最新話ネタバレ

ハンターハンター最新話【第389話】呪詛のネタバレと感想や前回のあらすじ

201811月19日発売の週間少年ジャンプ51号に掲載

ハンターハンターの最新話【第389話】『呪詛』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

これからネタバレを紹介していきますが、実はハンターハンターなどの漫画を無料で読む方法もあります。

無料で読む方法をまとめてみたのでよかったら参考にしてみてください。

>>>漫画の電子書籍や最新話を無料で読む方法

スポンサーリンク

前回ハンターハンター【388話】あらすじ

クラピカの念習得の講習により目覚める施設兵たち。そのとき4度目の鳴動が。

ハンターハンター【389話】呪詛のネタバレ

~第一王子の部屋~

第1王子ベンジャミンの施設兵であるシカクが1077号室前で自らのこめかみに発砲し、自殺した経緯をカンジドルに確認するベンジャミン、施設兵長。

カンジドル曰く、シカクの発砲と同時に鳴動が止んだことからもハルケンブルグの能力と何かしら関連があると踏んでいる。故に、交換条件による自殺強要が濃厚と推察。

しかし深い思考力を持つ施設兵長はその自殺強要に3つの疑念を抱いている。

①ハルケンブルグの部屋からベンジャミン、施設兵長がいるベリーVIPエリアに攻撃するには、第11王子、13王子も巻き添えにしなければならなくなり、いくらハルケンブルグが継承戦に乗ったとはいえ、その変化は急激であり不自然。

②強要できるのであれば、なぜ自殺なのか?他の王子の暗殺命じればよいのではないか

③そもそも王子同士で殺しあえるのか?もし念獣が攻撃できるのであれば、とうに他の王子を殺しているはず。

そもそも王子が他の王子を殺すことは禁忌とされており、王子から産まれた念獣もその自制的意識を持つのは自然であるからして、念獣同士では攻撃しない。そして念獣が王子を攻撃することもない。

しかし「なぜ自殺なのか?」の疑問が残る。

シカクは操作系能力者であり、操作系能力者は早い者勝ちで、シカクの能力発動はまず自身を操作する事から始まる。故に敵の操作を防ぐことができる。

そして最大の疑念

なぜハルケンブルグの部屋の前で自殺したか?

施設兵長は、カンジドルに当時の状況を詳細に思い出し、「なぜ」なのかを探るよう命令する。

~4度目の鳴動時~

現場に居合わせたベンジャミンの施設兵ビクトがその模様を直接実況。

このことからハルケンブルグの攻撃が防御不能である事が判明。

カミーラにつけているムッセの念獣をつけるべきかと問うベンジャミン。

しかし施設兵長は得策ではないとして、我が兵に異変が起きていることから謀殺の疑いをかけることも可能である事から、トッコーによりハルケンブルグの拘束を依頼。

機は第1回公判と見て、確実に仕留めると施設兵長。

場面は変わり、施設兵長から命じられたカンジドルは情報収集へ。

~第二王子の部屋~

一方第二王子カミーラでは、施設兵が登場。

各王子ごとに呪詛を担う施設兵13名。

カキンには死後殉葬という国王になれなかった王子を黄泉の世界で監視するため、不可持民(下層の者)とともに埋葬されるという風習がある。不可持民は公職に就けず、ましてや軍人になることなど不可能であった。

しかしカミーラはそんな不可持民を施設兵にして、暗殺呪詛なる役割を与えた。

呪詛には標的の名前、写真、衣類、体の一部を携帯し呪う。できるだけ長い時間、標的に近いところで想うと呪力が強まる。

第14王子呪詛担当のサラヘルは、クラピカの講習に参加して、ワブルの暗殺呪詛を狙う。

~第三王子の部屋~

クラピカの講習により念能力を習得した施設兵。

チョウライから褒美として念獣から出たコインを授かる。

しかし以前にコインを拾っていた施設兵のコインの数字が増えているという謎が。。

次号に続きます。

ハンターハンター【389話】呪詛の感想

ベンジャミンと施設兵長のハルケンブルグへの推察もだいぶ真実に近づいてきました。

機を定めたあたり、対策もほぼ出来上がっていることでしょう。

防御不可の攻撃をいかにして防ぐのか、知略に長けた施設兵長の戦いが今から楽しみです。

そしてカミーラの施設兵が呪詛担当てw しかも王子ごとに一人揃えてあるあたり、一人一殺といったところでしょうか。全員が不可持民という地位の者たちだからこそ、今の地位を与えてくれたカミーラへの恩返しとして、強力な特攻に徹しそうですね。一瞬リングの貞子を思い出しましたが、呪いも防ぎようがないのでこれまた強力ですね。

そしてチョウライのコインですが、数字が増えると何かと等価で交換できるとかですかね?

数字が大きくなればなるほどその交換対象が価値あるものになっていくとか。

少しずつ王子たちの周辺環境が見えてきました。次の展開が楽しみです。

ハンターハンター次号【389話】予告

クラピカの講習に乗じて暗殺呪詛を狙うカミーラ施設兵。この危機を回避できるのか。

次回のハンターハンター【第390話】掲載のジャンプ発売日は11月26日(月)です!

まとめ

ハンターハンター【第389話】呪詛のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

無料で漫画を読めるサービスをまとめてみたので参考に一度ご覧になってみてください。

>>>好きな漫画が無料で読めるサービスまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画を無料で読めるサービスおすすめランキング

ランキング1位 FODプレミアム


FODプレミアムの特徴

・フジテレビの番組を独占配信・100誌以上の雑誌の最新号が読み放題

・15万冊以上の漫画が電子書籍で読める

・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える

オススメ度
月額利用料 888円
作品数 5000本以上
無料期間 1ヶ月

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 U-NEXT

U-NEXTの特徴

・雑誌70誌の最新号が読み放題

・アダルト動画も豊富

・月額料金は比較的高い

・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)

オススメ度
月額利用料 1990円
作品数 約3万本
無料期間 31日間

詳細ページ公式ページ

ランキング3位  music.jp

music.jpの特徴

・動画・電子書籍に加えて音楽が楽しめる

・毎月漫画・音楽で使える961ポイントが貰える
これとは別に動用に1500ポイントとお得

・電子書籍購入時に10%のポイント還元

オススメ度
月額利用料 1922円
作品数 190,000本以上
無料期間 30日間

詳細ページ公式ページ