最新話ネタバレ

宝石の国 最新話79話あらすじネタバレと感想【アフタヌーン7月号】220年後の世界。イエローと他の宝石たち、月人、金剛・・・そしてフォスは?!

2019年5月25日発売のアフタヌーン7月号に掲載

宝石の国の最新話【第79話】「二百二十年」を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

*ネタバレ注意です!

この記事では文字だけでネタバレしています。

ネタバレを読むより先に絵付きで漫画を楽しみというあなたにはU-NEXTで今すぐアフタヌーン7月号無料で読む方法がおすすめです。

▼31日間無料キャンペーン中▼

無料期間中に解約すればお金はかかりません

宝石の国前回のあらすじ

イエローが見つめるの先には何が・・・?!

イエローに一体何が起きているのか?

宝石の国 78話のネタバレと感想!【アフタヌーン6月号】砕かれたフォスに対する宝石、月人、各々がみせる感情。そしてイエローの目線の先には・・・?2019年4月25日(木)発売のアフタヌーン6月号に掲載 宝石の国の【第78話】「経過」を読んだのであらすじとネタバレと感想をお伝...

宝石の国最新話【79話】「二百二十年」のネタバレ

月人「イエロー様?」

高所から飛び降りるイエロー。

ガンッと大きな音がして、イエローは割れます。

 

「アメさん!」

月人に呼び止められたアメシストは、研究者の服装になっていて、

月人から、イエローが療養室を抜け出し、高所から飛び降りたことを報告します。

アメシスト「姫には?」

報告したと答える月人。

 

イエローが寝かさられている部屋にアメシストが入ると、

姫こと、カンゴームは先に来ていました。

イエローは目を覚まし、カンゴームに気付いて言います。

イエロー「ああ カンゴーム・・・・・・」

カンゴームと呼ばれて、一瞬間を置くカンゴーム。

カンゴーム「あ 俺のことか 懐かしいな その名前」

どうやら月人だけでなく、アメシストなど宝石たちも、

カンゴームのことを姫と呼ぶようになっているようです。

イエロー「いやまいったな 飛べないなんて 今日は体が重い」

無言で顔を見合わせる、カンゴームとアメシスト

 

イエローは、自分を月人だと思い込んでいる

アメシストは言います。

自分が宝石であるとわかると塞ぎ込む。

症状は日に日に悪化し、回復の見込みはない

 

「長期治療の弊害か?」と尋ねるカンゴーム。

それもあるが、総合的に判断するなら、

「二百二十年の内省に耐えられなかったと考えるのが妥当」

アメシストは言います。

主原因はパパラチアのことだろうけど、

その後アメシストたち他の宝石たちが月人社会に適応したことも影響している

イエローだけ環境変化についていてないことに孤独を深めたのだろう

と推測するアメシスト。

 

ダイヤ「いっそ お兄様を月人にすることはできない?」

目を見開くカンゴームとアメシスト

月人になりたいと思ったことはないのか?と聞くダイヤに

ないわけないと即答するカンゴーム。

アメシストも、宝石の体だと研究項目が限られるし、

移動も不便でロスも多いと思っていたと賛同します。

月人の起源が人間の魂なら、

宝石たちから魂を抽出する方法を探るべきだろうか

言い出すアメシスト

記憶を無くさずに、今の体を無くす方法を探るため、

自分のインクルージョンで試してみるかとアメシストは話を進めます。

 

「おいおい 不穏な話だな」

話に口をはさんだのは、バルバタでした

「優秀な生徒達を実験にかけたくはないぜ」

バルバタは、220年前に中断した砂からの宝石再生事業の中に記憶の追跡があって、

少しばかりわかったことがあるから、自分の代わりにやってみるか?と言います。

乗り気のアメシスト

バルバタは「許可」を取るように言います。

 

「だめ」

エクメアは、カンゴームにこの件を許可しません。

理由は、研究が始まれば技術の安全性が確立される前に、

カンゴーム自身で実験を強行し、

取り返しのつかないことになるに違いないからというもの。

2人でやっていたゲームに、負けたエクメア。

カンゴームはエクメアがわざと負けたと、指摘します。

 

エクメア「よくわかったね」

「今日の勝敗よりも全体をコントロールすることだ」

「まだその時ではないよ」

しかしカンゴームのおねだりポーズが効果あったのか、

結局黙ってやられるよりはいいということで、

基礎研究だけは許可するエクメア。

エクメアは、カンゴームが月人になるのは全く別の話だと、念を押します。

しかしカンゴームは言います。

「月人になったら確実にお前と一緒に行けるな!」

「この冷たくて重い身体には もう飽きた」

エクメア「僕は飽きてない」

 

 

場面は変わって、地上。

ユースレース「おはよう 金剛」

「祈ってくれる?

金剛「すまない」

ユースレース「今日で何回目のお願いかしら」

金剛「八万三百二十二回」

あれから月人は地上に来ていないようです。

ユークレースは今年は僕も冬眠することにしたと言います。

金剛は、自分は冬の間「起きている」「冬の当番は不要だ」と言います。

ユークレースは「お願いね」と言い残し、

宝石に呼ばれたユークレースは、金剛から離れていきます。

そんなユークレースの後ろ姿を眺めながら、

なにやら思うところがありそうな表情をみせる金剛

 

学校内。

欠片が、

フォスの欠片が、パズルのピースのように合わせられています。

随分と顔と身体が出来上がっていて話せるまでになったフォス。

ですが、目はまだ片目だけの状態です。

金剛「遅くなってすまない」

「皆が君を忘れるまで二百二十年かかった」

フォス「どうか もう一度祈ってくださいませんか」

「誰の為でもなく 僕の為に」

「どうかご慈悲を もう 疲れ果てました」

フォスにそう言われて、また金剛のまわりは光に包まれ、

金剛は両手の中に光の玉を浮かべますが、

すぐに消えてしまいます。

 

間髪入れず「祈れ」

今までにないほど荒っぽく叫び、金剛に食い入るように近寄り

命令するフォス。

金剛は目を見開いていますが・・・。

 

ネタバレより絵付きで漫画を楽しみというあなたにはU-NEXTで今すぐアフタヌーン7月号無料で読む方法がおすすめです。

▼31日間無料キャンペーン中▼

無料期間中に解約すればお金はかかりません

宝石の国最新話79話】「二百二十年」の感想

前話のラストで、登場したイエローダイヤモンド。

なんと二百二十年歳月が経過していたのですね・・・!!

相変わらず、フォスの不在の期間は、数百年でも一瞬で経過してしまうので、

百年生きていられない古代生物としては、なかなか頭がついていかないかんじです・・・。

 

さて「220年前に中断した砂からの宝石再生事業」というバルバタの言葉。

フォスがいなくなった後、結局中止されちゃったんですね・・・?!

そして、少しばかりわかったことがあったんですね・・・!!

 

エクメアの「全体をコントロールすること」

「まだその時ではないよ」発言。

彼はすでに今後の展開を予想しているようですね・・・。

エクメアは、金剛がフォスを復活させることを想定していたような気がします・・・。

 

パパラチアはあれから結局どうなったのかハッキリしないし・・・。

220年間の空白。

話は進んでも、全然着地点がみえない物語・・・。

底の見えなさがおそろしい・・・!(褒めてる)

 

さて単行本10巻は、8月発売予定とのこと♪

特装版企画もあるようですよ!!楽しみですね♪♪

宝石の国次号予告

続きが気になりますが、来月号は単行本発売作業の為、休載。

次回の宝石の国を掲載のアフタヌーン9月号発売日は7月25日です!

まとめ

宝石の国【第79話】「二百二十年」のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

ネタバレより絵付きで漫画を楽しみというあなたにはU-NEXTで今すぐアフタヌーン7月号無料で読む方法がおすすめです。

▼31日間無料キャンペーン中▼

無料期間中に解約すればお金はかかりません