最新話ネタバレ

ドロ刑【最新49話】あらすじネタバレと感想!スリ師にとっての「負け」とは何か?

2019年1月31日発売の週刊ヤングジャンプ9号に掲載

ドロ刑の最新話【第49話】『負け』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

スポンサーリンク

前回ドロ刑あらすじ

何故か急に頻発し始めたスリの犯行に刑事たちは悩まされていた。

どうやら彼らはすべて伝説のスリ師「千手のセツ」の教え子らしいが、取調中のスリからこれからは「かまいたちの一京の時代だ」という言葉が出る。

一方斑目のもとには去年スリの現行犯で逮捕され執行猶予がついていた水樹夏梨が現れる。ハルトとスリのうでくらべをする夏梨だったが、実は頼み事があるのだという。

それは自分の恩人であり師匠でもある「千手のセツ」にクーデターを起こした、一番弟子の「かまいたちの一京」を捕まえてほしいというものだった。

ドロ刑【最新48話】あらすじネタバレと感想!次々と現れるスリたちは何者!?2019年1月24日発売の週刊ヤングジャンプ8号に掲載 ドロ刑の最新話【第48話】『うでくらべ』を読んだのであらすじとネタバレ、そ...

ドロ刑【49話】『負け』 のネタバレ

夏梨によると、一京はセツのように技術を磨いても金にならない、「もっと簡単に儲かる方法を教える」と唆して若い弟子たちを連れていってしまったのだという。

一京は強引なやり口も厭わない男で、スリの手口を教えるのと引き換えにマージンを取っているのだ。その上彼らが捕まってもすぐに新しいメンバーを集めるというやり方をとっていた。

その情報をもとに警察は一京を取り調べたが、「今回のスリ達と顔見知りのようだけどあなたの指示?」という問いに対し一京は「指示って?」と余裕の表情だ。

「スリは窃盗の中でも人を傷つけない良心的な犯罪だ。」「全財産を財布の中に入れてる奴はいないから気にするな。」「俺は昔スリ師だったころ一晩で100万稼いだこともある。」「その気になれば誰だってできる仕事さ。」…それらはすべて一京が彼らに言った言葉だ。

しかし一京は「俺がいつ盗んで来いって言ったって?」と自分は教唆なんてしていないと主張。盗んだ金の一部を一京に渡していることについては「サークルの会費」だという。

一京:だってさ、犯行の道具を貸してやったわけでも逃走の手助けをしてやったわけでもない。証拠は何もないだろ?

加藤:あなたも知ってるはず。彼女が伝説のスリ師と言われたのはその技術だけじゃない。見つかれば「負け」、人を傷つけても「負け」だと、スリ師としての絶対的な矜持を持っていたからよ。彼らにはそれがない。このままではいずれあなたのサークルの中から窃盗犯でなく強盗犯が出るわよ。

その言葉に一京は机に飛び乗り不敵に笑う。

一京:「伝説のスリ師」だとか「千手のセツ」だとか言われてるが忘れるなよ。いくら体裁のいいこと言っっちゃあいてもセツ婆だって俺と同じ泥棒だ。見つかれば「負け」?人を傷つけても「負け?」泥棒は稼げなきゃ「負け」だろ?

結局取り調べは今ある情報だけでは決め手にかけ、失敗に終わった。そんな話を聞いて斑目はあるアイデアを思いつき「俺、尾行には向かないですけど…」と提案し始めた。

一方で外で待機していた夏梨は、一京が逮捕されず出てきてしまったのを目撃し「なんで捕まえてないの!?居場所教えたのに!」と不満げだ。証拠がなくて立証できなかったんじゃない?と言うハルトの言葉に夏梨は「一京のヤロー!」と近くの壁を蹴りあげた。

そんな夏梨の様子を見てハルトは「君はなんでそこまで「千手」にこだわるの?」と聞き、夏梨はセツとの過去を語り始める。

まだ学生だった夏梨は夜の街にひとり立っていた。そんな夏梨に「お嬢ちゃんそんなところでどうしたんだい?」と声をかけてきたのがセツだった。

夏梨はそんなセツに「子供に無関心な母親と再婚相手のロリコン糞オヤジの話なんて聞きたい?仕事の邪魔だからどっか行ってよ。」と答えた。

夏梨のスマホ画面には出会系サイトが映し出されており、彼女に気づいた初老の男がその手を掴んで連れて行こうとする。

そんな夏梨にセツは「悔しくないかい?この世界はあんたのことを消耗品としてしか見ていない。」と問うが夏梨は「仕方ないじゃんそれしかないんだから。」と振り向かず男についていこうとする。

しかしセツは「じゃあ私かあんたを買ってあげよう。」と言い、夏梨はハッとした表情になり男の手を振りほどいたのだった。セツについてきた夏梨にセツは「まずは腹ごしらえといこうかね。」とさっきの男から盗った財布を見せるのだった。

夏梨:誰も私のことに興味なかった時に、おばあちゃんだけが私のことを人として扱ってくれた。それに1人で生き抜く方法も教えてくれた。

セツはスリについてやその技術を夏梨に教えていった。「はさみ」と呼ばれる抜き取りに使う指の形を夏梨にとらせ、セツは「見えるかい?」とその指の隙間から見える街行く人たちを覗かせる。

セツ:本物のスリ師の指の向こうでは、男も女も強いも偉いも関係ない。あんたが支配できる世界が広がっている。

セツがそう言うと夏梨は「いいね!」と目を輝かせた。

それが2人の思い出だった。夏梨は「おばあちゃんは私にとって恩人で唯一のつながり。」と語った。

ハルトは静かに夏梨の話を聞いていたが、もう高齢のセツがいなくなった後、1人でこの世界を生きていくのは辛いよ…と、「逮捕をきっかけを引退するのもいいんじゃないか」と言う。

「日陰の稼業は孤独がついて回るから。」と言うハルトに夏梨は、教えてもらったものは残るから平気だと自分の手を見つめる。

そして夏梨からもハルトに「アンタはどうなの?」「それだけの腕、また使おうとは思わないの?」と問う。

夏梨:寂しいってなら私と組む?

ハルト:お誘いはありがたいけれどパートナーにするにはちょっと品性が足りない…

そう答えたハルトにキレた夏梨がシャー!と飛びかかっているところに斑目が戻ってきたが、止める斑目に2人は「あっちが先に手え出した。」「ケンカ吹っ掛けたのはアンタからでしょー!」と子供のような応酬をするのだった。

そして斑目は2人に、一京のサークルに斑目が潜入することになったと告げる。三課の中で斑目が1番若くサークルメンバーに近い、ただ一京に近づけるのはその中でも見込みのある奴だけ…

斑目:だから!2人で俺をスリ師として鍛えてくれ!

そう言って斑目は2人に頭を下げたのだった。

ドロ刑【49話】『負け』 の感想

かまいたちの一京はひと筋縄ではいかなそうな男ですね。簡単にはボロを出しそうにありません。

ハルトと夏梨も意外とといいコンビです。ハルト、夏梨、斑目が揃うと子供2人と振り回される先生といった雰囲気で掛け合いが面白いですね。

なんと今度は斑目が潜入捜査のためスリ師として2人にレクチャーを受けるようですが、果たして斑目はうまくできるのでしょうか。次回も気になります。

ドロ刑次号予告

次号、不器用な大型犬。

次回のドロ刑を掲載の週刊ヤングジャンプ発売日は2月7日(木)です!

まとめ

ドロ刑【49話】『負け』のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

ドロ刑【49話】『負け』を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ週刊ヤングジャンプ第9号を購入するといいですよ。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプ第9号を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漫画を無料で読めるサービスおすすめランキング

ランキング1位 FODプレミアム


FODプレミアムの特徴

・フジテレビの番組を独占配信・100誌以上の雑誌の最新号が読み放題

・15万冊以上の漫画が電子書籍で読める

・毎月もらえる1300ポイントで電子書籍などが買える

オススメ度
月額利用料 888円
作品数 5000本以上
無料期間 1ヶ月

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 U-NEXT

U-NEXTの特徴

・雑誌70誌の最新号が読み放題

・アダルト動画も豊富

・月額料金は比較的高い

・NHKオンデマンドも視聴可能(別料金)

オススメ度
月額利用料 1990円
作品数 約3万本
無料期間 31日間

詳細ページ公式ページ

ランキング3位  music.jp

music.jpの特徴

・動画・電子書籍に加えて音楽が楽しめる

・毎月漫画・音楽で使える961ポイントが貰える
これとは別に動用に1500ポイントとお得

・電子書籍購入時に10%のポイント還元

オススメ度
月額利用料 1922円
作品数 190,000本以上
無料期間 30日間

詳細ページ公式ページ