最新話ネタバレ

BUNGO【最新172話】1%の可能性のあらすじネタバレと感想!決着

2019年1月10日発売の週刊ヤングジャンプ 2019 No.6&7合併号に掲載

BUNGO【第172話】1%の可能性を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします。


BUNGO前回のあらすじ

7回表

3番キャッチャー井草を振り逃げ三振でワンアウト

4番ショート諸星もあっという間にツーストライク

野田監督も文吾が1球毎に爆発的成長を遂げたのだと理解する

諸星は立花との言葉から静央に勝ち、野田の負けて悔しがる姿をみたい。


BUNGO【172話】のネタバレ

病院に向かう車中

野田は石浜VS諸星の対戦を考えていた。

野田:諸星なら恐らく・・・・・。当てることができる

野田の予想通り諸星は文吾のど真ん中の直球を3球連続ファウルチップ

諸星の粘りに涌く上本牧のベンチ

すかさずショートに入った袴田からアドバイス

袴田:ど真ん中直球は今ので10球だ。それ以上は投げるな

袴田:諸星の頭にはど真ん中直球が刷り込まれている。変換球で十分打ち取れる。

しかし文吾は、

文吾:6回に奪ったこの1点は皆で苦労して繋いで野田が身体を張ってやっと手にした1点だ。だから、上本牧に1%の可能性も感じさせちゃいけない。

文吾:「全球ど真ん中直球で蹴散らす

野田はもうすぐ日本一のピッチャーへ登り詰めるだろうと確信していた。

そして文吾の6球目

当然ど真ん中直球だが、これまでと違い一瞬ボールが消えた

米村:うわあ・・・!!

思わず声をだしたが、ボールはミットの中に偶然収まっている。

諸星三振。ツーアウト。

5番ピッチャー下川

富士ケ丘のメンバーは試合が決着したことを感じ取りゲームセットの前にスタジアムを後にした。

文吾は投数89、四球1、失点0、奪三振16、被安打0でノーヒットノーランを達成する


BUNGO【172話】の感想

静央VS上本牧も終わってい見れば文吾のノーヒットノーラン

文吾の爆発的成長もノーヒットノーランもすごいことですが、

諸星への6球目の一瞬消えたボールは何でしょうね。

今後に球の正体が明かされていくのが非常に楽しみです。


BUNGO次号予告

4回戦の組み合わせが決定した。

さあ、やっと喰える・・・。

VS富士ケ丘シニア

次回のBUNGOを掲載の週間ヤングジャンプ発売日は1月24日(木)です!

まとめ

BUNGO【第172話】対面のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

BUNGO最新話を無料で読みたい場合は、U-NEXTに登録したら無料でもらえる600ポイントを使って今すぐヤングジャンプNo.6&7合併号を購入するといいですよ。

U-NEXTでヤングジャンプ No.6&7合併号を読む

漫画が無料で読めるオススメサービス
  • U-NEXT

    U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス。 31日間無料トライアルで600ポイントプレゼント。 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題。 漫画をはじめとした電子書籍も充実でスマホアプリも使いやすいです。 漫画購入費用のポイントバックが40%と他サービスに比べて破格。 漫画などの電子書籍と合わせてアニメなどの動画も見放題で楽しみたい人にはオススメのサービスです。
  • music.jp

    music.jpは動画や電子書籍に加えて音楽配信が充実。 30日間無料お試しで合計2462ポインポイントをプレゼント。 無料トライアル終了後は合計で4922円分のポイントを毎月プレゼント。 KADOKAWA作品の電子書籍を取り扱っている動画配信サービスはmusic.jpだけ!
  • FODプレミアム

    FODプレミアムはフジテレビが提供する動画配信サービス。 フジテレビのドラマの多くが見放題となっているので、ドラマを楽しみながら、原作漫画を電子書籍を楽しみたい人にはうってつけ。