最新話ネタバレ

GIANT KILLING【最新509話】あらすじネタバレと感想!椿一閃!シュートの行方は!?

 2019年2月21日発売のモーニング第12号に掲載

GIANT KILLING【第509話】を読んだのであらすじネタバレと感想をまとめました。

GIANT KILLING 前回のあらすじ

日本選手たちの思いを込めたセットプレーのチャンスだったがゴールに結びつけることはできない。

そして今まで沈黙していたイスマイールが牙を向こうとカウンターを仕掛けるが城島のビックプレーで防ぐ。

窪田、志村、花森とパスを繋ぎ、そこに椿が走り込んできた!右足から放たれた強烈なシュートの行方は!?

GIANT KILLING【最新508話】あらすじネタバレと感想!全員でつかんだセットプレー!ついに決着か!? 2019年2月14日発売のモーニング第11号に掲載 GIANT KILLING【第508話】を読んだのであらすじネタバレと感想を...

GIANT KILLING【第509話】のネタバレ

花森からのパスが椿へ向かうー

その様子を上空から徐々に迫りながら見ている。

椿がボールへ走りこむ。

ボールが足元へ届いてくる。

左足で強く踏み込む!

 

右足で強烈なシュートが放たれた!シュート一閃!

そのボールの行方を椿が見つめる。

ボールはゴールへと向かう。

キーパーとディフェンスが反応しシュートコースへ飛び込む。

キーパーの手が伸び、ディフェンスはヘディングではじこうとする。

ボールはネットへと向かっていく!

 

強くネットに吸い込まれていきー

ボールはゴールネットに強く突き刺さった!

 

達海、有里、後藤とリチャード、藤澤記者、村越、松っさんと副社長

世良と清川、赤崎、椿一家、校長、ゴロー親子、笠さん

全員がそのゴールに驚いたような表情を見せ、口をあんぐりさせる。

 

ボールがゴールに突き刺さり

ゆっくりと回転をやめる。しっかりとナイキのマークが見える。

 

椿とディフェンスもその様子を見つめる。

花森、志村、越後と江田、窪田もボールの行方をしっかりと確認する。

 

シュートを終えた椿の背中が写る。

椿の右足が強く踏み込まれ、勢いよく走り出す。

その表情は驚きと歓喜が入り混じった表情だ!

 

実況も思わず声を張り上げる!スタジアムは大歓声に包まれる!

「逆転ーーっ!!!日本代表…UAEゴールをとうとうこじ開けたーーっ!!」

日本サポーターもおおおお!!!と雄たけびをあげる!

 

椿がベンチに駆け込んでいく!

夏木達も大喜びだ!椿を向かい入れる準備も万端だ!

ブランもスタッフたちと抱き合って喜んでいる。

ベンチ全員がまつ中に椿と他の選手たちも駆け寄ってくる!

実況も大盛り上がりでゴールとその様子を称える。

ここまですさまじい集中力で日本の猛攻に耐え続けてきたUAE!そのゴールに風穴を開けたのは…代表監督の期待と…日本の未来を背負った若干20歳の新星!!

 

椿大介!!劇的過ぎるA代表初ゴール!!!

おおっしゃーーっ!!!ベンチメンバーの雄たけびの中満面の笑みで椿が飛び込んだ!

 

もみくちゃにされ祝福される椿!どこまで持ってんだお前はよー!と歓声が飛ぶ。

 

桐生はどこか複雑な表情を浮かべ

テメーはホントムカつく奴だぜーと言いながら椿の尻を蹴り上げて祝福する!

 

夏木が椿にヘッドロックしながら一番の祝福だ。

畑のゴールだったら気に入らなかったがお前がヒーローになるのは許す!

畑との漫才も忘れない。畑もすかさずなんでやねんとツッコミを入れる。

 

椿!!きっと今頃お前のゴールで…日本中大変なことになってるぞ

その言葉に椿もハッとする。

そしてその言葉のように日本中で盛り上がりを見せていた!

スポーツバーでは全員立ち上がり雄たけびをあげ

TVで観戦している若者たちは逆転ゴールに喜び

椿に対してもコイツすげーな!椿!!と祝福の声を送る。

 

一方椿家でも同じように大盛り上がりだ!キャーキャーと歓声があがる。

父は大介が!!信じられん!と驚き

母と姉はやった!すごい!すごいわ大介ー!と素直に大喜びだ。

そして父は(まさか自分の息子が日本代表でゴールを決める…そんな人生になるとは思わなかったー!)と違う意味でも驚いていた。

 

校長はTVの前でふははははと高笑いだ。

やったな大介!これくらいやってのける男になるとわかっていたぞ!!といつもの調子だ。

一方教頭は大号泣でだっ…大介~と名前を呼ぶしかない状態だ。

 

観戦していたETUの面々も大喜びだ!

達海も笑顔でホントにやりやがったなアイツ!たいしたもんだよと素直にべた褒めだ。

松さんも笑顔でホントですね!と達海の称賛に賛同する。

有里は喜びながら号泣している。

うあ~でもまだ時間があるから…しっかりゲームを終わらせないと~

他のスタッフに感情がぐちゃぐちゃだねと突っ込まれるほど大喜びと感動が入り混じっている。

笠さんも静かに祝福する。そして、それは少し昔を思い返すものでもあった。

(椿…お前が感じさせるスケールのデカさはいよいよ選手時代の達海にそっくりになってきたぞ)

 

スタジアムではまだ歓声が鳴り響いている。

電光掲示板は(日本)2-1(UAE)を示し、残り時間はあと5分だ。

城西たちが気を引き締めるように檄を飛ばす!

締めてかかろうぜ!セーフティにプレーしろよ!

ゴールを決めた椿もいつまでもニタニタしてんじゃねぇぞ!といじられながらその檄に応えるようにピッチに戻っていく。

椿の視線の先には2人の足が見える。

花森と窪田だ。2人も勝負を決めるために椿とともに戦う決意をする!

けれどそれはいつもの3人の調子だ。

花森「さあ…か、勝ち…勝つぞ」 窪田「わはっ噛んだ」

椿も微笑んで戦闘態勢に入りなおす。

 

カメラマンたちはゴールの興奮、その余韻がまだ残っているのかシャッターを切りながらも感想を語り合っていた。

いっやー、すごかったですねー。椿のゴール。

アウトにかかってグイーンとキーパーから逃げていきましたよ。狙ってたんですかね。アレ。

カメラマンの久堂は不敵な笑みを浮かべながら偶然だろうと答える。

しかしその答えは椿の確かな成長。そしてスターになる素質を感じ取っているものだった。

思いっ切り蹴ったらたまたまそういう軌道になったんだろ…けどよ

スターになる選手ってのはそういう運も持ち合わせてるもんなんだよな

椿がチームを勝たせるため再び駆け出していく!

 

GIANT KILLING【第509話】の感想

椿のゴールが、A代表の初ゴールが、ついについに決まりました!日本の勝利をグッと引き寄せるあまりにも劇的なゴールでしたね!シュートコースや軌道も素晴らしいものでした。

日本のゴールが決まった瞬間、家族や達海たち、そして校長などの関係者だけでなく応援する人たち全員が喜んでいるところにスポーツで気持ちが一つになるというのを感じられました。実際の試合を見ているようで、自分が描かれているような感覚になりました。

椿は久堂のいうようにスターになっていけるのか。それは試合で勝たなければいけません。勝負の行方はどうなるのか。決着の時は近いです。続きが気になってしまいますね。

GIANT KILLING次号予告

次号、日本ついに逆転!勝負の行方は!?UAEの反撃はあるのか!?

次回のGIANT KILLING掲載のモーニング発売日は3月1日(木)です!

まとめ

GIANT KILLING【第509話】のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

GIANT KILLING【第509話】を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐモーニング第12を購入するといいですよ。

U-NEXTでモーニング第12号を無料で読む