最新話ネタバレ

赤髪の白雪姫【LaLa3月号最新104話】あらすじネタバレと感想!リリアスへようこそ

2019年1月24日発売の月刊LaLa3月号に掲載

赤髪の白雪姫の最新話【第104話】『リリアスへようこそ!』を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想をいち早くお伝えします!


赤髪の白雪姫前回のあらすじ

次へと進む道が定まったゼン。

木々とヒサメは婚約が決まり近くお披露目をするとゼンに報告します。

そして、ゼンは正式にウィラント領領主補佐に任じられ、ミツヒデと木々とともに近くウィラント城へ出発することになります。

そしてオビと白雪の元には王城から書状が届いて・・・

赤髪の白雪姫【月刊LaLa2月号103話】あらすじネタバレと感想!木々とヒサメが婚約…!!木々はゼンと共にウィラントに行けるのか…?!2018年12月22日発売の月刊LaLa2月号に掲載 赤髪の白雪姫の最新話【第103話】を読んだのであらすじとネタバレ、それと感想...

赤髪の白雪姫【第104話】『リリアスへようこそ!』のネタバレ

「これから王城にゼン殿下達がいないと思うと少し寂しさもあるなぁ」

「俺は主達がいないとウィスタルに行く機会もいよいよなくなるから、王城の庭と港の酒場が縁遠くなるのが寂しいねぇ」

とウィラント城へ行くという知らせに白雪とオビは言います。

しかし、木々とヒサメの婚約の知らせに白雪は戸惑います。二人はそういう中だったのかと。オビはとりあえずそれぞれ宛の手紙を読もうと提案します。

ゼンからの白雪の手紙には、すぐに会えないから経緯はオビに聞いていいと書いてあります。オビ宛への手紙にも同様に書いてあり、オビなら白雪に心配かけないように伝えられるだろうとあります。

そこで、オビはセレグでの一件を白雪に説明します。

二人ともいろいろあったけど、ゼンとも話をしていたし、リリアスに帰ってくる時のゼン達も見てるし、三人揃ってウィラント城に行くって言ってるから大丈夫と言うオビの言葉に、白雪は言います。

「いつでも決断して一歩進むのは勇気がいるよね」

その言葉にオビは、自分は一歩と言うよりは、まずここに居て、居ながら眺めてたり、現れた次の場所に行きたいと思ったらよっと飛んで着地できたら居る感じと言います。

それを聞いて白雪は言います。

「どんな向かい方でも、ここを明るくするのは踏み切ったり踏み出した時の思いだといいね。」

ゼンの手紙にはこうも書かれていました。

ウィラント城からはリリアスの空くらいはみえるかもしれんから、毎日見ておく。

月を見ながら白雪は思い出します。

 

白雪たちの研究はついに新種登録申請ができることとなり、命名会議が行われました。

・・・リュウがつぶやきます。

綺麗だね

朝やってきて名前候補を見たオビに聞かれ、白雪は答えます。花の名は、

フォスティリアス

オビが薬室長ガラクからの指令状を白雪とリュウに渡します。リュウは三月後の春までリリアス赴任でその後王城に戻るようにと。白雪はフォスティリアスの新種登録後、その普及を目的として拠点をめぐる事、その間はリリアス赴任と。

リュウの指令状の下にもう一枚紙があるのに気づき、見るとそれはイザナ陛下からリリアスの薬室に宛てたものでした。

「『オリンマリスより新たな灯りの花を咲かせる研究』に成就の兆しが見えたと聞き感心している。これからも各々の能力を生かし研究を続けて欲しい。さらなる進展を期待している」

フォスティリアスを広める旅。それは陛下の名を出さずに行わないといけないこと。オリンマリスの毒の件は知られているのでどのくらい警戒されているのか、新種であると認められることが広めることに優位に働くといいのだけどと皆は心配します。

そういう側面を考えると白雪とオビが適任とシダンは言います。リリアスと外の街をつなぐ道に花を咲かせようとするなら道の管理者に許可を取らないといけない。そしてその交渉相手である道の管理者は騎士団であるからと。納得する面々。

みんな異論無しの信頼が最大の理由になったな

微笑む白雪とオビ。

 

リュウはキリトにあと三か月しかリリアスにいないと話します。そして聞きます。

「おれはまだ一人前じゃないと思う?」

キリトは一人前の基準がわからないからと言いますが、考え込むリュウは前方を見ずに歩いているとラタとぶつかってしまいます。

そこでリュウは相談します。

「おれは頼れる薬剤師になろうと思ってやってるけど、何が必要かわかりますか」

ラタは答えます。

「・・・相談する正しい相手だろ・・・」


赤髪の白雪姫【第104話】『リリアスへようこそ!』の感想

セレグでの一件やその後のことを聞いた白雪の、決断して一歩進むのは勇気がいるという言葉は本当にそうだなと思います。なかなか一歩を踏み出すというのは怖いことです。だからこそその時の思いというのは大切ですね。

そしてリリアスでの研究もようやく実を結び、名前が付けられました。「フォスティリアス」本当にきれいな名前ですね。

「フォスティリアス」を広めていく旅。白雪にとって一歩進む時が来たということですね。そしてそれを白雪が成し遂げた時、ゼンとの新たな未来がまた一つ開けるといいなと思います。もちろん二人の努力次第ということでしょうが、イザナ陛下の手助けがちらほら見える気もします。二人の成長は頼もしく思っていることでしょう。

今回、落ち(?)となっているラタの言葉に大変笑わせてもらいました。自分が相談相手として正しくないと思っているところがいいですね。

「フォスティリアス」を広めていく旅、どのような展開になるのか次回が楽しみです。


赤髪の白雪姫次号予告

新たな一歩を踏み出す白雪たちの進む先に!?

次回の赤髪の白雪姫を掲載の月刊LaLa4月号発売日は2月23日(土)です!

まとめ

赤髪の白雪姫【第104話】『リリアスへようこそ!』のネタバレあらすじと感想をお届けしました。

やっぱり漫画は実際に絵と一緒に読むと迫力や面白さが違います。

赤髪の白雪姫【第104話】『リリアスへようこそ!』を無料で読みたい場合は、U-NEXT登録日に無料もらえる600ポイントを使って今すぐ月刊LaLa3月号を購入するといいですよ。

U-NEXTで月刊LaLa3月号を無料で読む

漫画が無料で読めるオススメサービス
  • U-NEXT

    U-NEXTは国内最大級の動画配信サービス。 31日間無料トライアルで600ポイントプレゼント。 現在放送中のアニメを含めおよそ2000本の人気作品が見放題。 漫画をはじめとした電子書籍も充実でスマホアプリも使いやすいです。 漫画購入費用のポイントバックが40%と他サービスに比べて破格。 漫画などの電子書籍と合わせてアニメなどの動画も見放題で楽しみたい人にはオススメのサービスです。
  • music.jp

    music.jpは動画や電子書籍に加えて音楽配信が充実。 30日間無料お試しで合計2462ポインポイントをプレゼント。 無料トライアル終了後は合計で4922円分のポイントを毎月プレゼント。 KADOKAWA作品の電子書籍を取り扱っている動画配信サービスはmusic.jpだけ!
  • FODプレミアム

    FODプレミアムはフジテレビが提供する動画配信サービス。 フジテレビのドラマの多くが見放題となっているので、ドラマを楽しみながら、原作漫画を電子書籍を楽しみたい人にはうってつけ。