最新話ネタバレ

鬼灯の冷徹【最新251話】あらすじネタバレと感想!虫地獄の恐怖、太山庁ってどんな所?

2019年2月7日発売の週刊ヤングジャンプ10号に掲載

鬼灯の冷徹【251話】『ナンジャモンジャの御柱』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。


鬼灯の冷徹 前回のあらすじ

庁合同新年会で各庁の補佐官たちが集合し宴を楽しんでいた。

サンバの衣装をつけて踊る漢さん、漢さんを見て猫を飼いたいとねだる丑寅の娘丙、強くなる修行法を柿助に尋ねられて「とにかく治安の悪いとこに行って襲ってくる奴を次から次へ倒す」と答えるチュン、修行の話題を振られて雉や雀を狩っていたと話す篁と顔色を悪くするルリオや怒り出す葛など、補佐官たちの話が盛り上がる中、柿助は鬼灯に太山庁の補佐官を見たことないと尋ねた。

鬼灯の案内で会いにいった太山庁の補佐官はかつてイザナギとイザナミがつくった最初の島オノゴロ島に生えた神木だった。魂である精霊部分も動けないほどになっていて隠居も考えているほど長い間亡者の門出を見続けた彼女を見てその大きさに感銘を受ける柿助と、マーキングしたくなっちゃうね!とどこまでも本能に忠実なシロなのだった。

鬼灯の冷徹【最新250話】あらすじネタバレと感想!連載250話の節目にあんなキャラやこんなキャラも勢揃い!2019年1月24日発売の週刊ヤングジャンプ8号に掲載 鬼灯の冷徹【250話】『補佐官集合』を読んだのであらすじとネタバレ、それと...

鬼灯の冷徹【251話】『ナンジャモンジャの御柱』のネタバレ

太山庁で皆が補佐官の御神木を見上げていると「こんにちは、桃太郎のお連れ様」と天の御柱と名乗った御神木が声をかけてきた。

まるで頭に直接語りかけているようなその声に驚くシロ達だが、実際には特別な虫達が御柱の意志を耳元で伝言してくれているのだという。

御柱:この虫達がこの世とあの世のあらゆる情報を仕入れてきてくれるのです。どうか仲良くしてください。

目の前で言葉を伝える針口虫。シロは「よく見るとアップ結構きついな針口虫…いや虫に罪はないけど…」とコメントする。

よく見るとこの庁はあちこちに虫がいる。

太山王:この庁はどうも嫌がる亡者も多いのだ。

ルリオ:でしょうね。

御柱:しかしこれが自然なことなのですよ。木があれば虫がいる。

ルリオ:補佐官の最後の一人が虫愛づる姫だったとは。

鬼灯:しかし地球上最も多い種とは虫ですからね。木と虫は人間も鬼もまず敬意を払うべき相手かもしれません。十王の定例会議では太山王の側にいつも虫がいて話を聞いているのです。

そうやって御柱はさまざまな情報を得ているのだという。それでもほんの少しならまだ自力で動けるのだと、御柱はシロ達のもとへ降りてきた。

シロ:何て呼べばいい?アマノ?ミハシラ?

御柱:御柱、オノゴロの木、ナンジャモンジャ…皆様々に呼びます。お好きにどうぞ。

シロ:ナンジャモンジャ?

御柱:大きくて珍奇な木のことを昔からそう言うのですよ。

そこからは鬼灯が太山庁での裁判の流れを説明する。

七番目である太山庁へ行くにはその前の変成庁から闇鉄所と呼ばれる道を通る。闇鉄所は左右を鉄のトゲに囲まれた細い道で、生前の悪行が多いほど道の幅が狭くなるのだ。

太山庁で判決が出て再審の必要がなければ六道のいずれかに転生、天国行きなら天国への道が開ける。この判決が四十九日で、遺族はこの日まで供養するのだと鬼灯は言う。

そんな説明をしている最中、亡者が一人闇鉄所の前でゴネているという報告が入る。

御柱は「無理もありません。」「さっと通らせてあげましょう。」と穏やかに笑いながら大量の虫をそちらに送りこみ、虫達の手により亡者を太山庁まで引きずりこむ。

あくまで優しい物言いで亡者にようこそと話しかける御柱だが、シロ達はそんな様子を見て顔を青くしていた。

鬼灯:以前私が虫の地獄の話をした際、ゴキの地獄だけは98%の獄卒が絶対に嫌だと言った理由の一つなんですが…やはりこれを研修で見てしまうと「これのゴキバージョンは本当に無理」と肌で感じてしまうようなんです。

シロ達は「でしょうね」と全力で同意し、「犬の俺でもゾワッとしたからね!」「御柱様物言いは優しいけどやることえげつねえ!」などと引きながらコメントする。

鬼灯:そしてこれの前がマッドサイエンティスト、これの後再審がある場合は忍者、ラストは僵尸で亡者を絶対逃がさない。

シロ:珍奇団じゃん、補佐官って。


鬼灯の冷徹【251話】『ナンジャモンジャの御柱』の感想

太山庁の補佐官御柱様のことや太山庁の中身が知れる回でした。

大量の虫の地獄、なかなかえげつないですね。優しそうな御柱の微笑みがより怖さを助長する気がします。

それにしても補佐官は個性派揃いすぎてシロの「珍奇団」はしっくりきてしまいます。こんな個性的メンバーだらけの地獄で次回もまたどんな面白い展開が待ち受けているのか、楽しみです。


鬼灯の冷徹 次号予告

次回の鬼灯の冷徹を掲載の週刊モーニング発売日は2月21日(木)です!

まとめ

鬼灯の冷徹【251話】『ナンジャモンジャの御柱』のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

鬼灯の冷徹【251話】『ナンジャモンジャの御柱』を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ週刊モーニング第10号を購入するといいですよ。

U-NEXTで週刊モーニング第10号を無料で読む

漫画が無料で読めるオススメサービス
  • U-NEXT

    U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス。 31日間無料トライアルで600ポイントプレゼント。 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題。 漫画をはじめとした電子書籍も充実でスマホアプリも使いやすいです。 漫画購入費用のポイントバックが40%と他サービスに比べて破格。 漫画などの電子書籍と合わせてアニメなどの動画も見放題で楽しみたい人にはオススメのサービスです。
  • music.jp

    music.jpは動画や電子書籍に加えて音楽配信が充実。 30日間無料お試しで合計2462ポインポイントをプレゼント。 無料トライアル終了後は合計で4922円分のポイントを毎月プレゼント。 KADOKAWA作品の電子書籍を取り扱っている動画配信サービスはmusic.jpだけ!
  • FODプレミアム

    FODプレミアムはフジテレビが提供する動画配信サービス。 フジテレビのドラマの多くが見放題となっているので、ドラマを楽しみながら、原作漫画を電子書籍を楽しみたい人にはうってつけ。