最新話ネタバレ

ドロ刑【最新47話】あらすじネタバレと感想!姉と弟の絆の理由

2019年1月10日発売の週刊ヤングジャンプ6・7合併号に掲載

ドロ刑の最新話【第47話】『姉弟』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。

スポンサーリンク

ドロ刑 前回のあらすじ

斑目は2週間張り込みを続けたが犯人は見つからず、依然として上下セットの下着は盗まれ続けていた。

姉のマンションでの下着泥棒についても、隣は足の悪い老夫婦、他の階も女性だけとのことで手がかりはない

そんなある日、斑目は姉の隣の部屋からかぎ覚えのある香水の香りがすることに気づき、隣は老夫婦のはずだが?と疑問に思っているところで若い男がその部屋から出てくる。老夫婦の孫であるその男こそマンションの下着泥棒だった。

しかし男の盗んだ下着は上下バラバラでコインランドリーの犯人とは別人だということがわかる。しかし、斑目はその中のひとつである『インナーエンジェル』の下着の匂いから、あることに気づくのだった。

ドロ刑【47話】姉弟 のネタバレ

下着泥棒を逮捕した斑目は「マンションの捜査には関わるなって言っただろ!」と係長からのお叱りを受けて涙目になっていた。意気消沈し張り込みに戻ろうとする斑目だったが、最後に「逮捕はよくやった」という言葉をもらったのだった。

斑目はコインランドリーの張り込みに戻り、ペアで捜査中の刑事と車内で1枚の下着写真を見て話をする。

「この下着を盗んだ場所は判明しましたか?」と尋ねた斑目に返ってきたのは、本人も記憶がごっちゃになっているという答えだった。

斑目:場所がわかれば早いんスけどね。

刑事:…本当にその読みで当たってるかな?

斑目:コレの持ち主と一致するとは限らないですけど、張り込みの最中に盗まれた説明はつきますよね。

刑事:来たぞ!

斑目は姉達に聞いた男と女の見分け方を頼りにコインランドリーに入る女に目をこらす。

姉達が教えてくれた見分け方は「歩き方と「」だった。歩き方については、女は腰で歩くけど男は肩で歩くということ、男は服には注意をはらっても靴は案外油断しがちという言葉に従い観察すると、そこにいた女はまさにその特徴にあてはまっていた。

そして1人の刑事が客のふりをして近づき現場を確認して確保。女のカツラがはずれ正体が露になった。

場面は取調室に移り、マンションの下着泥棒が中に入るとそこには女装をした男が座っていた。

そこで明かされる驚愕の事実、なんと彼が盗んだ下着のうちの1つは、女装の下着泥棒が女装するために購入したものだった。

大喜びでその下着の匂いを嗅いでいた自分を思いだし、どうしようもなく落ち込むマンションの下着泥棒。その姿に斑目は、自業自得とはいえ少し同情するのだった。

斑目が違和感に気づいたのはその下着の状態からだった。インナーエンジェルは高い下着のはずなのにワイヤーはまがりレースはよれている、洗濯の仕方を知らないのか?と感じたのがきっかけだ。

観察しているうちに斑目は下着にわずかに残る加齢臭とラグビー部の部室のような匂いをかぎとる。そこから導きだされたのは、この持ち主はということだった。

これが犯人逮捕のきっかけにもなったのだが、斑目は同時に下着の匂いをかいでいた自分への姉達の冷たい視線を思いだし、下着泥棒と並んで落ち込むのだった。

斑目が姉達に「犯人捕まえた」と連絡すると、ねぎらいの言葉と夕飯の誘い、そして「ハルさんも呼んでね」という返事が返ってきて、斑目は複雑な思いでそれを見つめる。

思い出すのはこども時代のこと、いじめっこ達に「姉ちゃんのパンツを盗んでこい」と言われそれを拒否した斑目は「フルチン撮影会の刑だ!」とさらにいじめられていた。

そこに通りかかった聖良は自分のパンツをその場で脱ぎ、「これでいいでしょ!さ!つとむちゃん帰ろ」と斑目の手を引く。

そんな聖良の行動にいじめっこ達は調子に乗り、ノーパン姉ちゃんなどと囃し立てた。それを見て斑目は走りだし、いじめっこの1人に体当たりをしてかみついたのだ。

いじめっこは石で斑目を殴ろうとしたが、それをかばったのは紫穂だった。

紫穂:帰ってくるのが遅いから探しに来てみれば!うちの妹と弟に何してくれてんだ!!

3人で帰る途中、「セラ姉ちゃん手がふるえてた。シホ姉ちゃんケガしてた」と落ち込む斑目に姉達は「ほら帰ろ!」と笑顔で手をさしのべたのだった。

姉達との思い出を斑目が思い出していたその時、車のドアをハルトがノックした。

ハルト:事件解決お疲れ様、それとディナーへの招待ありがとう。…どうしたの?

斑目:呼んでおいて悪い。けどやっぱ、シホ姉もセラ姉も傷つけたくないんだ。もしセラ姉がお前に本気になったら…?

そう話す斑目にハルトは笑みを浮かべ、持っていた紙袋を「みんなで飲んで。お肉によく合うよ。」と言って渡すと去って行った。

斑目:ハル!また連絡するからな!

その後ろ姿に思わず斑目はそう声をかけるのだった。

ドロ刑【47話】姉弟 の感想

女性下着を真剣な顔で嗅いで姉達にドン引きされた斑目ですが、今回で名誉挽回です。

ここ数回は個性的な姉達にひたすら振り回されているという印象の斑目でしたが、昔の姉弟のエピソードを読むと確かにこれは頭が上がらないよねと納得です。

最後、姉を心配する斑目の気持ちを受けとり1人去っていったハルトも印象的でした。ハルトの過去もいつか明かされる時がくるのでしょうか。

ドロ刑次号予告

次回のドロ刑を掲載の週刊ヤングジャンプ発売日は1月24日(木)です!

まとめ

ドロ刑【47話】姉弟 のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

ドロ刑【47話】姉弟 を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ週刊ヤングジャンプ第6・7号合併号を購入するといいですよ。

U-NEXTで週刊ヤングジャンプ第6・7号を無料で読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク