて…」

と、話す真昼をみて、

(こんな歯切れの悪い真昼初めて見た・・・)とももこは思う。

人の恋愛にはノリノリなのに、自分の恋バナは苦手?しかも意識するとあまのじゃくになりそうだなぁ・・・

これは私ががんばるしかないんだ!!と、すくっと勢いよくももこが立ち上がり、

ももこ「真昼!ダブルデートしよう!!」「真昼と九條くん、私と律くんで!!」と提案。

真昼「は?!」なんでそーなるの?ってか何してんの?」と、ごそごそ何かを探しているももこに言う。

ももこ「あった!」

真昼「これ・・・私とももこがずっと書いてた交換ノート?」

ももこ「そう!」真昼「なつかしー!!」

ももこ(昔から憧れてたってことはノートに何か書いてあるかもしれないかもっ。真昼はどんなデートがしかいのかなぁ・・・)

ももこ「!!これだ!!」

 

律「お祭り久しぶりー。なんかわくわくすんね」

響「そだねー。ってかなんで俺まで?いちいち俺を誘わなくてもいいからねー。藤田さんと二人で行けばいいだろ」

律「うーん・・・でも藤田さんが九條君も誘ってって言ったから。」

響「・・・・・・・。」

ももこ「律君!九條くん!早いね二人とも。待たせちゃったかな?」

響「大丈夫だよ。時間ちょうどだし。」

ももこ「えっとみんな揃ったので・・・」

律「藤田さん、髪伸びてる」

ももこ「え?あ、まとめてるから長く見えるのかな?ボブでもアレンジでアップにできるんだよ」

「そうなんだね、かわいいね」とさらっと言う律。

ももこ(頑張ってよかったー!!!)「いやいや律君も浴衣素敵だよ」

とそこに割って入る響。

「あのー、とりあえず何か食べない?律なんか買ってきてよ。場所取りしておくからさ。俺、たこ焼きね。」

律「いいよ、藤田さんは何がいい?」

ももこはこれはお互い二人きりになる、一石二鳥ラブチャンス?と思ったが、

「じゃあ私は律についてこー。出店見たいし。」と機嫌の悪い真昼。

響「あ、席空いたよ。藤田さん座って待ってよう」とがしっと響に掴まれるももこ。

ももこ(そんな・・・・)と落ち込む。

響「で、何なの?何かたくらんでるでしょ?藤田さん

ももこ「たくらみ?」

響「わざわざ俺も誘わせる意味がわかんないし、なんか真昼の様子も変だし」

ももこ「たくらんでるなんてそんな・・・私はただ真昼が皆でお祭り行きたいって書いたから・・・」

「昔、真昼とやってた交換ノートを見返したの!そしたらいろいろ書いてあって・・・

祭りデートとか彼氏とTDLとかモデルデビューからの女優、ジューンブライドなどなど・・・

私、この間真昼の記憶の中にいたみたいなんだよね・・・。そこで感じたんだ。

真昼はまだまだやりたいことがあったんだって。だから私・・・・。」

響「藤田さんがいたのは、記憶と願望がまじった真昼の夢の中だ。

ずっとそこにいたから何が現実かわからなくなる。藤田さんがそうだったように。藤田さんが律をきっかけに戻ってこれたのは、たぶん、律が真昼の理想の世界にいかなったからだよ。」

ももこ「真昼は夢を見てるの?夢を見てたらどうなるの?」

響「最終的に自分が死んだことも忘れて、ただの黒い願望の塊になる。だから・・・」

ももこ「わかった。そうなる前に真昼の願いを叶えればいい。私が真昼にできることはこれしかないもん!!

響「わかってる?心残りがなくなったら真昼は消えるよ。」

 

真昼がまたいなくなるかもしれない。それは真昼と再会した日からずっと

頭の片隅にあった。

考えたくないけど、絶対いやだけど。わかってるよ、本当は・・

 

と、ももこの心がわかるのか響は優しくももこの顔に触れ

響「意外と強いね、藤田さん。協力するよ、俺も」と笑顔で言う。

そんな二人の様子を見ている律。その顔はなんだか思うことがあるようで・・・

律「おまたせ」と声をかける。

ももこ「おかえり、律くん、早かったね。」

「あんまり混んでなかったから」と話す二人を見て、響は、

「あー、なんかたこ焼きの気分じゃなくなったわ」と突然言い出す。

「え?」と驚くももこと律に

「やっぱ自分でなんか買ってくるわ。先に食べてて」と立ちあがる。

(お前も来い。二人にちょっとは気きかせろよ」と真昼に言う。

歩きながら「気が利かないとは聞き捨てならないな。お化け屋敷のときだって私、律とももこを二人にしてあげたでしょ?」

と怒りながら言う真昼に

響「ついさっき、真逆のことしてたじゃねーか」と言われ

(だってあれはももこが変なこと言うから・・・)と思ってる真昼の横を

「ねぇ、今の人すごい独り言言ってなかった?イケメンなのに残念すぎるー」と女の子が話すのを聞いて

響「なんだよ、急に黙って」真昼「・・・・」

響「デリケートぶっちゃって・・俺には真昼が見えてるんだからいいんだよ」と言われ真昼の気持ちは明るくなる。

そのころ、ももこたちは・・・

律「藤田さんの食べたいもの聞きそびれてたよね。やきそばとたこ焼きどっちがいい?」

「半分こして両方食べる手もあるけど」

ももこ(律くんと半分こ?!と思い、顔を真っ赤にしながら「はんぶんこにしよう」と言う。

お祭りの出店って、特別なおいしさがあるよねーと、二人でおいしいと言いながら食べていると

ももこ(ん?なんか長い麺が・・・)と焼きそばを食べていると、同じ麺を食べていた突然律の顔が目の前に!!

「?!」

「ごめんね。焼きそばに集中してたらつい・・」と顔を真っ赤にして慌てるももこ

律「いや、こっちこそ」と平然と答える。

話題を変えようと「九條くん遅いね、この調子じゃ食べ終わっちゃうよ」と言うももこに

藤田さんてさ・・・九條のこと好きなの?」と言い出す律。

「・・・・・はい?」白目になるももこ。

「最近九條と仲いいみたいだし、俺、よく女子から九條のこと頼まれるから。」と勘違いしている律に

(もしかして九條くん目当てで律君誘ってたと思われてる?)

違うよ!私は律くんとお祭り行きたかったから誘ったんだよ!!」と叫ぶももこ。

勢いで言っちゃったと焦るももこに

律「そうなんだ、よかった」

そんなこと言われたら・・・もし、真昼がここにいたら「チャンスだよ!いい感じじゃん!」そんな風に言うんだろうな・・・と思い

進みたい、自分の力で一歩。

「律くん、なんで私が律くんとお祭りに行きたかったか、聞いてくれる?

と勇気を出して言うももこだった。

そして次回へと続く

6月のラブレター【りぼん3月号最新9話】の感想

今の世界に戻ってきて、新章が始まりました。

真昼の願いを叶えるために、頑張るももこ。

それを協力するといってくれた響。

そして、ついに律に気持ちを伝えるのか?!

次回も目が離せませんね。

6月のラブレター次回予告

ももこはついに律へ気持ちを伝えるのか・・・?

次回の6月のラブレター【第10話】掲載のりぼん4月特大号の発売日は月1日(金)です!

まとめ

6月のラブレター【第9話】『君と同じ夢をみる』のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

無料で漫画を読めるサービスをまとめてみたので参考に一度ご覧になってみてください。

6月のラブレター【9話】を無料で読みたい場合はU-NEXTに登録した初月に無料ですぐにもらえる600ポイントでりぼん3月号を購入するといいですよ。

U-NEXTで6月のラブレター9話を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク